ストレージについて

ギガバイトSSDアダプタは、15GB /秒のスピードですべてのSSDを恥じ入らせる

投稿日:

PCIe 4.0では、5GB /秒が最も速いと考えています。 まあ、それらはすべて間違っています。

ギガバイトは、15GB /秒でその速度を3倍にするソリューションを採用しています。

これはCorsair MP600とその他の製品を恥じ入らせます。

これは、ギガバイトのクワッドSSDアダプタを介して達成されます。

現在はプロトタイプですが、優れた機能を実現しているため近いうちに登場する予定です。

追加のチューニングで20GB /秒に達する

アダプタの目的は、技術的に64GBのメモリ帯域幅を可能にする新しい帯域幅の最大機能を達成することですが、これはあまり達成できません。

PCIeインターフェースとRAIDの厄介でありながら避けられないオーバーヘッドを追加した後、Gigabyteの新しいプロトタイプは、同社の新しいAorus PCIe 4.0 SSDの4つと組み合わせると、最大15 GB /秒に達しました。

これらの各SSDは最大5GB /秒に達するため、さらに調整するとカードは最大20GB /秒に達する可能性があります。

最大64GB /秒に達するには、理論的には13 SSDを追加のチューニングと組み合わせて使用する必要があります。

これは非常に高価であり、大容量のアダプターになりますが、どちらの場合も15GB /秒が印象的です。

マザーボードに組み込まれたAMDのハードウェアRAIDを使用して、最初のPCIeスロットに装着されていれば、このクワッドSSDアダプタから直接起動できます。

4台のSSDを取り付けたら、準備は完了です。現在、最もキャパシティの大きいPCIe 4.0 SSDには2 TBの容量が搭載されており、カードの使用量は8 TBに制限されていますが、SSDテクノロジの開発により近い将来、よりキャパシティの高いSSDが発売されます。

これらの新しいPCIe 4.0は他のソースによるとより多くの熱を生成するようにアダプタカードはSSDを涼しく保つために厚くて重い前面プレートと背面プレートを持っています。

それはまた空気循環を保つのに送風機様式のファンを使用する。

SSDはボード上の4つの標準M.2ソケットに差し込みます。

それぞれが最高のパフォーマンスを確保するために独自の専用の再ドライバを持っています。カードの電源に追加のコネクタは不要で、スロットから電源が供給されています。

このカードのPCBにはRGBヘッダーが含まれていますが、ハイエンドのクリエイティブプロフェッショナルにはこれが適していないため、最終製品では照明を省略したようです。

 

ギガバイトは価格を発表していない、しかし私はこのカードが非常に高いと予想される価格のために多くの熱狂的な手の外にとどまると確信している。

アダプターは、4つのSSDにバンドルされている可能性があります。

これは彼らの編集者にこの製品を提供するお金がある会社の映画編集者のような創造的な専門家のための素晴らしい製品になるでしょう。

このカードは非常に印象的ですが、愛好家にはあまり実用的ではありません。

ソース:wccftech - Gigabyte SSD Adaptor Puts All SSDs To Shame With A Speed Of 15GB/s

 

解説:

Gigabyteから面白い製品が登場。

PCI Express4.0の帯域を利用してNVMeのSSDをRAIDして15GB/sの速度を出す製品だそうです。

今の最高速度が3500MB/s程度、一つ前の記事で紹介したCorsairのMP600が5000MB/sですが、こちらは15000MB/sです。

残念ですが、こちらの製品はエンタープライズ向けで高くなるようですが、基盤にPCBヘッダーがプリントされていたようですが、最終製品では省かれたとのこと。

自作ユーザー向けに廉価版か販売される可能性は0ではないといったところですが、現時点ではプロフェッショナル向けの高価な製品になりそうです。

PCI Express4.0の登場によって続々とこうした製品が発表されています。

intelが10nmの移行に失敗したことによって如何に自作の世界が停滞していたのかよくわかるのではないかと思います。

-ストレージについて

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.