ゲームについて その他

AMD製のPlayStation 5セミカスタムチップにはレイトレーシングハードウェアが搭載されています(ソフトウェアソリューションではありません)

更新日:

ソニーの次世代PlayStation 5は、多くのクリスマスツリーの下に上陸する可能性があります... 2020年には、同社が4倍速で8K対応のエンターテインメントシステムを発売する予定で、セミカスタムチップが何倍も強力になります 現在の世代よりも高い設計目標をサポートします。

ソニーは2020年後半までに、何らかの形のレイトレーシングがゲームの必須アイテムになる可能性があると計算し、チップデザイナーのAMDと協力してそれを追加しています。-レイトレーシング用のハードウェアアクセラレーション。GPGPUでプリベイクまたはエミュレートされたものだけではありません。

ソニーの米国本社のシステムアーキテクトであるMark Cernyは、Wiredとのインタビューで、10年の変わり目に会社の大きなプラットフォームの立ち上げを推進するハードウェアの詳細を知りました。

「GPUハードウェアにはレイトレーシングアクセラレーションがあります」と彼は言い、「人々が探していた声明だと思います」と付け加えました。

生の処理能力の向上に加えて、ソニーはメモリとストレージのサブシステムを正しくすることに注力します。 どちらも相互に依存しており、高速のNANDフラッシュベースのストレージにより、Sonyはメモリ管理をやり直し、より多くの処理リソースを解放できます。

AMDは、Radeon GPUでのレイトレーシングについてかなり固く口を閉ざしています。

CEOのリサ・スは、「最近の多くのテクノロジーの1つです」と言って、このテクノロジーの卓越性について否定しています。

同社のGPUの「Navi」ファミリの2019年半ばの発売により、同社はレイトレーシングハードウェアをスキップするようになりました。

PlayStation 5の中心にあるセミカスタムチップのGPUは、同じRDNAアーキテクチャに基づいていることが最後に報告されました。

ソース:techpowerup - AMD-made PlayStation 5 Semi-custom Chip Has Ray-tracing Hardware (not a software solution)

解説:

PS5にはレイトレーシングのハードウェアサポートが載る

すいません、私の予想は外れました。

PS5のNaviはレイトレーシングがハードウェアサポートされるそうです。

さすがソニーだけあって、基本的に全部入りを目指すようです。

もう一つのZen2カスタムAPUを使うXboxの方はどうなるのか気になるところです。

AMDのCEO、Dr.Lisa Suはこの件に関しては口をつぐんでおり、詳細は明かされていません。

NDAがあるのか、かなりガードが固い感じですね。

RDNA第二世代がサポートする方式と同じ方式なのか、それとも全く別の方式になるのか気になるところです。

PS5は大量の販売を見込み、すでに2020年のクリスマス商戦に向けて、1年以上前から準備をするということが前々から言われていました。

そのスケジュールに従って淡々と準備を進めているようです。

レイトレーシングのサポートが行われるならば、RTX2070程度の処理能力のあるiGPUということになるんですかねえ。

8Kに関してはどう考えても5Kのアップスケーリングだと思います。

今のRTX2080TiでもAAAタイトルで30FPSは出せないでしょう。

下手すると15FPS以下ですかね。

ソニーがnVidiaのDLSSのような技術を使って理論値を超えた性能を出せない限りはまず不可能です。

そのDLSSもタイトルによっては「画質を犠牲にしている」という指摘があったくらいです。

まあ、普通に無理だと思います。

PS5の仕様に関しては過去の記事で考察しておりますので、一度ご覧になってください。

参考記事:PS5に関する考察

 

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.