メモリ関係

DDR4メモリのオーバークロック報告が盛んになってきました

更新日:

ADATA XPG SPECTRIX D60GはDDR4-5634 MHzでオーバークロック記録を破る

高性能DRAMモジュール、NANDフラッシュ製品、およびモバイルアクセサリーの大手メーカーであるADATA Technologyは本日、XPGオーバークロックラボ(XOCL)がSPECTRIX D60G RGB DDR4メモリモジュールを新しい記録である5634 MT / sの周波数にオーバークロックしたことを発表しました。

前のレコードは5608 MT /秒でした。 マイルストーンは、LN2冷却構成のIntel Core i9チップセットとMSI MPG Z390I GAMING EDGE ACマザーボードで達成されました。 結果は認証され、HWBOTに掲載されました。

D60Gは、優れたシグナルインテグリティ、信頼性、および安定性のために高品質のチップと金属製のヒートシンクで構築されており、メモリモジュールの寿命を効果的に延ばします。

さらに、インテルエクストリームメモリ(XMP)2.0プロファイルはオーバークロックを簡単にし、システムの安定性を高めます。

BIOSで個々のパラメータを調整する代わりに、ユーザーは自分のPCのオペレーティングシステムを介してそれを正しく行うことができます。

 

面積あたりのRGB LED数
D60Gは、他のどのメモリモジュールよりも面積あたりのRGB LED数が多く、モジュールの表面積の60%以上を占めています。

たっぷりととられたLED発光部分は非常に広く見え、最高の美しさを演出し、そして魅惑的なマルチカラーのフロー効果のユーザー設定との組み合わせはほかの製品より美しく光ることでしょう!

D60Gのユニークな前衛的なスタイリングもまた頭を向けるでしょう。

それは、他の部分の上にカットされているダイヤモンド風の多面的な表面を持つXPG独自のX-lightデザインを含みます。

 

プログラム可能なRGB照明

ユーザーはプログラム可能な照明効果で彼らのゲーム体験をカスタマイズすることができます! それらはパターン、パルス速度、光度などを設定することができます。

XPG RGB Syncアプリを使えば、操作は簡単です。 大手マザーボードメーカーの既存の

RGB調光ソフトウェアをすでにお持ちの場合は、それを使用することもできます。

ソース:techpowerup - ADATA XPG SPECTRIX D60G Breaks Overclocking Record at DDR4-5634 MHz

 

Ballistix DRAMが5726 MT /秒で世界のDDR4オーバークロック記録を破る

マイクロンのゲーミングメモリブランドであるBallistixは現在、公式のオーバークロック世界記録保持者です。

OverclockersはBallistix Elite 3600 MT / sを使用して、最速のDDR 4メモリ周波数用の新しいオーバークロック記録を5726 MT / sの急増で設定しました。

これは、JEDEC DDR4の最大速度である3200 MT /秒より79パーセント速く、現在主流と考えられている2666 MT /秒よりも115パーセント高速です。

スピードランはどうですか? はい、このレコードはBallistixで私たちにとって大きな、大きな、(大きな、大きな)取引です。 しかし、私たちはトップマークをどのように獲得したかについても同じくらい気にかけています。

これまでのほとんどのレコード所有者が使用していたのと同じCASレイテンシ(CL24)を使用できたことを誇りに思います。

さらに、我々は今日ゲーマーに利用可能なBallistix Elite 3600の同じ生産モジュールを使って記録を打ち立てました。

最後まで聞いてください。

記録は5月13日、Overclocked Gaming SystemsのStavros SavvopoulosとPhil Streckerによって、Intel i7-8086K CPU、ASUS Maximus XI Apexマザーボード、そしてもちろん液体窒素冷却システムを使って設定されました。

Savvopoulos氏によると、ベテランのオーバークロックでは、温度がより低く、より細かい他のDRAMがテストされているが、Elite 3600は不満なしに記録を破った。

「これらのBallistix Elite DDR4 3600 MT / sモジュールをオーバークロックするのが驚くほど簡単だったことに驚きました」とSavvopoulos氏は述べました。

「オーバークロックした他のモジュールは気を使う可能性があり、安定性に必要な温度より低い温度で慣らす必要がありますが、極端な電圧と温度の両方ではるかに優れたスケールのMicron Eダイでは経験しませんでした。エクスペリエンスプラグ全体を呼び出してプレイするのは十分に簡単でした。」

Ballistixゲーミングメモリはダイレベルで設計されています。

Ballistixメモリの作成に使用されるコンポーネントは、社内で設計、製造、テストされています。

BallistixとMicronは、同程度の品質管理をゲーマーに提供している、とMicronのConsumer Products Groupの副社長、Teresa Kelleyは述べています。

つまり、液体窒素を使って5000 MT / s以上でオーバークロックするか、あるいは、加速XMPプロファイルで主流の冷却を使用するか、より費用対効果を重視するゲーマーであれば、Ballistix 3600はそのまま使用できます。

ケリー氏は、「この世界記録を破ることで、愛好家コミュニティへの取り組みが強化される」と述べた。 「当社のBallistix製品ラインナップは、ゲーマー、コンテンツ制作者、そして愛好家が切望する高速、低レイテンシ、オーバークロックのヘッドルームを提供します。私たちは、Micron、Crucial、そして、非常に高性能なメモリとストレージポートフォリオの提供に引き続き注力します。 Ballistixのエンジニアは、パフォーマンスの境界を再定義する最先端のテクノロジを提供しようと努力しています。」と述べています。

ソース:techpowerup - Ballistix DRAM Crushes World DDR4 Overclocking Record at 5726MT/s

 

 

解説:

ここに来てメモリオーバークロックの記事が増えてきました。

なんせ、Ryzen3000シリーズはDDR4-5000まで対応するという話が出ていますので、回れば回るほど、「うちの製品は高クロックでも安定して回りますよ」というアピールになります。

このOCメモリを前提にした滅多にないビジネスチャンスを各メーカーが黙ってみているわけはありません。

速度が速ければ速いほど付加価値が高くなり、高額で販売されます。

また、メモリという縁の下の力持ち的な、普段脚光を浴びることがあまりない製品の高性能をアピールする滅多にない機会です。

この機会を逃すメーカーはやる気がないとみなされても仕方ありません。

そういうわけで、Ryzen3000シリーズの販売を見込んで、ADATAとMicronから高性能メモリのアピールが早速始まっています。

金に糸目をつけないで最高性能が欲しいという人は一定数いますので、このアピール合戦に勝利した暁には美味しい果実が待っているものと思います。

 

 

 

 

 

-メモリ関係

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.