GPU情報

NVIDIAがGeForce GTX 1650 Tiグラフィックスカードを用意– 10月にフルTU117 GPUでローンチすると噂

投稿日:

NVIDIAは、新しいTuringベースのエントリーレベルのグラフィックスカードであるGeForce GTX 1650 Tiを準備していると言われています。

命名スキームから、GTX 1650 TiはGTX 1650(Non-Ti)よりも高速であるが、少々お高くなることが既に理解できます。

 

NVIDIA GeForce GTX 1650 Tiが稼働中、完全なTU117 GPU構成– 10月に発売予定

NVIDIA GeForce GTX 1650 Tiグラフィックスカードは、GTX 1650シリーズの2番目のエントリです。

Turing TU117 GPUの同じが完全な構成を備えたGTX 1650 Tiグラフィックスカードは、わずかに多くのお金でわずかに優れたパフォーマンスを提供します。

チップはすでに数か月前にリストされていましたが、驚くべきことに、これまで詳細が表示されませんでした。

現在Fashaoyouは、グラフィックカードが実際に登場し、10月上旬に発売されると報告しています。

仕様はありませんが、GeForce GTX 1650で見ているものに基づいて、GeForce GTX 1650は1024 CUDAコア、32 ROP、64 TMUを搭載できます。

このカードは、同じ8000 MHzの実効クロック速度で128ビットバス上で実行される4 GB GDDR5 VRAMを特徴とし、128 GB / sの帯域幅を提供します。

現在、GTX 1650のTDPは75Wに設定されていますが、GTX 1650 Tiの同様のTDPも確認できます。

これは、起動に外部電源コネクタを必要としない同様のTDPを備えたTiと非TIの両方のバリアントを備えた以前のGTX * 50シリーズカードにも当てはまります。

 

NVIDIA GeForce 16シリーズの予備仕様

GeForce RTX 2060 FEGeForce GTX 1660 Ti 6GBGeForce GTX 1660 6GBGeForce GTX 1650 Ti 4 GBGeForce GTX 1650 4 GB
チップ型番TU106TU116-400TU116-300TU117TU117
CUDAコア数1920153614081024?896
Tensorコア数240無し無し無し無し
RTコア数30無し無し無し無し
Textureユニット数12096806456
ROPs4848483232
ベースクロック1365 MHz1500 MHz1530 MHz不明1485 MHz
ブーストクロック1680 MHz1770 MHz1785 MHz不明1665 MHz
メモリ容量・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR54GB GDDR54GB GDDR5
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit128-bit128-bit
メモリクロック14 Gbps12 Gbps8 Gbps8 Gbps8 Gbps
L2キャッシュ3 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB1.5 MB
TDP160 W120W120W75W75W
トランジスタ数10.8 billion6.6 billion6.6 billion4.7 billion4.7 billion
ダイサイズ445 mm²284mm2284mm2200mm2200mm2
価格(USドル)$349$279$229$179?$149
価格(日本円)40,81735,32528,27320,73217,258

※ 日本円はamazonで一番安い製品の価格です(玄人志向を除く)。またGTX1650Tiの価格はGTX1650の価格を使って計算しています。

GeForce GTX 1650のように、GTX 1650 Tiはさまざまなカスタムモデルで利用でき、ほとんどが工場出荷時のオーバークロックを可能にする6ピン電源コネクタを備えています。

このカードの価格は、1100中国円または150ドル前後と言われています。

GTX 1650の価格はすでに149 USドルに設定されているので、Tiバリアントの価格は179 USドルで30ドル余分にかかると個人的に考えています。

以前にリストされたASUSのラインナップには、以下に示すような多くのカスタムバリアントが含まれています。

 

  • ASUS GeForce GTX 1650 Ti Dual
  • ASUS GeForce GTX 1650 Ti Dual Advanced
  • ASUS GeForce GTX 1650 Ti Dual Overclock
  • ASUS ROG STRIX GTX 1650 Ti Gaming
  • ASUS ROG STRIX GTX 1650 Ti Gaming Advanced
  • ASUS ROG STRIX GTX 1650 TI Gaming Overclock
  • ASUS TUF GTX 1650 Ti Gaming
  • ASUS TUF GTX 1650 Ti Gaming Advanced
  • ASUS TUF GTX 1650 Ti Gaming Overclock
  • ASUS Phoenix GTX 1650 Ti Gaming
  • ASUS Phoenix GTX 1650 Ti Gaming Overclock
  • ASUS GeForce GTX 1650 Ti Low Profile
  • ASUS GeForce GTX 1650 Ti Low Profile Overclock

カードがGeForce GTX 1650(非Ti)より10-15%高速であれば、Radeon RX 570(8 GBバリアント)よりもわずかに優れたパフォーマンスが得られますが、より低い電力で消費し、はるかに低い温度で動作します。

NVIDIAはゲームバンドルを追加して契約を強化することもできますが、正式な発売まで本当に行われるかどうかを確認する必要があります。

ソース:wccftech  - NVIDIA Readies GeForce GTX 1650 Ti Graphics Card – Rumored To Launch in October With Full TU117 GPU

解説:

ついに姿を現し始めたGeforce GTX 1650 Ti

出る、出るといわれて全く姿を現していなかったGeforce GTX 1650 Tiがようやく発売されるようです。

GTX1650TiはTU117のフルシリコンになり、GTX1650がRX570より性能が下だったのに対し、性能が上になるようです。

※ nVidiaの大本営発表ではGTX1650はRX570より上とされていましたが、なんだかなあと思います。(笑

RX570はSapphireが猛烈にOCした製品を出していて、製品によっても性能が結構違う部類なので一概には言えませんが、ゲームやベンチによってはRX570以上、GTX1060 3G程度の性能は持っているのではないかと思います。

補助電源不要であることを考えると、GTX1650よりもこちらの方が恩恵が大きいと言えそうです。

10月発売ということですが、この時期に発売されるということは、Navi14が同時期に発売されるということではないかと私は思っています。

Navi14の発売スケジュールを事前に知ったnVidiaが用意していたのかと思ったり思わなかったり。

nVdiaはプラットフォームホルダーでないので勝ってる割に危機感がものすごいですから、Navi14キラーを用意していてもおかしくはないです。

Navi14の性能は丁度とRX570と同じくらいと言われていますので、補助電源端子も不要なのではないかと思っていますので仕様的にも被ります。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.