ストレージについて その他

「Chia Coin」の記憶容量が1エクサバイトを超え、ストレージメーカーの売上が大幅に増加するも、世界的なHDD/SSD不足の懸念が高まる

投稿日:

Chia社が発表した数字によると、同社の暗号通貨Chia Coinのストレージ容量が1エクサバイトを超え、4月初めから5.7倍になったが、世界的にHDDやSSDが不足する恐れもあるという。

これは、来週の正式なローンチ(取引)を前に、Chia Coinが非常に高い人気を集めていることを示しています。

暗号通貨「Chia Coin」が1エクサバイト以上のストレージ容量を獲得、SSD・HDDメーカーの売上が大幅に増加するも世界的な品不足の懸念も高まる

最新の数字では、Chiaは4月末に暗号通貨のストレージ容量が1.14エクサバイトまたは1143ペタバイトのピークに達したと報告しています。

これは、4月の初めにシステムが持っていた合計120PBのストレージ容量の5.7倍という非常に大きな数字です。

Chia Coinのマイニングプロセスでは、大量の空き容量を必要とし、いくつかの読み書き操作を実行します。

この場合、耐久性(TBW)は速度と同様に重要であるため、消費者向けのSSDは耐久性が低いためマイニングには最適ではなく、これらの操作を実行するとSSDの寿命が大幅に短くなってしまいます。

したがって、これらのマイナーのターゲットは主にハードドライブとデータセンター用SSDです。

数日前、アジア太平洋市場のストレージメーカーが、マイニングを行っていたユーザーに対してSSDの保証を辞退していることをお伝えしました。

また、特定のメーカーがChia Coin暗号通貨のマイニング専用SSDをユーザーに提供する予定であり、現在量産中であることもお伝えしました。

今回、DigiTimesから新たなレポートが発表され、ADATAが前月の大容量SSD製品の売上を500%増加させたことが明らかになりました。

これは、Chia Coinがペースを上げ始めたのと同時期のことです。

また、TrendFocus社によると、現在、アジア市場ではHDDやSSDが大幅に不足しており、Chiaコインの取引が始まると、それが世界の他の地域にも広がっていくと予想されています。

環境に優しい暗号化ソリューションとして設計されていますが、複数のストレージデバイスを同時に動作させると、かなりの電力を消費します。

すでに32個のSATAポートを搭載したマザーボードを見たことがありますが、アイドル状態でも150~200W程度の電力を消費していました。

標準的なハードディスクの消費電力は6.5Wなので、それほど多くはありませんが、これらのHDD/SSDが大規模なマイニングファームで同時に数百または数千台稼働することを考慮すると、数値は大幅に上昇します。

このような数字が発表され、さまざまな報告がなされている今、私たちは(GPU以外の)主要な部品の不足に備えなければならないと思います。

ソース:wccftech - Chia Coin Hits Over 1 Exabyte Storage Capacity, Storage Makers Witness Huge Increase In Sales But Fear of Global HDD & SSD Shortage Looms

 

 

 

解説:

China Coinの猛威はとどまることを知らず、ついに世界的なストレージ不足が懸念されるようになってきています。

一応、China Coinについてネットで調べてみましたが、どういった仕組みでストレージの空き容量が必要になるのかの有効な日本語の文献は発見できませんでした。

しかし、マイニングの過程で大量の読み書きが発生することは確かなようで、一般向けSSDではあっという間に寿命が尽きてしまうので、主にエンプラ用SSDとHDDがターゲットになっているようです。

GALAXはChina Coinのマイニングに使用した製品は保証の対象外にすると発表したばかりです。

いずれにしても市場から製品が枯渇していくのはほぼ確定したようなものですし、現時点でもSSDが無くなってきていますので、購入を予定されている方は早めに確保しておくことをお勧めしておきます。

個人的には「中国は迷惑な国だなあ」と思います。

 

 

-ストレージについて, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.