ゲームについて その他

FF14 紅蓮のリベレーターFPS測定結果

投稿日:

FF14 漆黒のヴィランズのベンチマークテストプログラム公開に伴って、旧ベンチマークデータを削除しましたが、参考資料として残しておきます。

最新のベンチマーク結果はFF14推奨PCのページをご覧になってください。

FF14推奨PC

 

「紅蓮のリベレーター」必要スペックと推奨スペック

 

※ 画像が見づらい場合はクリックすると拡大します。

 

FF14ベンチマークテスト

FF14に限らずネットワークを使ったゲームはネット環境にも快適さが大きく左右されるため、ハードウェアの純粋な必要スペックがわかりにくく、FF14を快適にプレイするための性能を測定し数字で表す専用のベンチマークテストが用意されています。

公式サイトからダウンロードできますので、お手持ちのPCで快適なプレイが可能かどうか無料でテストすることができます。

「FF14をこれから始める」という方は一度は試してみることをお勧めします。

FF14ベンチマーク・ダウンロードページ

※ 2019年5月24日付で「FF14紅蓮のリベレーターベンチマーク」は「FF14漆黒のヴィランズのベンチマーク」に差し替えになりました。

 

FF14ベンチマークテストの簡易設定

動作の重さ画質
最高品質☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
高品質(デスクトップPC)☆☆☆☆☆☆☆☆
高品質(ノートPC)☆☆☆☆☆☆
標準品質(デスクトップPC)☆☆☆☆
標準品質(ノートPC)

上の5種類があります。一番上の最高品質が一番良い画質ですが、動作が重くなり、下になるにつれて画質が下がっていき、動作が軽くなります。

標準品質(ノートPC)が一番画質が下で動作が軽くなります。

 

ベンチマークテストの評価

7000~ 非常に快適非常に快適に動作すると思われます。お好みのグラフィック設定でお楽しみください。
5000~6999
とても快適
とても快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても、とても快適に動作すると思われます。
3500~4999
快適
快適な動作が見込めます。グラフィック設定をより高品質にしても快適に動作すると思われます。
2500~3499
やや快適
標準的な動作が見込めます。余裕があればグラフィック設定の調整をお勧めします。
2000~2499
普通
標準的な動作が見込めます。
1500~1999
設定変更を推奨
ゲームプレイは可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなりますので、その場合はグラフィック設定の調整をお勧めいたします。
1000~1499
設定変更が必要
ゲームプレイは可能ですが、全体的に動作が重く感じられます。グラフィック設定の調整が必要で、調整により改善される可能性があります。
1000未満
動作困難
動作に必要な性能を満たしていません。

 

ベンチマークテストの結果

FullHD(1920X1080)

標準(デスクトップ)最高画質
GTX1060 6GB22,703
(155.34FPS)
12,733
(85.04FPS)
GTX1660Ti22,651
(161.92FPS)
15,815
(105.44FPS)
RTX207025,242
(185.82FPS)
19,645
(134.31FPS)
RTX208025,329
(189.28FPS)
20,628
(144.12FPS)
RTX2080Ti26,107
(194.94FPS)
22,300
(159.27FPS)

 

 

WQHD(2560X1440)

標準(デスクトップ)最高画質
GTX1060 6GB17,368
(115.08FPS)
7,736
(51.83FPS)
GTX1660Ti19,812
(135.39FPS)
10,123
(67.56FPS)
RTX207021,538
(151.63FPS)
14,476
(96.09FPS)
RTX208022,581
(160.67FPS)
16,690
(111.24FPS)
RTX2080Ti23,425
(171.32FPS)
19,020
(128.43FPS)

 

4K(3840X2160)

標準(デスクトップ)最高画質
GTX1060 6GB8,783
(58.91FPS)
3,699
(24.47FPS)
GTX1660Ti11,923
(79.47FPS)
4,865
(32.45FPS)
RTX207016,386
(108.91FPS)
7,243
(48.20FPS)
RTX208018,132
(120.54FPS)
8,740
(58.17FPS)
RTX2080Ti20,098
(136.36FPS)
11,045
(73.25FPS)

 

解説

上がFF14紅蓮のリベレーターのベンチマークスコアと平均FPSだ。

スコアは25,000を超えるあたりから性能が反映されなくなっていくため、何かのボトルネックが存在する可能性が大だ。

実用上はスコア12,000程度で平均90FPS程度となり、目で見てわかる差はなくなっていくだろう。

公式では7,000以上が「非常に快適」とされており、これは平均FPSが45程度だろう。

人間の目では通常45FPSあたりから60FPSとの差がわからなくなっていくとされており、非常に論理的に正しい評価だと思われる。

もちろん個人差はあり、FPSゲーマーなど敏感な人たちには60FPSに達してなければ違和感として映るだろう。

しかし、本来MMOはそれほど動きの滑らかさを重視するタイプのゲームではない。

60FPSのモニターを使っているならば12,000程度が事実上の最高スコアと考えていいだろう。

ただし、MMOは人が多くなればどんなに高性能なPCでもFPSはある程度落ちるため、その点は注意しておきたいところだ。

さらに注意しておくと、実環境で測定しても回線状況という本来PCのスペックとは関係のない要素が入ってしまうため、PCの能力が足りているかいないかを測るならばメーカーが用意してくれているベンチマークが一番物差しとしては適切だろう。

この辺は勘違いしない方がいい。

4K環境での推奨はRTX2080Tiで、4Kの最高画質を選んでも不満を感じることはほぼなくなるといってもいい。

FF14に命を懸けている人はRTX2080Tiはマストバイだ。

逆にFullHDの最高画質ならばGTX1660Tiでも十分といえる。

 

FF14 紅蓮のリベレーターベンチマークはFF14 漆黒のヴィランズベンチマークに更新され、ダウンロードできなくなりました。

最新の情報が知りたい方は以下のページをご覧になってください。

このページは資料のために残しています。

FF14推奨PC

 

-ゲームについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.