マザーボード関係

ASUS AMD X570マザーボードの価格表が、ホラーストーリーを描く

投稿日:

台湾に本拠を置く信頼できる情報源は、大手メーカーASUSのAMD Ryzen 3000 X 570チップセットマザーボードの価格表を私達と共有しました。

米ドルでのこれらの希望小売価格は、AMD X470チップセットを搭載した前世代のマザーボードよりも非常に高価であるという厳しい見方を描いています。

私たちはすでに、AMD X 570マザーボードが高価であるというヒントを得ています。

業界ではもはやAMDがIntelにとって代わる価値のある第二の役割を担うブランドであるとは考えられていないこと、そしてAMDはこれらのマザーボードのプレミアム価格設定の指針としてパフォーマンスのリーダーシップを発揮することを明らかにしました。

世代を超えても、AMDプロセッサの価格は横ばいになるでしょう。

たとえば、Ryzen 7 3700Xは、Ryzen 7 2700Xとまったく同じ329ドルの発売価格で発売されています。

MSIのCEO、Chiangの声明でさえ、ASUSのマザーボードのラインナップに見合った価格には対応できませんでした。

ASUSの最も安いAMD X570マザーボードは、プライムX570-Pで、その価格は159.99ドルです。

その少し強化された双子、TUF Gaming X 570 - Plusは169.99ドルになるでしょう。

統合されたWi-Fi 6を備えたこの正確なボードの変形は、184.99ドルで販売されます。

これは物事がとんでもないことになっています。

150ドルのPrime X470-Proの後継製品であるPrime X570-Proは、なんと249.99ドルの値札をつけ、100ドル(66%)の上昇となるでしょう!

最も安いROG(Republic of Gamers)製品であるROG Strix X570-F Gamingは、HEDTのような299.99ドルの価格で出荷されます。

これが想定される「ハイエンド」セグメントの始まりです。

ROG Strix X 570-Eゲーミングは、わずかに強化されたStrix-Fであり、一握りの接続オプションと追加のM.2スロットを備えています。 この掲示板の価格は$ 329.99です。

そして私たちはまだ「第2層」のROG Strixファミリーを持っています。

ROG Crosshair VIII Heroは、最高のROG体験と最高のCPU VRMソリューションに求めているものです。

このボードの価格はCrosshair VII Heroよりも100ドル以上高い359.99ドルです。

Wi-Fiが必要ですか?

802.11ax WLANに付属している$ 379.99 ROG Crosshair VIII Hero Wi-Fi用に別のジャクソンを引き出す。

749ドルのRyzen 9 3950XのようなRyzen 9シリーズプロセッサを限界まで追いかけようとしている記録的なOCウィザードは、マザーボードにほぼ同じ金額を費やさなければならないでしょう。

ROG Crosshair VIII Formulaは699.99ドルで、IntelのHEDTプラットフォームのROG Rampage Extreme製品よりも高価です。

全体として、AMDは、地球上の他の営利企業と同様に、Intelに対するパフォーマンスのリーダーシップを最大限に引き出したいと考えています。

これらの値上げの理由は、AMDが単にそのパフォーマンスのリーダーシップを現金に変えたいと考えていること以外に、多くの場合があります。

1つには、AMD X570チップセットは、AMD社内で設計された大きくてホットな(〜15W TDP)シリコンの一部です。

大容量のPCI-Express gen 4.0スイッチングファブリック、およびASMediaが提供するX470「Promontory」よりも多くのダウンストリーム接続を備えています。

このチップセットには、多くの場合アクティブファンヒートシンクを含め、X470が必要としていたものよりもはるかに高性能の冷却ソリューションが必要です。

AMDはまた、より強力なCPU VRM仕様で、電気的要件と物理的要件をまとめました。

おそらくメモリ配線の改善のために4層以上のPCB層があり、外付けのPCI-Express gen 4.0リドライバおよびレーンセグメンテーションコンポーネントが新しいために高価になる可能性があります。

ソース:techpowerup - Alleged ASUS AMD X570 Motherboard Price-list Paints a Horror Story

解説:

以前から話があがっていた通り、X570のマザーボードは価格が高くなるという話です。

低価格帯のマザーボードは10-30ドル程度の価格上昇にとどまるようですが、上位のマザーは100ドル以上の値上げになり、特に16コアの3950Xで限界OCを目指す人はかなり高価なマザーを買わされることになりそうです。

最上位のマザーボードは700ドル以上になるのではないかと予測されています。(笑

これはintel製品に対する競争力が高くなったということだけでなく、実際に史上初、PCI-Express4.0を搭載し、設計にもパーツに関してもコストが上がったということのようです。

Ryzen 9シリーズがリリースできることによって、intel製品に対して一段上の性能になったと判断したということのようですね。

マザーボード各社もintel CPUのタマ不足によって地味に打撃を受けていると思いますので、久しぶりの技術力をアピールできる新製品ということでかなり力を入れているのではないかと思います。

変態マザーで有名なAsrockさんなんかはThunderbolt3搭載のX570マザーを用意しているようですし、各社の特徴をアピールできる製品としてかなり期待がかかっているのではないかと思います。

intelが同じグラウンドに立てない状況であることは残念ですが、自作ユーザーならこの祭りに参加しない手はありません。

是非一緒に祭りを楽しみましょう。

 

-マザーボード関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.