CPU情報

AMD Ryzen Threadripper 3000 CPUの結果がUserBenchmarkに登場-最大4.2 GHzで32のZen2コア、マルチスレッドワークロードで最大30%高速

更新日:

Geekbenchベンチマークデータベースに複数回登場した後、AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズ32コアプロセッサもUserBenchmarkに登場しました。

プロセッサの最新のパフォーマンスは、マルチスレッドワークロードでの既存のRyzen Threadripper 2990WX 32コアと比較して大幅なジャンプを示し、シングルスレッドパフォーマンスも大幅に向上しています。

 

AMD Ryzen Threadripper 3000 32コア、4.2 GHzプロセッサーのベンチマーク– Ryzen Threadripper 2990WXよりも30%高速

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズのラインナップは、AMDのCEOであるLisa Su自身が明らかにしたように、今年後半に発表される予定です。

新しいプロセッサのラインアップは、Zen+ベースのCPUと比較して15%のIPCの大幅な向上を実現した

Zen2コアアーキテクチャを備えています。

IPCの向上に加えて、新しいHEDT/ワークステーションチップは、PCIe Gen 4.0などの優れたI/Oと、7nmプロセスノードのおかげでより高い効率を提供します。

最新のRyzen Threadripper 32コアエントリは、「2D2832E6UIVG5_42 / 36_N」を含むES1サンプルです。

これは、ES1サンプルであることを意味し、初期状態のままですが、クロックは3.6 GHzベースおよび4.2 GHzブーストでリストされています。

ベンチマークでは、テストを通じてチップが平均3.75 GHzのクロックを維持したことが報告されています。

クロックは、3.00 GHzのベースクロックと4.20 GHzのブーストクロックを備えた2990WXからの明確な改善です。

 

 

パフォーマンスに関しては、マルチスレッド(64コア)テストで5649ポイント、8コアで1069ポイント、4コアで538ポイント、2コアで269ポイント、シングルコアテストで135ポイントを獲得しました。

Ryzen Threadripper 2990WXは、マルチスレッド(64コア)テストで4328ポイント、8コアで885ポイント、4コアで454ポイント、2コアで236ポイント、シングルコアテストで118ポイントを獲得しました。

64コアテストは、両方のチップが提供する64スレッドを考慮しており、Threadripper 3000はこのパフォーマンスメトリックで少なくとも30%高速であるようです。

このスコアは、Geekbenchベンチマークで以前に確認した35%の上昇に似ています。

 

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズCPU –価格、仕様、パフォーマンスの観点から予想されること

AMD Ryzen Threadripper 3000シリーズファミリは、2019年後半にデビューする予定です。

このファミリは、内部的に「キャッスルピーク」として知られ、HEDT市場で支配的なリーダーシップを発揮すると言われています。

このファミリは、パフォーマンスと全体的な効率において新たな基準となることが証明され、TR4ソケットマザーボードには新しいプラットフォーム機能が導入され、それらが次のレベルに引き上げられます。

また、これらのマザーボードでのPCIe Gen 4.0サポートについても検討します。これは、Ryzen 3000シリーズCPUのX570チップセットベースのAM4マザーボードで既に確認されています。

AMDがThreadripper 3000シリーズで支配的な地位を保ちたいと考えると、7nmプロセスノードのおかげで追加のクロックスピードでのみ良くなる、驚異的な量のマルチスレッドパフォーマンス数を見ることになります。 CPUも大きなコア数の増加を獲得しますが、AMDは価格を現在のレベルに近づけたいと考えています。

AMD CEOのDr. Lisa Su:

"知っての通り、インターネット上で流通しているもののいくつかは非常に興味深いものです。Threadripperが継続しないとは言わなかったと思いますが、それが何らかの形でインターネット上でしたのです」

スーは、基調講演の後、記者の小さなグループに話しました。 「今後私たちは[Threadripper]をお見せすることが出来ると思います。それは間違いなく存在します。


メインストリームであるAM4プラットフォームが大幅に性能を上げていますので、Threadripperも強化される必要があります。それが私たちが取り組んでいることです。」

PCWorldより

AMDの最高経営責任者(CEO)であるLisa Suもツイートの中で、今年後半に次世代のRyzen Threadripper CPUに関する詳細情報が期待できることを確認しました。

ツイートは次のとおりです。

翻訳

@IanCutressの仲間とお会いできてうれしいです。 はい、私たちは今年後半に次世代のThreadripperを発売することを約束します!

 

AMDのRyzen Threadripper 1000からRyzen Threadripper 2000へのジャンプの傾向を見ると、新しいプロセッサは前世代の同等のコア数で、以前の価格から200〜300ドル安くなり、ほぼ同じ価格で販売されていました。

1950Xは2950Xになり、200ドルも安くなりました。

コア数の多い製品は完全に異なる市場層にあり、1200ドル以上のコストがかかりましたが、同時に、Core-Xという競合他社製品よりもはるかに安価でした。

生のベンチマーク数値に関しては、新しいダイレイアウトはテスト中ですが、以前の2世代よりも相互接続が強化されてより洗練されているため、キャッシュとレイテンシのパフォーマンスがシステム全体の応答性を大幅に向上させる可能性があります

Ryzen Threadripper 3000用のAMDの新しいTRX40、TRX80、WRX80チップセットも準備されており、愛好家やワークステーションPCで8チャンネルメモリを提供できる可能性があります。

繰り返しになりますが、今後数か月でさらに詳細を期待してください。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Threadripper 3000 CPU Appears in UserBenchmark – 32 Zen 2 Cores at Up To 4.2 GHz, Up To 30% Faster in Multi-Threaded Workload

Ryzen Thread Ripper

解説:

Ryzen Threadripper 3000シリーズのエンジニアリングサンプルと思しきCPUの結果がリークしました。

Ryzen Threadripper 2990WXと比較すると

シングルスレッド性能

2990WX 118

TR3000ES 135

32コア64スレッドマルチコア性能

2990WX 4,328

TR3000ES 5,649

で、シングルスレッド性能で+14.4%、マルチスレッド性能で+30.%と大幅に性能が上昇していることが見て取れます。

一つ注意してほしいのはUserBenchMarkの総合スコアはマルチスレッド性能の加重が極端に軽くなっていますので、シングルスレッド性能が高いCPUが有利になる傾向があります。

明らかにintel CPUに有利なように調整されていますので、総合スコアは信用しないようにしてください。

参考:UserBenchmarkがマルチコアの重要性を下げシングルコアを増やすことでCPUランキングを更新?

その加点はRyzenやThreadripper有利な部分をバージョンアップでさらに落としてシングルコア40%、4コア58%、マルチコア(64スレッドまで?)2%となっています。

たったの2%ですよ?これでは差がつくはずがありません。

詳細は上にリンクの張ってある記事で説明してありますので、見るのは個別のポイントだけにして、総合スコアは信用しないようにしてください。

これだと第9世代Core シリーズとRyzen/Threadripperでほとんど差がつかなくなるはずです。

姑息ですが、こういうのはひたすら気を付けるしかありません。

こんな特定のメーカーに忖度するようなバカな調整をしてユーザーからの信頼を落とすことに一体何の意味があるのかと思います。

UserbenchMarkの結果で性能を判断しているサイトも信用できないサイトってことになりますね。

知っててやってるなら悪質ですし、知らないでやってるなら論外です。

人間でも会社でも、いつでも勝者でいられるわけではありません。

下り坂の時にどれだけの人がついてくるかはその個人・団体の徳次第だと思いますが、こんなバカなことをしても功徳が積めるわけでもなく、評価を落とすだけで何のプラスにもなりません。

何度も書いてますが、今は嘘をついてもSNSやYoutubeなどで真実を発信する人が増えてますので、こんなことをしても信用を落とす以上の意味はありません。

 

 

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.