その他

AMDの最新のAGESAアップデートにより、X570以前のマザーボードからPCIe 4.0サポートが削除されます

投稿日:

AMD logo

AMDの最新のAGESAアップデートは、マザーボードメーカーに提供されており、最新のX570チップセットを搭載していないボードにPCIe 4.0のサポートを実装する努力をしています。

一部のマザーボードメーカーは、既存のB450およびX470マザーボードでこの新しい機能の標準のサポートを有効にしました。

この機能のサポートはASUSの一部のマザーボードのように、完全にサポートされています。

ただし、マザーボードメーカーのこれらの努力は、X570プラットフォームに関するAMDの戦略に反していました。

全体として、これらの「不正な追加」により、新しいX570マザーボードの目玉の一つがが無くなりました。

新しいAGESAコードには、バージョンAM4 1.0.0.3 ABBが含まれており、コードを組み込んだ新しいBIOSバージョンのメーカーのリリースノートに反映される可能性が高く、追加されたPCIe 4.0機能が削除されます。

このAGESAコードリリースのその他の変更には、Destiny 2ゲーマーの問題の修正が含まれます。Ryzen 3000プロセッサーでゲームを適切に実行するのに苦心していました。

あなたが熱心なDestiny 2プレイヤーであり、PCIe 4.0のサポートが必要な場合、困った状況にあることが理解できるでしょう。

そうでない場合、システムが適切に動作していれば、これらのAM4 1.0.0.3 ABBアップデートを無理に行う必要はありません。

ソース:techpowerup - AMD's Latest AGESA Update Removes PCIe 4.0 Support from Pre-X570 Motherboards

解説:

ずっと追いかけているAGESAのバグあり問題に関する最新記事です。

AMDがマザーボードメーカーに配布しているBIOSの素であるAGESAですが、安定しないままここまで来てしまっていました。

結局最新版では一部のX470/B450マザーで有効になっていたPCI Ex Gen4のサポートが無効になるようです。

これで完全に解決したのかどうか迄は試してみるまではわかりませんが、X470/B450ユーザーにとっては悲しいお知らせになりそうです。

これが安定性にかかわるものなのかX570のマーケティング上の地位を盤石にするためのものなのかわかりません。

元記事ではマーケティング上の理由のように書いてありますが、疑い深い私は安定性の問題もあるのではないかと思っています(笑

まあ、そもそも設計によってはPCI Ex Gen4の信号を送るのに適さないマザーボードもありますので、これを期待してX470/B450を買うのは何か違うのかなとも思います。

これからB550、B520の発売を控えて、X470/B450は終息に向けていくのかなと思います。

X399もそうでしたが、新しいCPUが出たとしてもそれに合わせて再設計した新製品を発売するメーカーというのはあまり多くありません。

X399で言えばMSIとGigabyteだけだったようで、こちらはAMDも期待外れだったようですね。

そうしたことも踏まえると、互換性があったとしても新規のユーザーのためにはB550、B520の早期の発売が望まれますね。

 

 

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.