その他

AMD Ryzen CPUがIntelのCoreラインナップと比較して巨大な市場シェアを獲得 - Ryzen 3000がIntel 1に対して4の売上、 Ryzen 7 3700Xの売り上げがインテルの全ラインナップを奪う

更新日:

赤鬼「勝ったぞ!」

青鬼「くっ、今に見ろ」

 

AMD RyzenプロセッサとIntel Coreプロセッサの最新の市場シェアと収益レポートはMindfactoryから(Ingebor経由で)出ていて、赤いチームが大きな勝利を収めたようです。

このレポートは、ドイツ最大の小売店の数字に基づいて、AMDは年間を通して一貫してIntelをトップにしながら、想像を絶するほどの記録的シェアで彼らを凌駕していることを示しています。

 

AMD RyzenのCPUシェアは年間で最高、Ryzen 3000 CPUはIntelのコアラインナップを完全に破壊、Ryzen 7 3700X最も人気のあるCPUに続いてRyzen 5 2600とRyzen 5 3600

Ryzen 3000シリーズのプロセッサが発売されてからほぼ1ヶ月が経ちました。

プロセッサは7月7日に市場に出回るようになり、小売店に入ってから23日しか経っていませんが、Intelの最悪の悪夢は実現しています。

AMDは79%の市場シェアで彼らのライバルを粉砕しただけでなく、記録された数字も赤いチームにとって1年で最高でした。

一方、Intelは、1年以上でわずか21%の市場シェアを維持していました。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

詳細を見ると、AMDの記録的なCPUシェアは79%で、初代Ryzenと2代目Ryzenの発売よりもさらに大きかった。

販売されているAMD Ryzen 3000シリーズのCPUのうち、Ryzen 7 3700Xが最も人気があり、チップ単体でもIntelのCore全体のラインナップとほぼ同じくらい販売されていました。

Ryzen 5 3600とRyzen 5 2600がこれに続き、その理由は6コアチップが提供する驚くべき値に加えてRyzen 5 2600の驚くべき値引きがチップを150米ドルの範囲にしたためです。

Ryzen 9 3900Xは、Intelの主力製品であるCore i9-9900Kよりも大量に販売されています。これは、第9世代Intel製品よりも多くのコアとマルチタスクパフォーマンスを提供するためです。

Ryzen 7 3800Xは最も人気のないRyzen 3000シリーズの製品ですが、これははるかに安い価格で8コアのRyzen 7 3700Xかほぼ同じ量の性能を持っているので、それは予想されることです。

 

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

売上からの収益に関しては、AMDは7月に25%のシェアを持っていたのに対し、AMDは75%のシェアをつかむことができました。

Ryzen 9 3900Xが2番目に出ている間、それがまた最も多くの量を売ったので、最も収入はRyzen 7 3700Xから来ました。

Ryzen 9 3900XはRyzen 7 3700Xほど販売されていませんでしたが、より高い499米ドルの値段がかかります。

AMD Ryzen 3000 CPUもその人気の高さから一部の地域ではわずかな不足に直面していますが、AMD CPUの平均販売価格は発売月の間に50%もの大幅な上昇を見せています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

最後に、インテルとAMDのラインナップの間でシェアが分かれているのがわかります。

販売されたAMD CPUの50%がMattiseまたはRyzen 3000シリーズベース、32%がPinnacle Ridgeベース、5%がSummit Ridgeベース、残りの3%がThreadripper HEDT CPUおよびAPUでした。

Intelのシェアには、70%のCoffee Lake Refreshまたは9th Gen CPU、27%のCoffee Lakeまたは8th Gen CPUが含まれ、残りの3%はSkylake-XおよびKaby Lake 7th Gen CPUでした。

結局のところ、私が言いたいのは、このニュースはAMDにとって絶対に素晴らしいことであり、より多くの消費者がIntel CPUをより優れた機能を提供する新しいRyzenプロセッサに取り替えていることを示している

競合他社のIntelチップと同等のシングルコアパフォーマンスを実現しながら、マルチタスクパフォーマンスをさらに向上させます。

AMDはIntelを完全に破壊し、Ryzen 3000の勝利で、Intelは多かれ少なかれリーダーズキャンプの「外部」にいます。

ソース:wccftech - AMD Ryzen CPU Gain A Mammoth Market Share Versus Intel’s Core Lineup – Ryzen 3000 Outselling Intel 4 to 1, Ryzen 7 3700X Sales Eat Up Intel’s Entire Lineup

 

解説:

恒例、ドイツの小売り業者Mindfactoryの売り上げが出ました。

Ryzen3000シリーズの売り上げは圧倒的でついに、intel:AMDで1:4まで行ってしまいました。

ここまで圧倒的に差が開くのは私もちょっと記憶にないです。

Athlon64X2の時代はこうした統計情報が簡単に手に入らなかったこともあると思います。

こうしてみると圧巻ですね。

私が売り上げの記事を取り上げるのは技術にや性能、ブランドだけに偏ることなく、多面的に物を見る方法を提供するためです。

売り上げとしてもRyzen3000シリーズの優位性が証明されたと言ってもよいでしょう。

サイト開設時からずっと「Zen2は凄い、SandyBridgeから買い替えるならこれしかない」と言ってきましたから、煽ったものの一人として、この結果はうれしい限りというか当然といったところです。

 

AMDはこの勝利に浮かれるな

確かにこの結果はエキサイティングです。

相手はあのintel。今回はCPUの供給がショートしていることもあり、intel側からは何のコメントもありません。

まあ、何を言っても売るものが十分に用意できない状態なので仕方ないですが。

私は以前にもこの光景を見ています。

それはPentium4とAthlon64X2の時代ですね。

あの時はBulldozerに切り替わった瞬間に失速しました。

Raja氏は「AMDには意味のあるソフトウェアエコシステムは無い」と言ってAMDを去りましたが、今AMDに一番必要なことは、周辺技術も含めて投資を行うことだと思います。

Ryzenはとても優秀なCPUですから、Ryzenのアーキテクチャーを改良し続ける限りはintelと互角以上の戦いができると思います。

しかし、次世代はどうなるのか?

マザーボードメーカーや周辺ソフトウェアの開発者などがAMDに安心してついていくには解決しなくてはならない問題がいくつも残っています。

私は何度も言っていますが、世の中で一番尊いことは多くの人たちを食わせていくことです。

これはあのintelですらも今回AMDに敗れてなかなか達成できないことですので、AMDは一時的にintelに勝つということよりも長い目で見てAMDに安心してついていける環境を作るという段階に行くべきだと思います。

intelに有利なソフト環境、intelに有利な広報、こうした環境をひっくり返すには地道な努力が必要ではないでしょうか。

一時的に勝利してまたひっくり返されるだけなら、AMDについて行った人たちがまた不幸になる(笑 と思うので、是非ともそういったことにも気を使ってほしいところです。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.