ストレージについて

PhisonのE26「Max14um」は14GB/sを達成し、来年早々に性能テストを行う予定だ。

投稿日:

14GB/秒を超えるSSDは2024年初頭に登場する。

ついに、PCIe 5.0 M.2スロットの帯域幅をフルに使用できるSSDが登場する。

Phisonは新しいリファレンスデザインを「Max14um」と呼んでいるが、小売製品はPhisonがまとめたものから自由に逸脱することができる。

これは、来年Phisonの様々なパートナーから期待できるもののプレビューであり、そのようなドライブが発売されれば、間違いなく最高のSSDのいくつかに力を与えるだろう。

PhisonのMax14umリファレンス・デザインについては、近日中にプレビューを掲載する予定だ。

これは、人気の高いE26コントローラーをベースとしたSSDの最適化バージョンで、1月に開催されるCES 2024では、多くのSSDパートナーが同様のハードウェアを披露すると予想される。

Sabrent Rocket 5のような、14 GB/秒を達成できるSSDモデル(名前のMax14の部分はここから来ています)は、2023年を通じて、進捗状況を追跡するために何度も更新され、詳細が明らかになっています。私たちがこれまでにテストした最速のE26ドライブ、例えばCrucial T700、Teamgroup Z540、Nextorage NN5Proのスループット上限は約12.4GB/秒でした。

14GB/秒を超えるドライブを手に入れた後、さらに高速化するには、PCIe 5.0 x8のような広いインターフェイスを使うか、複数のドライブをRAIDで使用するか、PCIe 6.0のプラットフォームやデバイスが登場するのを待つしかないだろう。

PCIe 5.0 x4は理論上32GT/秒の速度を提供し、最高速度は15.75GB/秒です。

しかし、通常は他のオーバーヘッドが関係するため、14 GB/秒が実際の最大値に非常に近い。(参考までに、私たちがテストした最速PCIe 4.0ドライブは、理論上の最大値が7.88 GB/秒であるにもかかわらず、ピークは約7.15 GB/秒でした)。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

Max14umは既存のハードウェアを利用していますが、PCIe 5.0 M.2スロットで可能な最高速度を達成し維持するためには、重要な最適化が必要でした。

現在のM.2フォーム・ファクターは、9本の3.3V電源ピンでそれぞれ最大0.5A(理論的には合計14.85W)を扱うことができますが、Mキーの最大出力はPCI-SIGによってより合理的な平均11.55Wに制限されています。

我々のテストではすでにピーク12Wを超えているので、これはPhisonの限界であることは間違いない。

慎重なエンジニアリングと設計により、Phisonは、小売パートナーが利用可能な追加カスタマイズで、より高速なドライブを実現することに粘り強く取り組んできました。

これらのパートナーは、カスタマイズ可能なファームウェアを使用して、暗号化や特定のサーマルスロットリングポイントのサポートなど、独自の最適化や機能を選択することができます。

各パートナーは、少なくともユニークなヒートシンクやモデル名で目立つことを期待しています。

性能はプラットフォームやドライブによって異なるだろうが、Max14umプロトタイプと同様のスペックのSSDは、記録上最速になるはずだ。これには、Sabrent Rocket 4 Plus-GのようなPCIe 4.0ドライブで現在達成可能な性能の約2倍に相当するDirectStorage性能目標で、まだ成熟途上にある今後の技術に対する強化されたサポートが含まれる。

我々はPhisonのデザインに期待しており、来年早々にはそのデザインを見てみたいと思っている。

また、Phisonのパートナーが独自の最適化と、後に強化され成熟したファームウェアで何をもたらすかにも注目したい。

冷却は、パフォーマンスが限界まで押し上げられるにつれて、より重要になることは間違いない。

現在のハードウェアの制約を考えると、14GB/秒はかなりの達成であり、この馬力を利用できるDirectStorage対応ソフトウェアがついに登場することを楽しみにしている。

ソース:Tom's Hardware - First look at a reference design of the fastest SSDs we're likely to see in 2024 — Phison’s E26 'Max14um' will hit 14 GB/s, and we'll test performance early next year

 

 

 

 

解説:

ついに14GB/sのGen 5 SSDが登場か?

14GB/sと言ってもGen4 SSDが主流の現在ではピンとこない人が多いと思いますので解説しておくと、Gen4 SSDは理論値8GB/s最大で7GB/s=7,000MB/sが最速クラスとなります。

現在ではギリギリまでチューンが進んでいますので、それこそ7,450MB/sなどの製品が出ていますが、Gen5の14GB/sはGen4の7,000MB/sクラスの製品と言ってもよいでしょう。

Gen4のSamsung製品で言えば丁度980PROくらいのスペックと言うことになります。

シーケンシャル速度はIntel環境では出にくいですから、7000MB/s前後が環境に左右されない最高速度だと考えておくとよいと思います。

Gen5SSDもようやく、その環境に左右されない最高速度に到達したということになります。

2022年にAMDのチップセットが対応してから約1年でようやくここまで来たということになります。

消費電力に関してはM.2の理論最大値が14.85Wとのことですが、これは私も知りませんでした。

PCI-SIGに規定されたM.2の最大値は11.55Wとのことです。

発熱と言うのは最終的には消費電力(=仕事量)規定されますので、この14GB/sの製品の消費電力12W超と言うのは規定された消費電力を超えているということになります。

先のことを考えるとこの消費電力で足りるのかなあと思います。

Gen5のSSDは消費電力をスペックシートに記載していてるのはMSI製品だけで、他の製品は記載がないように思います。

発熱=消費電力からアタリが付けられますので、是非各社とも記載をお願いしたいところ。

セミ族の2TBが4W程度の消費電力です。

自分の今の感覚では7W程度からパッシブヒートシンク(=ファン無し)では冷却しきれず、アクティブヒートシンク(=ファンあり)が必要になってくるのではないかと思います。

ただ、Gen4でもこれは爆熱かなと思うSSDには消費電力が記載されていないことが多く、この辺は是非とも記載するようにお願いしたいところです。

IG5236などはファン無しでは冷やしきれないと思います。

Gen5は記載のあるMSIのSSDで11Wなのでこのクラスになるとファン付で無いと冷やしきれないと思います。

Gen5SSDはファンありヒートシンクが常識になるのではないかと思います。

実際私は使ったことが無いので断言はできませんが、パッシブヒートシンクだけで冷やしきれている方おります?

よほど考えられたエアフローかケースにファンを付け捲らない限り冷やしきれないのではないかと思います。

 

 

Crucial Gen5 SSD T700

 

MSI Gen5 SSD SPATIUM M570

 

Corsair Gen5 SSD MP700

 

CFD Gen5 SSD PG5NZF

created by Rinker
シー・エフ・デー販売
¥42,212 (2024/03/04 20:21:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

Nxestorage Gen5 SSD NE5N

-ストレージについて
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.