ストレージについて

ADATA、最大14GB/秒の速度と最大8TBの容量を持つPCIe Gen 5 M.2 SSDを発表、CES 2022でフル公開予定

投稿日:

ADATAは、既存のGen 4 SSDの2倍の性能とはるかに高いストレージ容量を提供する、最初のPCIe Gen 5ベースのM.2 SSDを予告しています。

ADATA Project Nighthawk & Project Nightbird PCIe Gen 5 M.2 SSDが発表されました。14GB/秒の速度、8TBの容量、その他の情報

ADATAは、CES 2022の期間中、バーチャルカンファレンスで様々な製品を発表する予定です。

キーボード、マウス、ヘッドセットなどのゲーミング周辺機器から、DDR5メモリや前述のPCIe Gen 5 SSDを含むハードウェアコンポーネントまで、さまざまな製品を発表する予定です。

ITHomeによると、ADATAは、Project NighthawkとProject Nightbirdを含むGen 5 M.2 SSDのプロトタイプを発表しました。どちらのドライブもM.2およびNVMe 2.0プロトコルに準拠しており、どの特定のコントローラをベースにしているかは言及されていませんが、Phison製である可能性が非常に高いと思われます。

パフォーマンスに関しては、新しいPCIe Gen 5ソリッドステートドライブは、最大14GB/sのシーケンシャルリード速度を提供すると言われています。

また、12GB/sと10GB/sのモデルも開発中であり、適切に利用すれば、非常に大きな性能向上が期待できます。

Gen 5ソリッドステートドライブは、性能が2倍に向上するため、より高温で動作し、より多くの電力を消費します。

この点について、Phison氏がMSIとのライブインタビューで詳しく説明しています。容量については、PCIe Gen 5.0ドライブは最大8TBのスペースを提供すると言われており、ほとんどのユースケースで十分すぎるほどの容量があるはずです。

HDDの場合、現時点では20TB以上のストレージを目指していますが。

最近、KIOXIAは最初のPCIe 5.0プロトタイプを公開し、最大14000 MB/sの読み取り速度とGen 4.0 SSDの2倍のIO性能を実現しました。

Phisonは、Samsung自身のコントローラと競合しながら、プレミアムGen 5.0 SSDの選択肢となることは間違いないだろう。

Marvellは、シリコン・モーション独自のソリューションとともに、2022年後半に市場に登場するPCIe Gen 5.0(NVMe 1.4b規格)ベースのSSDコントローラ「Bravera SC5」も発表しています。

そのため、既存の600シリーズプラットフォームには、M.2 Gen 5スロットを搭載したマザーボードが少なく、MSIの新しいXPANDER Gen 5のような特別なAICが必要になるのは間違いありません。ADATAは、1月5日から2月8日まで製品を展示する予定です。

ソース:wccftech - ADATA Teases PCIe Gen 5 M.2 SSDs With Up To 14 GB/s Speeds & Up To 8 TB Capacities, Full Unveil at CES 2022

 

 

 

解説:

米中貿易戦争によって、PCパーつも影響を受け、中国から出荷される製便には高い関税がかけられるわけですが、その影響ですべてのメーカーが最終検査地を変更しました。

しかし、ADATAとTeamだけは中国を最終検査地としておらず、そのため、しばらく価格に優位性のある状態が続いています。

そのADATAがPCI Express5.0の一般向けNVMe SSDの発売を予定しているようです。

※ ですから、安くても性能や品質に問題はありません。製品の製造、検査、出荷における構造的な問題です。

ついにNVMe Gen5.0時代かぁ、早いなあと思わないでもないですが、技術の進歩を否定はできませんので、歓迎すべきことなのでしょう。

と言ってもまだ対応するプラットフォームが出てませんので、Intelは来年の700シリーズ、AMDはAM5で対応することになるのではないかと思います。

 

-ストレージについて
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.