ストレージについて

ギガバイト、世界初のPCIe 4.0 M.2 SSDを最大5000 MB /秒の速度で実現、その他のComputexの発表

投稿日:

Gigabyte(コントローラもメモリも製造していない)が、PCIe 4.0ベースのM.2 SSDをいじって最初の会社になると誰が考えていたでしょう。

次のComputexのウォームアップとしての役割を果たす、そのWebサイト上のブログ投稿では、

同社は、「低温」で最大5000 MB / sの速度で、世界初のPCIe 4.0 M.2 SSDを発表すると発表しています。これは、サーマルスロットルがこれらの新しいSSDでより一般的になることを意味します。

他の詳細は現在不明です。

しかし(そして私たちはここで推測しているだけですが)、PhisonがE16の形でPCIe 4.0 NVMeコントローラを準備していたことを私たちは知っています。

当時(2019年1月に戻って)、PhisonはE16コントローラをMicronの96層TLCフラッシュとペアにしました。

しかし、コントローラ開発の改善と使用されるフラッシュメモリの変更によって、東芝のBiCS 4フラッシュで予想される4.8 / 4.4 GB /秒の読み取り/書き込みスループットの、その後のパフォーマンスの数字がもたらされる可能性があります。

Computexを待つ必要があるだけです。でも、私の新しいPCIe 4.0 SSD、7 nmプロセス対応の最大16コアCPU、新しい7 nm GPUなどがあります。

これはPC愛好家になるための素晴らしい時間ではありませんか?

休憩の後にギガバイトのComputexの残りの部分について読んでください。

[引用] GIGABYTE TECHNOLOGY Co. Ltdは、コンピュータの革新を先導し、息をのむような技術の進歩を遂げることに尽力してきました。

今年のComputexでは、GIGABYTEがパートナーを結集させてスマートエコシステムを形成し、購入者を刺激するソリューションと訪問者を啓発する実際のアプリケーションを実証しました。

 

-データセンター-
5Gが近づくにつれて、リモートスマートデバイスの相互接続性が大幅に向上しますが、「スマート」を実現するには大量のコンピューティングパワーが必要です。

進化するスマートテクノロジーの鍵は、大量の情報を保存および分析し、それを使用して予測や決定を行い、貴重な経済データを作成する方法を学ぶことができることにあります。

GIGABYTEは、ソフトウェア統合と相まって、ハードウェアインフラストラクチャがどのようにしてよりスマートなテクノロジを開始する理想的なシステムソリューションを作成できるかを実証するために、いくつかの業界リーダーと提携しました。

 

5G用のAIとスマートクラウド
ITRIとの提携により、ネットワーキングおよびクラウド仮想化テクノロジを次世代の5Gネットワークに統合できるiMEC(Intelligent Mobile Edge Cloud)プラットフォームが発表されました。

待ち時間の短縮、ネットワークサービスの信頼性とスケーラビリティの向上、および精度を向上させ、DNN(Deep Neural Networks)トレーニングに必要な時間を短縮できるオンプレミスのAI開発プラットフォーム。

InfinitiesSoftとの協力により、洗練されたコンテナー管理とソフトウェア定義のストレージを統合したハイブリッドクラウドプラットフォームが生まれ、自社運用の自作AIクラウドを実現することが可能になりました。

 

液体冷却とソフトウェア定義の貯蔵
データセンターの効率を向上させるための継続的な努力により、GIGABYTEはAsetekと提携して、データセンターにおけるパフォーマンスの可能性を高め、電力と冷却の要件を軽減するためのモジュール化されたチップ直接液体冷却ソリューションを紹介しました。

Bigteraとのジョイントベンチャーは、VirtualStorのライブをもたらしました。そこでは、ビジネスの既存のメディアを統合し、すべての主要なストレージタイプをサポートする新しい容量を楽に追加しながら、管理を簡素化しインフラストラクチャコストを削減します。

 

- スマートライフ -

5Gスマートフューチャーは遠く離れたビジョンではなく現在行われている変革であることを証明するために、GIGABYTEは今年のブースの大部分を、さまざまな5Gシナリオで展開できるアプリケーションを紹介するために捧げました。

オンプレミスのIoTシナリオは、GIGABYTEのハードウェアの専門知識とソリューションのノウハウの両方を実証しています。

IoTゲートウェイシステムと組み込みコンピュータを使用することで、GIGABYTEはスマート農業、小売、マーケティング、セキュリティ、AIによる人の検出など、モノのインターネット(IoT)シナリオをいくつか示すことができます。

 

GIGABYTEとAIoTのソリューション

スマートソリューションは、このテクノロジに投資することを決定した個人や企業の効率性と利便性を大幅に向上させます。

ビッグデータ、AI、およびエッジコンピューティングを利用して、IoTエコボックスはクラウドから必要な情報を収集し、収穫量を増やすために作物の成長に不可欠な変数を制御することができます。

デジタルサイネージは、適切で効果的な広告を表示するために、顔認識システムと3Dレンズを使用して視聴者の性別と年齢を分析および判断することができます。

そして、カメラは小売環境で顧客の顔を捉えてセキュリティを提供し、マーケティング分析に役立つデータを生成することができます。

 

AR / MRアプリケーション

GIGABYTEのサーバーのノウハウを利用して、Jorjin Technology Inc.などの企業は、GIGABYTEのブースに、長距離や関連する時間の消費に起因する問題を単純化するのに役立つAR / MRメガネを紹介することもできます。

そしてこの製品は、保守、教育、訓練、および機密情報の識別などを効率的に実行するために、産業保守、倉庫保管および物流、公安および医療分野で広く使用されることが可能になるでしょう。

 

-スタジオ-

マザーボードの革新性と職人技で有名な現在、GIGABYTEは、ビデオ編集、工業デザイン、3D関連作業などの分野で働くプロフェッショナルのためのいくつかのゲームチェンジャーによって業界を変革します。

 

世界初のPCIe 4.0 M.2 SSD

GIGABYTEは、プロフェッショナル向けのNVIDIAのQuadroグラフィックスカードと互換性のあるワークステーショングレードのマザーボードを設計する数少ないコンピュータ技術企業の1つです。

Computexでは、GIGABYTEは最新のAMDプラットフォームで世界初のPCIe 4.0インターフェイスM.2 SSDをリリースし、低温で5000 MB / sの読み取り/書き込み速度をビデオエディタに提供します。

 

業界をAMOLED 4Kに導きます

一方で、デモや編集を外出先で提示する必要がある専門家に対する需要もあります。

2017年以来、GIGABYTEのAERO 15ラップトップは、NVIDIA CEOのJensen Huangから2年連続で世界最大のエレクトロニックショー(CES)で展示され、AEROとしての地位を確立し、メディアと顧客から賞賛を受け続けています。 新世代の薄型軽量ノートPC。

AEROシリーズは、外観と性能の両面で新たなデザイン変更を受けています。

また、GIGABYTEはモバイルPCでコンテンツを常時作成するユーザー向けに17インチモデルを初めてリリースします。

15インチと17インチの両方のAEROは、最新のIntelおよびNVIDIAテクノロジを採用し、業界初のソリューションとして業界をリードします。

4K Samsung AMOLEDディスプレイは、従来のsRGBよりも25%広い色範囲を提供する100%DCI-P3色域をサポートするだけでなく、VESAディスプレイHDR 400規格にも適合しています。

工場出荷前に認証されたAEROシリーズのラップトップは、従来のLCDと競合する製品よりも詳細と色の正確さを生み出し、デザイナーとコンテンツクリエイターの両方に想像力豊かな世界の鮮やかな表現を提供します。

 

あなたの人生をアップグレード
革新の最前線で、GIGABYTEはショーの主なテーマを反映して、インテリジェントな世代のための重要なソリューションを紹介します。

Computexは、業界で最も優れた台湾の精神が集まり、将来のイノベーションを紹介する時期です。

ショーが始まるにつれて、GIGABYTEは5G技術の進歩を推進し、「あなたの人生をアップグレードする」能力を維持するスマートなソリューションを展示する準備ができていて準備ができています。

5月28日から6月1日まで、GIGABYTEは台北台湾の南港展覧館2ホールで、世界中のイノベーターと技術的な洞察を共有し、将来の取り組みを模索する予定です。

ソース:techpowrup - Gigabyte Teases World's First PCIe 4.0 M.2 SSD With Speeds up to 5000 MB/s, Other Computex Announcements

解説:

多分どこかの企業から発売されると思っていましたが、5000MB/sでリード/ライト可能なNVMe M.2 SSDが発売されるとのことです。

ゲーミングPCにとってここまでの性能が必要かどうなのかわかりませんが、PCI Express4.0で帯域が倍になるということはこういった勢品が出ることを意味していますので、ある意味自然なのかなと思います。

当面はQuadroなどを搭載したワークステーション向けの製品になるようですが、入手性や価格は別としてamazonなどで普通に買えるようになるのではと思っています。

Gigabyteとストレージという組み合わせを意外に思う方もいると思いますが、Gigabtyteは過去にiRAMというRAMディスクのストレージを出していたこともあり、昔から自作をしているとあまり違和感はないです。

iRAMはその名の通り、RAMを使ってストレージを作るものです。

非常に面白い製品なのですが、当時はPCI Express直結のNVMeのような仕組みもなく、SSDが出始めの頃だったので、一部で盛り上がりましたが、後続の製品が続くこともなくひっそり消えていきました。

PCI Express4.0になれば帯域が倍になりますので、理論的には7000MB/sまでは可能と思います。

最もここまで行くと速度を出せるメモリが無いのと、元記事にもある通り、サーマルスロットリング対策が必須になると思います。

 

-ストレージについて

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.