CPU情報

Intel Core i7-1065G7 - 10nm Ice Lakeの到来により、最新のCPUベンチマークでAMDの12nm Picasso Ryzen 7 3750Hを上回る

更新日:

Intelの最新の10nm Ice Lake Core i7-1065G7がPassMarkデータベースに登場し、その結果はAMDの12nm Picasso Ryzen 5 3500UとRyzen 7 3750Hを上回りました。

 

PassMarkでテストされたIntelの10nmコアi7-1065G7 CPU、第3世代Ryzenモバイルを抜き去る

Intelの10nm Core i7-1065G7は、以前5月下旬にDell XPS 13 7390 2-in-1を介して登場し、Geekbenchで高い評価を得ています。

今、2番目のベンチマーク結果が発見されましたが、今回はPassMarkでTUM_APISAKの報告によって発見されました。(元はNotebookCheckの報告です)。

i7-1065G7のPassMark結果はそれ以降削除されました、しかしキャッシュされた結果はいまだに利用可能です。

パフォーマンスをインテルのCore i9-8950HKと比較すると、シングルスレッドのパフォーマンスでは、15Wチップが実際にロック解除されたモビリティSKUとほぼ同じパフォーマンスを提供していることがわかります。

Core i9は6コア、12スレッドなので、マルチスレッドベンチマークのパフォーマンスはさらに高くなりますが、違いは、巨大な6コア、12スレッドのIce LakeがCore i9-8950HKを簡単に上回る一方で、より高い電力効率を誇ることです。

インテルCore i7 - 1065G7対Ryzen 5 3500U - シングルスレッドパフォーマンス

Core i7-1065G7の1.3 GHzという低いベースクロックにもかかわらず、Core i7-1065G7はシングルスレッドテストで2625を記録し、Ryzen 5 3500Uを2.1 GHzで1818の記録を上回りました。

シングルスレッドのパフォーマンスの面では、コアi7 - 1065G7がほぼ30%上で、Ryzen 5 3500Uは807ポイント下になります。

また、Ryzen 5 3500Uのターボクロック3.7GHzと比較して、Core i7-1065G7のターボクロック3.9GHzとやや高いことも注目に値するでしょう。

Intel Core i7-1065G7とRyzen 5 3500U - マルチスレッドパフォーマンス

Core i7-1065G7とRyzen 5 3500Uの両方に4コアと8スレッドが含まれていますが、Core i7-1065G7はRyzen 5 3500Uの8042のスコアと比較して10316のCPUスコアを獲得することができます。

この場合、Core i7-1065G7はRyzen 5 3500Uよりも2274ポイント、つまり22%優れています。

 

Intelの10nm効率とIPCの改善

Intelの10nmプロセスはさまざまな効率改善をもたらすことが期待されており、PassMarkの結果から明らかです。

Core i7-1065G7とRyzen 5 3500Uはどちらも15Wプロセッサですが、Intelのカウンターパートは35WチップであるRyzen 7 3750Hを克服することに成功しました。

Intelは、Sunny CoveアーキテクチャがSkylakeよりもIPCを18%向上させると主張していますが、Skylakeの時代を考慮に入れると、これは4年前とのコアとの比較です。

AMDの最新のZen 2マイクロアーキテクチャにより、わずか1年でIPCが15%向上しました。

比較するとAMDチップ、Ryzen 5 3500UとRyzen 7 3750Hは、12nmノードで構築されたZen +マイクロアーキテクチャに基づいており、TSMCの最新の7nmノードに構築されたAMDの最新のZen 2アーキテクチャではありません。

Sunny Coveと共に、Intelの今後のGen11 iGPUは、AMDのVegaおよび今後のNavi iGPUと直接対面するでしょう。

 

インテルの10nmプロセス成熟度

Intelの10nmプロセスは長い間開発されており、わずか2、3のモバイル製品しか生産段階に入っていません。 Intelは、28W、クアッドコア、8スレッドの範囲を超えるものはすべて、10nmプロセスがさらに開発されるまで待つ必要があることを明らかにしました。


これまでのところ、Intelは10nmノード、Cannon Lake Core i3-8121U上に構築された単一のプロセッサをリリースしました。

Computex 2019で、Intelは10nm Ice Lakeプロセッサを利用するモバイルプラットフォームとノートPCを発表しました。これは10th Generation Coreファミリーとしてブランド化されています。

同社によれば、プロセッサは現在出荷中であり、間もなく小売で販売される予定です。

ソース:wccftech - Intel Core i7-1065G7 – 10nm Ice Lake Incoming, Surpasses AMD’s 12nm Picasso Ryzen 7 3750H in Latest CPU Benchmarks

 

解説:

Icelakeのパフォーマンス続報です。

私は今まで、Ryzen3000シリーズのみを大きく取り上げていたように感じていた方もいると思いますが、ゲーム用として注目すべき点があればIntel、AMD、どちらも同じくらいのウェイトで扱っているつもりです。

ただ、intel製品はポジショントークされる方が多い印象なので、相対的にAMDの方が比重が大きく見えるかもしれません。

Skylakeと比較して18%のIPC向上が見られるといわれているIcelakeですが、続報が出ました。

今回リークしたのは2コア4スレッドのCore i7-1065G7で、コア数、スレッド数、動作クロックなどがほぼ同じスペックのRyzen 5 3500Uと比較するとシングルスレッド性能で約30%上回っていたとのこと。

マルチスレッド性能では約22%上回っています。

比較するベンチマークなどによっても有利不利は変わります。

IntelやAMDの主張する数字というのは他社製品との比較の場合、自社に有利な条件でテストを行っている場合もあるので、その点を注意してみる必要があります。

私はこのように公式発表で公平性について注意すべき主張については「大本営発表」と表現しています。(笑

こちらはIntel、AMD、どちらも変わりありません。

ちなみに過去の経験上、大本営発表でどちらがおかしな数字を持ち出してくるかで言えば、どちらもそういう数字を出してくるケースはあったと思います。

特に自社に不利な状況の場合にはそういうケースが多かったように思います。

※ ただし、最近は第三者的な立場で偏った結果を出してくることがありました。ネットでも話題になっていたので思い当たる方もいるのではないかと思います。

元記事にもありますが、AMDの第三世代Ryzenのモバイル版末尾U付とデスクトップ向けAPUの末尾G付きはGPU無し版と比較するとCPUの世代が一世代古いです。

Skylake比7% IPCが向上しているといわれているZen2コアのRyzen3000シリーズと比較すると、差し引き11%のIPC向上率があるのかどうかというのはターボクロックが200MHz高いこともあって微妙なラインだと思います。

また、Icelakeのデスクトップ版が出たとしたら、クロックが5GHz近くまで回るのかという問題もあります。

ただし、今のところはどうなるのかわかりませんので、その問題が解決できると仮定すると、非常に優秀なプロセッサと言えるのではないかと思います。

また、電力効率も優れているということですが、intel製品は全般的にAMDよりも電力効率が優れています。

ただし、Core i9-9900Kのように製造プロセスの限界ギリギリまで動作スペックをあげている製品に関しては高い負荷がかかるとその限りではないです。

しかし、低負荷時で比較するとIntel製品の方が一般的に言うと省電力性は高いです。

この構図はGeforceとRadeonにも当てはまります。

性能に関してはおそらく問題ないと思いますが、intelの場合、今一番問題なのは、適切な量の製品を市場に流せるかどうかという点でしょう。

どんなに優秀な製品を作っても需要に対して十分な量の製品が供給できなかったらどうしようもありません。

正直いって、65W製品を早く流してほしいです(笑

ゲーム向けとしては扱いにくい95W製品よりも公式クーラー付きで問題なく使える65W品の方が向いていますので。

 

 

 

第9世代intelCore i5/7/9シリーズ

Core i9

Core i7

Core i5

Core i3

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.