CPU情報

Intelの第11世代Rocket Lakeデスクトップの全ラインナップが予約受付中 - Core i9-11900Kが600ドル、Core i7-11700Kが485ドル、Core i5-11600Kが310ドル

更新日:

小売店が、Intelの11th Gen Rocket LakeデスクトップCPUファミリー全体の非公式プレオーダーを開始したようだ。

米国の小売店「Milwaukeepc」は、その中の1社で、Rocket Lakeのラインナップをプレオーダー用の価格でリストアップしています。

Intelの第11世代RocketLakeデスクトップCPUラインナップ全体が予約注文用にリストされていますが、暫定的な価格に注意してください

先にお伝えしたように、Intelの11th Gen Rocket Lakeのラインナップが3月16日に正式発表される。

これはプレオーダーがオープンするのと同じ日になる。チップの発売日は、レビューが公開されるのと同じ3月30日となる。

これらの小売店が行っていることは、新しいことではありません。

過去にも、さまざまな次期製品の早期予約注文が小売店で行われているのを見たことがあります。

今回はIntelの第11世代Rocket LakeデスクトップCPUファミリーです。

しかし、いつものように、これらの早期予約注文は、公式の希望小売価格と比較して大幅に膨らんでいる予備的な価格で表示されており、そのような場合はここにあります。

たとえば、Intel Core i9-11900K は $599.99 US のためにリストされている、

これは $100 米国 Core i9-10900K の MSRP よりも高いです。

しかし、この某小売店では、Core i9-10900Kを最安値の610.99ドルUSで販売しています。

Core i7-10700Kも同様で、Core i7-10700Kの希望小売価格より100ドル高い484.99ドルで販売されています。

Core i5-10600Kも309.99ドルとなっており、前モデルよりもマークアップが少ない(+48ドル)のが特徴です。

以下は、小売業者が提示したプレオーダー価格です。

  • Core i9-11900K - $599.99 US
  • Core i9-11900KF - $579.99 US
  • Core i9-11900 - $509.99 US
  • Core i9-11900F - $479.99 US
  • Core i7-11700K - $484.99 US
  • Core i7-11700KF - $454.99 US
  • Core i7-11700 - $389.99 US
  • Core i7-11700F - $359.99 US
  • Core i5-11600K - $309.99 US
  • Core i5-11600KF - $279.99 US
  • Core i5-11600 - $264.99 US
  • Core i5-11500 - $234.99 US
  • Core i5-11400 - $214.99 US
  • Core i5-11400F - $179.99 US

Intel Core i9-11900K 8 コア  16 スレッド Rocket Lake デスクトップ CPU

Intel Core i9-11900Kは、11th Gen Rocket LakeデスクトップのフラッグシップCPUとなる。

このチップは8コアと16スレッドを搭載する予定だ。これにより、16MBのL3キャッシュ(コアあたり2MB)と4MBのL2キャッシュ(コアあたり512KB)が搭載されます。

ブーストクロックに関しては、CPUが3.5GHzのベース周波数で動作しているのをすでに見てきたが、ブーストに関しては、CPUの最大ブーストクロックは5.2GHz(1コア)で、全コアのブースト周波数は4.8GHzに維持される。

また、このチップにはThermal Velocity Boostが搭載されており、最大クロック周波数を100MHz向上させることができる。

これにより、シングルコアのブーストクロックは5.3GHzとなり、箱から出してすぐにこのような高い周波数に達するCPUは初めてとなります。

しかし、関係なく、Cypress Coveコアを使用していることを覚えておいてください, Core i9-11900Kは、Intel Core i9-10900Kよりも低いコアとスレッドを備えています。

これは、洗練された14nmプロセスノードでCypress Coveをバックポートしたことが部分的に原因となっている。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

CPUは、125Wの第1段階の電力制限を備えていると言われています 125Wは、Intelの旗艦SKUのための標準であり、第2段階の電力制限またはPL2は250Wで定格されています。

これは、最大の広告のクロック速度を打つとき, CPUは確かに、PSUからワット数の言われた量を引っ張っている可能性があることを意味します、それは今までに生産された最も電力を大量に消費する8コアチップの1つを作る. これはまた、インテルが行かなかった理由を説明するかもしれません 10 コアと 20 その第 11 世代のラインナップにスレッド 250W 電力制限を超えても破るチップの電力を大量に消費するモンスターであることが判明したので.

Intel Core i7-11700K 8コア&16スレッドRocket LakeデスクトップCPU

Core i7に移動, 我々は、IntelがCore i9の下の層でコア/スレッド数をセグメント化されないことがわかります。

Core i7-11700Kは、Core i9-11900Kと同じコア構成を備えていますが、クロック速度が低下しています。

このチップは、シングルで5.0GHz、8コアすべてで4.6GHzのブーストクロックを特徴としているという。CPUは、何も変わっていないので、キャッシュの同じ量を運ぶでしょうが、主な違いは、クロックと電力制限から来るはずです。

この低ビン化されたチップは、PL1 の制限が 125W で標準になる間、225-250W (PL2) の制限で座ることになります。

Core i9チップとCore i7チップの微細な差は、わずかなオーバークロックで克服できるので、Rocket Lake CPUがどのようにオーバークロックするのか興味深いところだ。

価格については、Core i7もCore i9よりも安くなりますが、Intelが8コアのRocket Lake-SデスクトップCPUの価格をどのように設定するかはまだわかりません。

Intelは積極的にチップの価格をCore i9は400ドル前後、Core i7は300ドル前後で設定するとの報告がありますが、もし500ドル以下のセグメントでAMDのZen 3ベースの部品に対抗したいと考えているならば、これは大きな決断となるでしょう。

Intel Core i5-11600K 6コア&12スレッドRocket LakeデスクトップCPU

Core i5-11600Kは12スレッドの6コアチップです。Core i5-11600Kは、それ自体が驚異的なCPUであるAMD Ryzen 5 5600Xに対抗する必要があります。

Core i5-11600Kは、シングルで4.9GHz、全コアで4.6GHzのクロックスピードを特徴としていると言われています。

TVBはCore i9以下のSKUでは利用できないので、Core i7とCore i5のSKUでは周波数制限の拡張は期待できないことに注意してください。

このチップは、12MBのL3キャッシュと3MBのL2キャッシュを搭載する。

今、AMD Ryzen 5 5600Xに対するこのチップの主な証明の場は、その性能と価格の価値になります。

Ryzen 5 5600Xは、299ドルの希望小売価格で、前身のチップと比較すると、価格の面でやや高い。

一方のCore i5-11600Kは、小売価格が260ドル前後のCore i5-10600Kに取って代わることになる。

インテルが既存の価格戦略に固執すれば、Core i5-11600Kは確かにメインストリームのゲーム市場で売れ筋のチップになる可能性があります。

とはいえ、我々 はまた、Core i5-11600K の可用性を考慮する必要があります。

技術的には、メインストリームのSKUは、Ryzen 5 5600Xのように供給問題の影響をあまり受けませんが、少しの在庫の遅れは、IntelがAMDのRyzen 5セグメントにくぼみを作る機会を逃してしまう可能性があります。

消費者はすでにAMDがRyzen 5 3600Xの後継として提供したものを見てきたので、今はCore i5-10600Kの後継が何ができるかを見る時だ。

Intel Core i5-11500&11400 6コア&12スレッドRocket LakeデスクトップCPU

最後に、Core i5-11500とCore i5-11400はロックされていて、K付モデルではありません。

Intelは現在でもロックされたチップを発売し続けているので、ロックを解除するとKシリーズのSKUの売り上げを食い荒らすことになる。

Core i5-11500 i5-11400 は、Core i5-11600K と同様のコア構成の 6 コア 12 スレッド チップになりますが、Core i5-11400 は 4.4 GHz (1 コア ブースト) と 4.2 GHz (オールコア ブースト)、Core i5-11500 は 2.70 GHz ベース/4.6 GHz (1 コア ブースト) のクロックが低くなります。

このチップは、標準で65WのPL1と125WのPL2の電力制限を特徴とする。

CPUは技術的にはオーバークロックをサポートしていないが、マザーボードベンダーは、Rocket Lakeチップの非K SKUの電力制限を上げるBIOSと機能を組み込むだろう。

これにより、より高いベースとより安定したブースト周波数が得られることになります。

そのため、全体的にはKシリーズのSKUと同じような性能を低価格で手に入れることができるでしょう。

確かに、プレオーダー時にレビューがないことは、潜在的な購入者を揺さぶることになりますが、多くの人がこれらのチップの購入を待っていたことを考えると、チップの初期在庫はすぐに枯渇してしまいそうです。

400シリーズと500シリーズのマザーボード用のチップをいつ、どこで購入できるかについては、価格の更新とともに、今後数週間でプロセッサに関するより多くの情報を見ることができると期待しています。

Intel 第11世代Rocket LakeデスクトップCPUラインナップスペック(速報):

CPU名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブーストクロック
(1コア)
ブーストクロック
(全コア)
キャッシュグラフィックTDP (PL1)
Core i9-
11900K
8 / 163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i9-
11900
8 / 161.80 GHz4.50 GHz4.00 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i9-
11900T
8 / 16不明不明不明16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i7-
11700K
8 / 163.60 GHz5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i7
-11700
8 / 162.50 GHz4.90 GHzTBC16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i7-
11700T
8 / 16不明不明不明16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5-
11600K
6 /123.90 GHz4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i5-
11600
6 /12不明不明不明12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5-
11600T
6 /12不明不明不明12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5-
11500
6 /122.70 GHz4.60 GHz不明12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5-11500T6 /12不明不明不明12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5-
11400
6 /122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
65W
Core i5-
11400T
6 /12不明不明不明12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
35W

ソース:wccftech - Intel’s Entire 11th Gen Rocket Lake Desktop Lineup Listed For Pre-Order – Core i9-11900K For $600 US, Core i7-11700K For $485 US, Core i5-11600K For $310 US

 

 

 

解説:

Rocket Lakeのプレオーダー価格がリーク

第11世代のRocket Lakeのプレオーダー価格が一部小売店に出たようです。

この価格はあくまでもプレオーダー価格ですから、人気が無ければ価格が落ちていく可能性もあります。

むしろ、発売後の価格はご祝儀価格とも言われているので、恐らく、価格は落ちていくものと思います。

Rocket lakeはとても判断するのが難しい製品だと私は思います。

シングルスレッド性能は上がりましたが、8コア16スレッドにとどまり、9月にはすぐに後継のAlder Lakeが出ると言われています。

一方でPCI Express4.0に対応し、チップセット-CPU間のリンクも帯域が倍になりました。

その影響もあって、Thunderbolt3.0(USB4)やUSB3.2や2.5GbE以上のLANなど多数の高速IFに対応しています。

シングルスレッド性能も高くなりましたが、ゲームの性能はSkyLakeコアを採用したComet Lakeのほうが安定しています。

この仕様をどのようにユーザーが判断するかにかかっています。

私見で言わせてもらえれば、Rocket Lakeは良いとは思いません。

別に12コア24スレッドや16コア32スレッドが絶対必要かと言われればそんなことはありませんが、一度引き上げられた動作環境を戻すというのはちょっと抵抗があります。

いずれにしても発売されればユーザーからの審判は下るでしょう。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

末尾K付きロック解除モデル以外の通常モデルは2022年発売予定です。

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.