GPU情報

NVIDIA SUPERのラインナップは3つのカードで構成されます:希望小売価格100ドルオフでGDDR6を動作クロックを向上させた、より速いRTX 2060、2070、および2080

更新日:

Tweaktownが昨日投稿したリークの上にいくつかの詳細があるように見え(read:噂、未確認!)、彼らによれば、NVIDIA SUPERラインナップに2つではなく3つの新しい亜種があるはずです。

新しいカードは、現在のRTX 2060、2070、および2080の位置を調整し、かなり高速のGDDR6メモリと高速のクロックレートを特長とします。

 

NVIDIAのSUPERグラフィックスカード:より安い、より速いGeForce RTX 2060、2070、2080

これらがほぼ確実により高速タイプに分類されるダイになることを考えると、コアクロックではクロック速度が向上することも期待できます。

メモリクロックがより高いGDDR6が3枚のカードすべてに標準装備されるようになりました。今のところそうではありません。

コアクロックと同様により高いクロックのメモリはカードがそれらの前のバージョンよりも速くなることを可能にするはずである。

NVIDIAがどれだけのクロック向上を達成できるかにもよりますが、5%から15%の範囲です。

この投稿に噂のタグが付いていることを考慮すると、NVIDIAが伏せている可能性が可能性が依然として完全にあり、まったく異なる何かがもたらされる可能性があります。

 

噂によると、現在の発売日はE3 2019になる予定ですが、正式な(または非公式の)発売日の確認はまだ行われていないため、これらすべてを割り引いて検討するのが賢明です。

AMDは同様にRX 5000シリーズNavi GPUのための完全で最終的な詳細を明らかにすることが期待されています、そしてそれはNVIDIAがその競争相手を混乱させるかなりの機会になるでしょう。

しかし、新しいカードがTuring GPUアーキテクチャに基づいていること、そしてRTX 2080 Tiが引き続きこのシリーズの主力製品になることを私たちは知っています。

NVIDIAが命名法の統合をどのように選択したかを見ることも興味深いでしょう。

彼らはすでに「Ti」という接尾辞を使っていて、それらを含めて別のものを導入するならば、それは混乱しやすいかもしれません。

組み合わせ可能な接尾辞は、「GeForce RTX 2060 SUPER」、「GeForce RTX 2070 SUPER」、および「GeForce RTX 2080」SUPERを含みます。

現在のラインナップがどうなるかも、今はわかりません。

NVIDIAは、兄弟製品と一緒に非SUPER製品を販売し続けるのでしょうか、それとも彼らは終売になるのでしょうか。

これは、NVIDIAがプロセスの成熟と歩留まりを得ていることを考えると、旧モデルが終売されるという可能性があります。

また、NVIDIAがAMDのNaviラインナップと即座に競争力を持たせるために、かなり印象的な値引きを実施することになるとも聞いています。

現在ラインナップの価格を考えると、RTX 2060 SUPER、RTX 2070 SUPER、RTX 2080 SUPERは、それぞれ最低249ドル、399ドル、599ドルで販売することになるでしょう。

NVIDIA TuringのラインナップはTSMCの特別なNVIDIA FinFETプロセスに基づいており、最も歩留まりが良い状態に入るはずです。

同社は依然としてアーキテクチャに7nmプロセスを採用していませんが、歩留まり(およびTSMCのボリューム処理能力)が大幅に向上するまで採用することはほぼ考えられません。

NVIDIAを知っているけれども、これが今までのところ最高の秘密の一つであることを考えると、彼らはまだ驚くべき何かを隠し持っているかもしれません。

私達はまたラインナップ自体について矛盾する報告を聞いているのでいずれ正しいかどうかはわかるでしょう。

すべてがうまくいけば、NVIDIAは今後数週間以内に復活するでしょう。

それがプレビュー、アナウンス、または実際のローンチであることが判明すれば、それはユーザーにとって非常に面白い状況になるでしょう。

ソース:wccftech - NVIDIA SUPER Lineup Will Consist Of Three Cards: Faster RTX 2060, 2070 and 2080 Variants With $100 Off MSRP And Souped Up GDDR6

解説:

またしても不確定情報です。

SUPERとはRTX2060、RTX2070、RTX2080の上位版で、コアクロックとメモリクロックがそれぞれ10-15%向上させたものではないかという話です。

nVidiaの上位版は末尾にTiをつけるのが今までの慣例になっていますが、2080にはすでにRTX2080Tiがあるため、末尾にSUPERをつけるのではないかというのは前回の情報と同じです。

この情報が本当なら、最低でも各モデル10000円くらいは値下がりするはずなので、RTX2000シリーズを検討している方はとりあえず静観しましょう。

E3(6/12-6/14)には何らかの発表があると思います。

nVidia関連の情報はかなりガードが固く、直前になるまでわかりませんので、話半分に聞いてください。

Turingのリークもかなり事前の情報と違ってましたからね。(笑

こういう値下がりの話が出るのはJPRマーケットリポートでもありましたが、nVidiaの出荷が12%以上落ちているからでしょう。

私の意見ですがnVidiaは価格政策を間違ったと思います。

nVidiaのCEOは「ムーアの法則は終わった」と発言しており、そういう認識なのでしょう。

これは、「今後は製造プロセスが進化することによる恩恵はない」という意味なのだと思います。

だから、同じ性能なら、グレードが下がっても価格は下げる必要はないと判断したのでしょう。

例:RTX2070とGTX1080はグレードは違うが、性能は同じなので同じ値段

また、RTXとDLSSという付加価値を付けたのも大きいと思います。

ユーザーが「高すぎる」と感じれば、神の見えざる手によって価格は調整されていくということです。

RTX2000シリーズの価格はちょっと欲張りすぎだよなとは思っていました。

私は「nVidiaファンでもNaviが出るまで待っていれば価格が下がる可能性がある」と以前発言しましたが、その通りになりそうですね。

Radeonは人気がありませんが、それでもライバルがいるというのは素晴らしいことで、選択の自由があるというのは何物にも代えがたい喜びです。

敢えて人気のないほうを選ぶという選択肢が(たとえあまり選ぶ人がいなかったとしても)このような可能性を引いてきていることを考えるとそう思います。

RTX2000シリーズを検討していた方は、準備しておいた方が良いでしょう。

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.