GPU情報

AMD Navi RX 3080仕様リーク - 8シェーダエンジン、2560 SP、256ビットバス

更新日:

5月27日のAMDの次期次世代Zen 2&Navi発表のカウントダウンに向けて刻々と過ぎている。

私たちは今では4日と経たないうちにリークが発生し続けています。

今日のリークは同社の次期ミッドレンジNavi GPUにのものです。

中にはNavi 10として固定されているものもあれば、実際にNavi 12と呼ばれるものもあります。

それにもかかわらず、この新しいチップは、NVIDIAのGeForce RTX 2060およびGeForce RTX 2070と競合するように設定されている、同社の次期ミッドレンジRadeonグラフィックスカードにパワーを供給することが期待されています。

次世代の命名法は未確認ですが、同社の次世代の命名法はまだ未確認ですが、簡潔かつ簡単にするために、このチップにNavi 10と最高スペックのグラフィックカードをRX 3080と命名します。

 

AMD Radeon Navi RX 3080仕様リーク - 8シェーダエンジン、2560 SP、8 GB vRAMおよび256ビットバス

美味しい話に入る前に、このリークは古き良きリーカーのKOMACHIの好意によるものであることを最初に指摘しておく必要があります。

先に進む前に、ハードウェアが実際に手に入るようになるまでは何も確認されていないので、かなり割り引いて考えるべきであることは言うまでもない。

それで、難しい話は抜きにして、掘り下げましょう。

 

Navi、コンピュータユニットの利用効率とピクセルスループットの向上のための新しいシェーダエンジン設計を発表

このリークによると、私たち自身の情報源によると、Naviチップは40の計算ユニットを特徴とし、それぞれが64のストリームプロセッサを収容する。

このリークがテーブルにもたらす新しい未知の詳細はNaviが伝えられるところでは8つのシェーダエンジンを備えているということです。

これらの各エンジンは、5つの計算ユニットと1つのラスタバックエンドを収容します。

通常、既存のGCN GPUでは、ラスタバックエンドに16のRender Output Unit、略してROPが含まれます。

したがって、Navi 10が128個のROPを搭載するのか、あるいはNaviを使用してレンダーバックエンドあたりのROP数を削減しようとしているのかは不明です。

 

AMDのこれまでのGCN実装におけるアーキテクチャ上の大きな制限の1つは、1ダイあたり4つのシェーダエンジンを超えてマイクロアーキテクチャを拡張できないことであるため、Naviのシェーダエンジンの数は実際にはかなり詳細です。

このため、FijiやVegaなど、同社の大型GPUでストリームプロセッサが十分に活用されていないため、同社がソリューションの開発に取り組んでいたGCNの長年の制限となっていました。

 

AMDは中型のナビ、来るべきより大きいチップで物事を蹴る

このリークが正確であれば、AMDのエンジニアはこの制限を克服することに成功しているので、その結果、同社の次期ビッグチップでは、以前の設計と比べてパフォーマンスが向上するはずです。

これは、4096台を超えるストリームプロセッサを搭載した新しいRadeon GPUが、4年前にフィジーが登場して以来最大のものとなっていることを示しています。

理論的には、シェーダエンジンの拡張により、同社は将来の設計に64を超えるROPを追加することも可能になります。

これにより、以前のビッグチップのもう1つの制限であるピクセルスループットが大幅に向上します。

それでは、メモリサブシステムに進みましょう。

これまでにリークされたNavi PCBショットのおかげで、GPUは256ビットのメモリインターフェイスを備えています。

これは通常8GBのvRAMとペアになり、会社が望むならば最大16GBです。

さらに最近では、NVIDIAのGeForce RTX 2070およびRTX 2060と直接競合するために、少なくとも2つの新しいNaviベースのグラフィックスカードを、それぞれ499ドルと399ドルで最初に導入することを検討していることがわかりました。

ここにはそれらのカードの詳細についてのすべてを読むことができます。

5月27日までの間、より多くのニュースやリークに注意してください。

AMD Radeon RX 3080およびRX 3070のリーク仕様

製品名GPUストリームプロセッサー数メモリバス幅メモリ容量性能クラス(競合)価格(USドル)
RX 3080Navi XT2560256-bit8 to 16GBRTX 2070より高速$499 US
RX 3070Navi Pro不明不明不明RTX 2060より高速$399 US

ソース:wccftech - AMD Navi RX 3080 Specs Leaked – 8 Shader Engines, 2560 SPs & 256-bit Bus

解説:

Navi XTの仕様が明らかになりました。

SP数2560、メモリのバス幅256bit、RTX2070と競合するという製品です。

下位のNavi ProはXTのカットダウンモデルになると思います。

GCNはシェーダーエンジンが4つまでという制限があって、SP数が最大2560でSP数を増やしていっても性能が生かしきれなかったのですが、Naviはこの点が改良されているとのことです。

これによってある程度Geforceと対等に渡り合えるようになっているといっても良いでしょう。

しかし、まあ、あまりにも遅きに失した感はあります。

Raja氏はAMDを去り、nVidiaはRTXという独自の仕組みを作るに至りました。

これによって性能とは違う次元で付加価値をつけ、性能で競争してそれが価格に反映されるということが難しくなりました。

Naviは第2世代目からレイトレーシングのハードウェア再生支援機能を搭載するといわれていますが、Geforceと対等以上に渡り合うには次世代まで待たねばならないでしょう。

躍進するRyzenとは対照的にこちらはかなり低調です。

まあ、実際に出てみないとその実力のほどはわかりませんので、ちょっと判断が速すぎるかもしれません。

しかし、NaviはGCNの呪縛から抜け出す第一世代目のGPUですから、その真価を発揮するのは第2世代目からになるんじゃないかと思います。

ゲーム向けのGPUとしてはかなりnVidiaに差をつけられてしまったといった感じです。

幸いなことにまだレイトレーシング対応のゲームはさほど多くありませんので、致命的な差はつかないとは言え、同じ価格帯のGeforceよりもかなり優れていない限り敢えてRadeonを選ぶ理由がありませんのでこの点は苦しいところです。

詳細は5月27日のComputex2019で明かされると思いますので、それまで待たねばならないでしょう。

RX3080にに関しては事前に情報が出ていた通り、GTX1080=レイトレーシング無しのRTX2070と同程度と考えておいた方が良いと思います。

ここに事前に情報が出ていたRTX2070のRTコア、Tensorコア無しバージョン(GTX1680?)が発売されるのかどうかこちらも注目です。

私はAMDファンですが、NaviというかRadeonに関しては、マーケティングの手法によって夢を見ることが出来なくなりました。(笑

disってるわけでは決してないですが、CPUでいえばBulldozer世代を経験すると、AMDの実力というものが正しく理解できてしまいますので、あまり過剰な期待は抱けなくなります。

特にnVidiaは条件はほぼ同じで、TSMCよりも少し劣っていたGFを無理に使っていたこともあり、RTX2000シリーズまでは致命的なミスを犯して来なかったnVidiaを追い抜くのは難しいのかなと思います。

それでもNaviは性能面では互角だと思いますが、nVidiaの次世代はNavi同様7nmを使ってくるはずです。

そうなればMaxwellからPascal並みの性能ジャンプが起きる可能性もありますので、一世代分のハンデ(正確には1年遅れなので0.5世代ですが・・・)をもらってどこまでnVidiaに追いすがることが出来るのか、現在はそういう勝負になっているということは忘れない方が良いと思います。

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

ハイエンド(性能重視)

世界初の7nmGPU Radeon VII

 

Radeon RX Vega 64

 

Radeon RX Vega 56

 

ミドルレンジ(性能と価格、両方重視)

Radeon RX 590

 

Radeon RX 580

 

Radeon RX 570

"Radeon RX 570"でAmazonを検索する

現在、Radeon RX570は特価品が出ている可能性がありますので、メーカーにこだわらず検索してみることをお勧めします。

 

ローエンド(価格重視)

Radeon RX 560 4GB

 

Radeon RX 550 2GB

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.