CPU情報

Intel Core i9-11900K 8 コア Rocket Lake フラッグシップCPU ベンチマーク は5.2 GHz で、シングル コア性能はCore i9-10900K よりも高速ですが、ゲームと マルチスレッド アプリでは遅くなります。

更新日:

さて、IntelのCore i9-11900K 8 Core Rocket Lake CPUの最新ベンチマークが中国のTechTuberによってリークされました。

これらと以前のベンチマークとの違いは、以前の結果はESチップで評価されていたのに対し、最新のベンチマークはリテールユニットに近いはずのQSチップで実行されている点です。

Intel Core i9-11900K vs Core i9-10900K 5.2GHzオーバークロックベンチマークがリークアウト - 8 Core Rocket Lakeフラッグシップはシングルコアアプリでのみ高速化、ゲーミング&マルチスレッド性能に欠ける

Intel Core i9-11900Kが11th GenのフラッグシップCPUであることが確認されました。

同社は、AMD Ryzen 9 5900X CPUを最大8%も上回るゲーミングパフォーマンスの数字を披露したが、我々は常に割り引いて公式のパフォーマンス指標を取ることをお勧めします。

ここでは、ESチップの問題であったスタックPCIeバグを取り除くQSチップを使用して行われた最新の結果を紹介します。

このように、あなたがここで見ているゲーミング性能は本物に近いはずです。

Intel Core i9-11900K 8 コア&16 スレッド Rocket Lake デスクトップ CPU 仕様

Intel Core i9-11900Kは、第11世代 Rocket LakeデスクトップのフラッグシップCPUとなる。

このチップは8コアと16スレッドを搭載する予定だ。

これにより、16MBのL3キャッシュ(コアあたり2MB)と4MBのL2キャッシュ(コアあたり512KB)が搭載される。

CPUのベースクロックは3.50GHz、ブーストクロックは最大5.2GHz(シングルコア)&4.80GHz(オールコア)となる。

このチップには、最大クロック周波数を100MHz向上させるThermal Velocity Boostも搭載されています。

これにより、シングルコアのブーストクロックは5.3GHzとなり、これまでにこのような高い周波数を実現した初のCPUとなります。

しかし、そこは関係なく、Cypress Coveコアを使用していることを覚えておいてください, Core i9-11900Kは、Intel Core i9-10900Kよりも少ないコア数とスレッド数となります。

これは、洗練された14nmプロセスノードでCypress Coveをバックポートしたことが部分的に原因となっている。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

CPUは、125Wの第1段階(PL1)の電力制限を備えていると言われています 。

125Wは、IntelのフラッグシップSKUのための標準であり、第2段階の電力制限またはPL2は250Wが定格となっています。

これは、広告されている最大のクロックになるとき, CPUは確かに、PSUから消費電力の要求された量を引っ張っている可能性があることを意味します、それは今までに生産された最も電力を大量に消費する8コアチップの1つとなるでしょう.

これはまた、250Wの電力制限を超えてチップの電力を大量に消費するモンスターであることが判明したので、インテルが10コア20スレッドの第11世代のラインナップを出さなかった理由なのかもしれません.

Intel 第11世代 Rocket LakeデスクトップCPUラインナップスペック(速報):

モデル名コア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(シングルコア)
ブースト
クロック
(全コア)
キャッシュグラフィックTDP (PL1)
Core i9
-11900K
8 / 163.50 GHz5.30 GHz4.80 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i9-
11900
8 / 161.8GHz4.5GHz4.0GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i9
-11900T
8 / 16未確認未確認未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i7
-11700K
8 / 163.5GHz5.00 GHz4.60 GHz16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i7
-11700
8 / 162.50 GHz4.90 GHz未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i7
-11700T
8 / 16未確認未確認16 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11600K
6 /12未確認4.90 GHz4.60 GHz12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
125W
Core i5
-11600
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5
-11600T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11500
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
65W
Core i5
-11500T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 32 EU
(256 Cores)
35W
Core i5
-11400
6 /122.60 GHz4.400 GHz4.20 GHz12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
65W
Core i5
-11400T
6 /12未確認未確認未確認12 MBIntel Xe 24 EU
(192 Cores)
35W

Intel Core i9-11900K 8 コア対 Core i9-10900K 10 コア CPU ベンチマークと 5.2 GHz のオーバークロック

パフォーマンスの数字にまっすぐに来る, 両方の CPU はすべてのコア間で 5.2 GHz のオーバークロック周波数でテストされました.

Intel Core i9-11900Kは、新しいアーキテクチャを採用していますが、強化されたSkylakeアーキテクチャのCore i9-10900Kよりも2つコアが少ないことに注意してください。

両方のCPUはZ490マザーボードでテストされ、機能するメモリはRocketLakeの制限のために16GB DDR4-3600でした。

Core i9-11900Kの電圧は自動で1.48Vに設定されていました。5.2GHzのオーバークロックを維持するためには冷却装置が必要でした。

Intel Core i9-11900K vs Core i9-10900K 5.2GHz OCアプリのベンチマーク

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

CPU-zでは、Intel Core i9-11900KはシングルコアテストでCore i9-10900Kより11%速いが、マルチコアテストでは12%遅い。

Cinebench R15では、Intel Core i9-11900Kは再びCore i9-10900Kを12%リードしていますが、マルチコアテストでは12%遅くなっています。

Cinebench R20とCinebench R23の結果は、Core i9-11900KがCore i9の前身と比較して16%もリードしていますが、マルチスレッド性能に関しては、CPUは前身とは比較になりません。

x264 1080pでは、Intel Core i9-11900KはCore i9-10900Kに5FPSで負けています。

同様にV-RayでもCore i9-10900Kが14MPathも上回っています。

3DMarkの結果に見ると、Twitterの友人であるHarukaze5719氏が、Core i9-11900KとCore i9-10900Kの性能をすべてのテストで比較したチャートをまとめてくれました。

Core i9-11900Kはすべてのテストで第10世代フラッグシップに負けている。

Intel Core i9-11900K vs Core i9-10900K 5.2 GHz OC 3DMark Benchmarks:

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

最後に、ゲーミング性能テストがありますが、ここでの結果はRocket Lakeのフラッグシップとしては圧倒的なものです。

Intel Core i9-11900Kは、Core i9-10900Kと比較して、わずかに優れているか、または同等のようですが、Core i9-10900Kと比較してパフォーマンスの低下を示すタイトルもあります。

以前のベンチマークでも似たような性能数値を示しており、フラッグシップのRocket Lake CPUがどれだけ熱くて電力を消費するかについてもさらに言及していました。

Intel Core i9-11900K vs Core i9-10900K 5.2GHz OC Gaming Benchmarks

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します

 

既報の通り、Intel Rocket Lake CPUは、1月11日に発売される500シリーズボードの数ヶ月後に出荷される。

このCPUはCES 2021で発表される予定だが、ハードローンチは3~4月まで予定されていない。

ソース:wccftech - Intel Core i9-11900K 8 Core Rocket Lake Flagship CPU Benchmarked at 5.2 GHz, Faster Than Core i9-10900K In Single-Core But Slower in Gaming & Multi-Threaded Apps

 

 

解説:

Ryzenと同じ傾向に苦しむRocket Lake

IPCが飛躍的に向上したとされるRocket Lakeですが、どうもそう簡単な話ではないようです。

今までのリークに使われていたES版はPCIe周りにバグがあり、PCIe1.1として認識されており、GPUのスコアがあまり芳しくありませんでした。

今回のリークではそれが改善されたES(QS?)が使われているようです。

シングルスレッド性能は同クロックで比較すると11.33%アップとなります。

しかし、ゲームにおいてはタイトルによっては負けている結果もあり、単純にシングルスレッド性能を上げただけではリニアにFPSが上がっていかないというRyzenでも見られた現象が見られます。

よくも悪くもSkyLakeは2015年から使われているコアであり、安定的に結果を出すという意味ではかなり優れたCPUコアと言うことだと思います。

問題なのはやはり発熱の関係ですね。

8コアにとどまるのはやはりそういうことも関係しているようです。

Comet Lakeでも言われていましたが、Rocket Lakeでもやはり爆熱になりそうです。

元々、14nmで出せる効率(仕事量)と言うのは決まっていますので、性能を上げれば発熱が高くなるのは当然です。

物理的な法則を無視して効率を上げられるならばいくらでも高速なCPUが作れるのでしょうが世の中はそんなに都合よくは出来ていません。

Cypress Coveは本来であれば10nmと組み合わせて使われるはずだったコアを14nmに移植したものであり、10nmで製造されなければその真価を発揮できません。

そのため、Rocket Lakeはその性能の半分しか発揮できない状態で無理やり市場に出されたCPUと言えるかもしれません。

やはり、新しいコアの恩恵は10nmのAlderlakeまで待たなくてはならないということでしょう。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.