GPU情報

wccftech独占:NVIDIA RTX SUPERグラフィックカード価格、RTX 2080SUPER $ 799 小売価格、RTX 2070SUPER$ 599 小売価格およびRTX 2060SUPER$ 429 小売価格

更新日:

ほぼ1週間前、私は最初に発売されたRTX 2060 SUPER、RTX 2070 SUPER、およびRTX 2080 SUPERとずらして発売されるNVIDIA RTX SUPERシリーズの存在について話しました。

そしてTiの変種(RTX 2070 Ti SUPERとRTX 2080 Ti SUPER)は後に発売されます。

現時点で発表日ははっきりしていないが、6月21日か、NVIDIAが現在7月中旬に発売を予定しているので間もなく行われると聞いている。

しかし、今日は新しいカードの小売り価格帯とAIC(AIB)に伝えられた旧製品の価格設定に関する情報があります。

 

NVIDIAのRTX 2080 SUPERは、ロックされていないOC 2080 Ti以外のチップに基づいて799ドルで発売されます。

発表される予定のSUPERカードの最初のものは、TU104-450ダイを収納するGeForce RTX 2080 SUPERです。

なぜならこれは実際には従来品より低いVRAM用に転用され、AIBが購入しなければならない標準的なKITなしで販売されるTU102ダイであるためです(NVIDIAパッケージのVRAMおよび電源フェーズを含む)。

私の情報源はまだこれらのことの核心を確認していないが、[意見]あなたがそれらを見たいのであればIgor’s LabのIgorはいくつかのより詳しい情報を持っている[/意見]。

RTX 2080 SUPERグラフィックスカードの小売価格は799ドルです。

これは古いRTX 2080と同じ小売価格帯で、最も安いRTX 2080 Tiとは200ドル近く離れていることを考えると、これはかなり急激な値下げです(1ドルあたりのゲームパワーの観点から)。

しかし、興味深いことに、私が期待していた古いシリーズの大幅な値下げは見られませんでした。

これは、記事の最後で説明したいと思います。

 

NVIDIAのRTX 2070 SUPERは、ロックされていないOC 2080以外のチップに基づいて599ドルで発売されます。

SUPERカードのラインナップの2番目のエントリはTU104-410ダイ(ロックされていない古い2080の非OCチップ)が特徴のGeForce RTX 2070 SUPERです。

繰り返しになりますが、正確なコアカウントを確認することはできませんでしたが[意見]、私は個人的にはIgorの数字を信頼しています[/意見]。

しかし私はRTX 2070 SUPERグラフィックスカードの小売価格が599ドルになることを知っています。

RTX 2080とはおよそ100ドル離れており、これは1ドルあたりのゲーミングパワーの点でまだまともな値下げとなります。

ただし、正確な値の増加はパフォーマンスの数値がわかれば確認されるでしょう。

以前のように、古いシリーズの価格に大きな違いは見られません、そしてこれがRTX 2070 OCの変種の正確な価格であると考えると、これが同じ価格ではるかに高い性能であることを考えれば、誰もがオーバークロックされたRTX2070の変種を選ぶ理由はありません。

 

OC 2070以外のチップに基づくNVIDIAのRTX 2060 SUPERは、429ドルで発売されます。

最後に、私たちはTU106-410ダイをベースにしたGeForce RTX 2060 SUPERを持っています(古いRTX2070の非OCチップ、ロック解除版)。

コアカウントは私に与えられていませんでした、上記参照、yadda yadda。

RTX 2060 SUPERは、429ドルの希望小売価格で販売されます。

これは、349ドルで販売されている元の2060の小売価格と一致しないため、私が少しがっかりした唯一のカードです。

SUPERシリーズの発売後(またはNVIDIAが値下げを決定するまで)、元の2060がゲーマーにとって唯一の選択肢のままであるように見えます。

これは標準のRTX 2070 小売価格に非常に近いので、値段を正当化するにはパフォーマンス上の重大な利点があるはずであることを除いて、私は小売価格についてはこれ以上コメントできません。

 

私の意見

うまくいけば、NVIDIAは従来製品に値下げを決定し、このラインナップはもっと理にかなったものになるでしょう。

これらのカードはすべて、以前にあった必須の(vRAM +電源フェーズ)キットなしでAICに出荷される予定です。

これにより、AIBは優れた電力フェーズとVRAMを使用し、パフォーマンスを向上させながら独自のコストを削減できます。

これらすべてのチップのロックが解除されていることを考慮すると、これらのGPUに高いTDPでより高いクロックで動作させることも可能になります。

AIBが、実際にNVIDIAの小売価格を下回るのに十分なほど自分のコストを削減できる可能性すらあります。- しかし、私はかたずをのんだままではありません。

これが、価格設定レベルと問題のチップの内訳です。これらすべてを個別に確認できました。

 

NVIDIA RTX SUPERシリーズグラフィックスカード小売価格

Wccftechチップ型番小売価格(USドル)
NVIDIA GeForce RTX 2080 TiTU102A$1199.99
NVIDIA GeForce RTX 2080 TiTU102$999.99
NVIDIA Geforce RTX 2080 SUPERTU104-450$799.99
NVIDIA GeForce RTX 2080TU104A-400$799.99
NVIDIA GeForce RTX 2080TU104-400$699.99
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERTU104-410$599.99
NVIDIA GeForce RTX 2070TU106A-400$599.99
NVIDIA GeForce RTX 2070TU106-400$499.99
NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPERTU106-410$429.99
NVIDIA GeForce RTX 2060TU106A-400$349.99

ソース:wccftech - Exclusive: NVIDIA RTX Super Graphics Cards Pricing, RTX 2080 SUPER $799 MSRP, RTX 2070 SUPER $599 MSRP and RTX 2060 SUPER for $429 MSRP

解説:

SUPERシリーズの価格のリークです。

いつも通り自身満々なので、ここまでくると結構信ぴょう性の高い情報なのかなと思います。

内容を見ると、いかにもnVidiaらしいやり方で苦笑してしまいました。

従来の情報では、旧製品と同じ価格にして、旧製品は値下げするとのことでしたが、OC出来る上位版(チップの末尾にAが付くもの)と同じ価格にして、上位版は消滅という形になるような感じの価格になっています。

これはハッキリとはしません。

この辺はTU104-450はTU102のカットダウンモデルという説明からも伺え、意地でも値段は下げたくないnVidiaの最後の抵抗のように感じてしまいます。

実質的な値下げではあるのですが、上位製品の名前を変更することによってあまり値下げ感を出していません。

また、AIBにはキットで提供していた方式を変更して、「値下げしたかったら自社で企業努力してくれ」という自由度を与えて、値下げするかどうかはAIBに丸投げという実にnVidiaらしいやり方です。

営利企業としては自社がかぶる分は最小限度にとどめたいと思うのは自然な発想ですが、やはりちょっと鼻につきますね。

強い企業というのはやはり価格設定が強気です。

intelやnVidiaの価格政策を見ると定期的にAMDが息を吹き返すのもわかる気がします。(笑

 

ただ、世の中で一番重要なことは人を食わせていくことであり、値段を下げればそれだけ自分たちや自分たちについてくる人たちにに入ってくるお金が減りますので、値下げを嫌うということ自体は健全な発想だと思います。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.