CPU情報

AMD Zen 2 5GHz 12コア、4.3GHz 16コアCPUのリークとベンチマーク

更新日:

5月27日の来週月曜日にデビューする予定の、AMDの次世代Zen 2ベースのRyzen 3000シリーズCPUの発表までわずか5日です。

それまでの間、私たちはあなたを楽しまるためのリークがあります。

AMDのRyzen 3000 CPUフラッグシップモデルのうち2つがリークされた。

そして、このリークの筋が通っており、そしてこの情報源が私たちの期待通りならば、これらのチップは絶対的な性能になるだろう。

 

AMD Zen 2 Ryzen 3000 12コア5 GHzおよび16コア4.3 GHz CPUリーク

このリークはAdoredTVのソースの1つによります。これは以前にAMDの次期X570チップセットダイアグラムをリークしたものと同じものです。

漏れ伝わった情報はまた実際にオンラインで発見されたいくつかの独特なRyzen 3000シリーズCPUの特徴とかなり一致しています。

これらすべての製品が公開され、私たちが実際にテストベンチでそれらをテストすることができるようになるまで、今後の情報を割り引いて考えることを強く勧めます。

邪魔にならないようにして、一番おいしい情報を見てみましょう。

問題となっているチップは、4.2 GHzで動作するCinebench R15でベンチマークされた16コアの巨大さと、同社がマザーボードメーカーに示している5.0 GHzのブーストクロックを備えた12コアのスピードデーモンです。

 

AMD Zen 2 Ryzen 3000シリーズ16コア - 3.2 GHzベース、4.3 GHzターボ、全コアで4.2 GHzに対応、ベンチマーク

16のコアパートから始めましょう。

主張されていることに基づいて、このチップは実際には3.2 GHzの基本クロック速度を持ち、4.3 GHzまでしかブーストしません。

しかし、これは、誰かがすべてのコアでそれを4.2 GHzにオーバークロックしてCinebench R15ベンチマークを実行するのを妨げるものではありませんでした。

リークが考えられる場合、Cinebench R15ではすべてのコアで4.2 GHzで動作しているこの16コアが4278ポイントを獲得しました。

それを見通しに入れると、8コアRyzen 7 2700Xは1828ポイントを獲得します。

16コアのRyzen 7 1950X Threadripperは3055ポイントを獲得し、Intelの16コアi9 7960Xは3163ポイントを獲得しています。

実際、4.2 GHzでリークされた16 Core Ryzen 3000チップと互角の値を出すには、4.8 GHz近くにオーバークロックされたi9 7960Xコアが必要です。

これらの結果は、7nmプロセスのおかげでZen 2がより高いクロック速度に加えてIPCを10%以上改善することを示しています。

それを2倍にしたコアと組み合わせることで、AMDのRyzen 3000シリーズは、前任者の2倍のマルチコアパフォーマンスをスタックの上下に容易に提供することができます。

 

AMD Zen 2 Ryzen 3000シリーズ12コア - 5.0 GHzターボ

さあ、Ryzen 3000シリーズの意図されたスピードデーモンの話をしましょう。

これは、まだ知られていない基本クロック速度を持つ12コア製品ですが、箱から出してすぐに5.0 GHzまでブーストしたというものです。

このチップは、マザーボードメーカーには過去の少しの間に周りで見せられていたとされています。

実際、たった2週間前にそのようなチップが存在すること、そしてマザーボードメーカーがそれを見ていることを報告しました、しかしそれがどれほど速くなったのかわかりませんでした。

 

16コアチップのオーバークロック結果が先に進むものであれば、すべてのコアでこれらの12コアRyzensが4.2 GHz +にオーバークロックされていることがわかります。

これら12個のコアが非常に高いクロックとコア数のために、愛好家の間で非常に人気があることに疑いの余地はありません。

私たちは、かなりのゲーム性能と驚くべきマルチコアの暴力で、新しい万能チップを見ることができました。

AMD Ryzen 3000シリーズの噂の仕様&価格

製品名コア数/スレッド数ベースクロックブーストクロックTDP価格(USドル)発表
Ryzen 3 33006/123.2GHz4.0GHz50W$99CES
Ryzen 3 3300X6/123.5GHz4.3GHz65W$129CES
Ryzen 3 3300G6/123.0GHz3.8GHz65W$129Q3 2019
Ryzen 5 36008/163.6GHz4.4GHz65W$178CES
Ryzen 5 3600X8/164.0GHz4.8GHz95W$229CES
Ryzen 5 3600G8/163.2GHz4.0GHz95W$199Q3 2019
Ryzen 7 370012/243.8GHz4.6GHz95W$299CES
Ryzen 7 3700X12/244.2GHz5.0GHz105W$329CES
Ryzen 9 3800X16/32不明不明125W$449CES
Ryzen 9 3850X16/32不明不明135W$499不明

ソース:wccftech - AMD Zen 2 5GHz 12 Core, 4.3GHz 16 Core CPUs Leaked & Benchmarked

AMD Ryzen Logo

解説:

凄い情報が出てきました。

この情報を見たとき「マジかよ・・・」と思わず漏れてしまいました。

なんと、Ryzen3000シリーズ16コア32スレッド、4.2GHzのサンプルがCore i9-7960X 16コア32スレッド、ベース2.8GHz、ターボ4.2GHzと比較したCinebench R15のベンチマーク結果で1000も高いスコアをたたき出したという話です。

さらにこの話には続きがあって12コア版が5.0GHzで動作したという話ですね。

正直言って、「本当なのかな」と思うような凄い情報です。

16コア32スレッドのRyzen3000は4.2GHzで、Core i9-7960Xを4.8GHzにOCした性能に匹敵するという話です。

いやあ凄すぎます。

もはや現行のThreadripper何だったの状態ですよ。

12コア版が5.0GHzで動作したなら、16コア版のターボがきちんと利いていれば同じく5.0GHzで動作させられるわけで、基本的に選別品のThreadripperならば1-2コアくらいのターボなら5.0GHz以上も夢ではないでしょう。

凄いことになってきました。

5月27日のComputexが待ち遠しいですね。

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.