GPU情報

3DMarkでベンチマークされたAMD Radeon RX 5600M 6 GBモバイルGPU – NVIDIAのGeForce RTX 2060モバイル版GPUとほぼ同性能

投稿日:

AMD Radeon RX 5600Mは3DMark FIrestrikeでベンチマークされており、GeForce RTX 2060とほぼ同等のグラフィックス性能を示しています。

AMD Radeon RX 5600 XTは、NaviベースのRadeon RX 5000シリーズファミリーの一部となる予定で、AMDのCES 2020基調講演で来週発表される予定です。

 

AMD Radeon RX 5600M 6 GB モバイルGPUが3DMarkでベンチマークされ、GeForce RTX 2060とほぼ同等

AMD Radeon RX 5600M 6 GBグラフィックスカードの3DMarkエントリは、_Rogameによって発見されました。

この特定のエントリでは、2つの未リリースチップ、Radeon RX 5600M自体と、先週報告した8コアと16スレッドを備えたRyzen 7 4800Hプロセッサが使用されています。

Radeon RX 5600Mベンチマークは、AMDのRyzen 4000「Renoir」APUラインアップのノートブックが新しいRX 5600MモバイルGPUと連動し、IntelおよびNVIDIAベースのオプションと比較してより費用対効果の高いゲーミングノートブック製品を提供できるため、特に興味深い 。

AMD Radeon RX 5600Mのクロック速度はリストされていませんが、6 GB GDDR6メモリーを備えています。

AMDのラインナップには、まだリリースされていないRX 5600 XTおよびRX 5600M以外に6 GBのメモリを備えたカードはありません。

AMD Ryzen 7 4800Hのクロック速度は2.90 GHzベースで、ブーストクロックは8コアと16スレッドで4.30 GHzです。

このノートブックは、Intel Core i9-9980HおよびNVIDIA GeForce RTX 2060(ノートブック)製品と比較されます。

左側がRyzen 7 4800H+RX5600Mです。

※ クリックすると別Window・タブで開きます

 

パフォーマンスに関しては、AMD Radeon RX 5600MのパフォーマンスはRTX 2060(ノートブック)とほぼ同じで、全体のグラフィックスコアはRTX 2060を示しており、リードの1.4%はエラーの範囲内です。

AMD Radeon RX 5600Mのスコアは14609ポイントで、RTX 2060のスコアは14812ポイントです。

CPU部門では、Intel Core i9-9980HはAMD Ryzen 7 4800Hよりも30%高速です。これは、Intelチップが8コアおよび16スレッド構成で提供しなければならない高速クロック速度によるものです。

以下は、先週リークされた3DMark GPUベンチマークです。

  • RX 5600 XT 3DMark Time Spy-6446グラフィックススコア、5884総合スコア
  • RX 5600 XT 3DMark Time Spy Extreme-2815グラフィックススコア、2576総合スコア
  • RX 5600 XT 3DMark Time Spy Extreme-2791グラフィックスコア、2891総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike-18906グラフィックススコア、14341総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike Extreme-9198グラフィックススコア、8087総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike Ultra-4738グラフィックスコア、4672総合スコア
  • RX 5600 XT Fire Strike Ultra-4756グラフィックススコア、4688総合スコア

価格設定は、AMDのRyzen 4000 'Renoir'ラインアップノートブック製品で主要な役割を果たしますが、AMDは第2世代Ryzenモバイル版チップを搭載したまともなハイエンドゲーミングラップトップのリリースに成功し、今回はさらに優れた製品が期待できます。

 

AMD Radeon RX 5000 '7nm Navi RDNA' GPUラインアップ仕様:

グラフィック
カード
Radeon
RX 5700 XT
50th Anniversary
Radeon
RX 5700 XT
Radeon
RX 5700
Radeon
RX 5600 XT
Radeon
RX 5500 XT
GPU
アーキテクチャー
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
7nm Navi
(RDNA
1st Gen)
ストリーム
プロセッサー
2560 SPs2560 SPs2304 SPs2304 SPs1408 SPs
TMUs / ROPs160 / 64160 / 64144 / 64144 / 6488 / 32
ベース
クロック
1680 MHz1605 MHz1465 MHz不明1670 MHz
ブースト
クロック
1980 MHz1905 MHz1725 MHz不明1845 MHz
ゲーム
クロック
1830 MHz1755 MHz1625 MHz不明1717 MHz
演算性能10.14 TFLOPs9.75 TFLOPs7.95 TFLOPs不明5.19 TFLOPs
メモリ容量
種類
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
6 GB
GDDR6
8 GB
GDDR6
メモリ
バス幅
256-bit256-bit256-bit192-bit128-bit
メモリ
帯域幅
448 GB/s448 GB/s448 GB/s288 GB/s224 GB/s
TBP235W225W180W~150W130W
価格
(米ドル)
$449 US$399 US$349 US$279
-$299 US?
$169 US
(4 GB)
$199 US
(8 GB)
発売2019-07-072019-07-072019-07-072020年1月?2019-10-07

このリークは、デスクトップRadeon RX 5600 XTがどこに着陸するかを明確に示しています。 デスクトップ版の場合、パフォーマンスがデスクトップGeForce RTX 2060と同等になり、最近では約349ドルで販売されています。

さまざまな小売店で約$ 330 USDで特定のモデルを見つけることもできます。

AMD Radeon RX 5600 XTは、AIBからこの数字を聞いたVideocardzのツイートで言及されているように、約279ドルから299ドルの小売りが期待されています。

https://twitter.com/VideoCardz/status/1212531971861221377?ref_src=twsrc%5Etfw

翻訳

5600XTの価格は279ドルから299ドルです。 299ドルの可能性が高いようです(-AIBモデルに応じて約1300Mhz前後のクロック。5700ダイの新しいテープアウトですが、仕様は異なります。

coreteks

返信

ほぼ同じことを聞いた

取締役会のパートナーは279米ドルを求めていますが、AMDは299米ドルと言います。 5700の価格設定に触れるカスタムモデルでは、非常に難しい販売になるでしょう。

Videocardz.com

 

AMD Radeon RX 5600 XTデスクトップグラフィックスカードの仕様も数日前に公開され、このカードにはRadeon RX 5700と同じ36コンピューティングユニットまたは2304ストリームプロセッサが搭載されることが示されました。

Radeon RX 5600 XTは、192ビットバスインターフェイスを備えた6 GB GDDR6メモリを搭載します。

Radeon RX 5600 XTは、12.00 Gbps DRAMダイを使用して、288 GB / sの帯域幅を提供します。

特定のチップは、Navi 12として知られていると言われ、Komachi_Ensakaによって報告されたまったく新しいGPU SKU(GFX1011)を指します。

CES 2020で、Radeon RX 5600MおよびRadeon RX 5600 XTに関する詳細情報を期待してください。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 5600M 6 GB Mobility GPU Benchmarked in 3DMark – Almost On Par With NVIDIA’s GeForce RTX 2060 Notebook GPU

 

解説:

Radeonの生き残る道はゲーミングノートかもしれない。

モバイルNaviの上位モデルRX5600Mのベンチマーク結果が発見されました。

こちらは8コア16スレッドのモバイルRenoir、Ryzen7 4800Hとの組み合わせを確認したようです。

Radeonの生き残る道はゲーミングノートとなるかもしれません。

ノートPCならば、基本的にGPUのブランドにはあまり拘りがなく、その時に使えるものをという選択になることも多く、性能と価格が同程度なら購入していく人も多いでしょう。

Ryzen+RadeonでOEMに対しても特別な割引が期待できるものと思います。(これは私の予想ですが)

少なくともモバイルRyzen+Geforceよりは有利な条件になると思います。

OEMも有力な製品を製造しているAMDの意向をある程度は汲んでくれるものと思います。

Macは完全にこのような形式になっています。

ATiの時代からRadeonはモバイルに強かったので、現時点でもnVidiaより一歩先んじていると言ってもよいでしょう。

nVidiaは基本的に安売りを嫌うので、OEMからは避けられているという事情もあるのかもしれません。

とにかく、数は力ですので、2020年を境に流れが変わる可能性は大いにあると思います。

nVidiaと違い、プラットフォーマーであるAMDの強みの一つでしょう。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2020 All Rights Reserved.