GPU情報

NVIDIAはより強力なTU106-410とTU104-410をロールアウトし、2070と2080のグラフィックスカードは同じ価格のため死ぬでしょう

更新日:

Toms HW GermanyとIgorのLab YTチャンネルで、友人のIgorから5月末までにNVIDIAが非A Turingチップの生産を中止することを知りました。

これはゲーマーにとって素晴らしいニュースです。

それは、5月以降、彼らが購入できる唯一のTuringグラフィックスカードがより強力なA-variantとなることを意味しています。

これらの新しいチップはTU104-410とTU106-410と呼ばれます。

 

NVIDIAは非AシリーズTU104とTU106ダイの生産をやめ、すべてのカードはより高品質のAシリーズの変種となり、ファクトリーOC済みになる

まだ知らない人には、NVIDIAは現在そのTuringダイ(RTX 2060、RTX 2070、RTX 2080を動かす)を2つのクラスに分けています:A-variantとnon-Aの亜種。

NVIDIAは非AシリーズTU104とTU106ダイの生産をやめ、すべてのカードはより高品質のAシリーズの変種となり、ファクトリーOC済みになるAクラスと非Aクラスは、低品質のダイではコアが無効になり、通常は同様にクロックが低くなるという歩留まり理論の結果です。

そして、非Aダイと呼ばれています。 この一例は、非A型のTU106-400-A1ダイです。

その一方で、非常に高品質でクロック同期の高いダイはAタイプ(例:TU106-400A-A1)で、現在EVGA XC Ultra GPUシリーズのような工ファクトリー・オーバークロックされたグラフィックスカードで販売されています。

 

同様に、TU104-400-A1は実際にはA以外の変種であり、工場でオーバークロックされていて2つのうちより高価なTU104-400A-A1の変種よりも安く販売されていました。

良い知らせは、NVIDIAが非Aシリーズダイの生産を終了しているだけでなく、それであなたが今すぐAシリーズダイフォームを買うことができるだけであるということです - 彼らはAシリーズダイと同じ価格で売るでしょう。

非Aシリーズの1つ! これは、市場にいるすべてのゲーマーにとっては朗報です。これは、わずか数ヶ月で、より強力なGPUをまったく同じコストで購入できるようになるためです。

 

同様に、TU104-400-A1は実際にはA以外の変種であり、工場でオーバークロックされていて2つのうちより高価なTU104-400A-A1の変種よりも安く販売されていました。

このニュースの良いところは、NVIDIAが非Aシリーズダイの生産を終了しているだけでなく、あなたが今後、Aシリーズダイの製品のみを購入することができるということです- 彼らはAシリーズのダイスを非Aシリーズのダイスと同じ価格で販売します!

これは、市場にいるすべてのゲーマーにとっては朗報です。これは、わずか数ヶ月で、より強力なGPUをまったく同じコストで購入できるようになるためです。

 

新しい亜種はTU104-410とTU106-410 GPUと呼ばれるでしょう。 工場出荷時のオーバークロックは、これらの両方で標準的になるでしょう。

そのため、5月末までにOCされた RTX 2060、2070、2080グラフィックスカードが安くなるでしょう。

2080Tiには現時点で言及はありません。

これはまた、これらが市場に出ているときに、実際にどのTuring GPUを購入しているかについて気をつけるべきであることを意味します。

TU104-400とTU106-400のダイから離れて、TU104-400AとTU106-400A、またはTU104-410とTU104-410のどちらのダイに行ってもどちらでも構いません。

 

NVIDIAのプロセスの歩留まりが向上し、今後数ヶ月のうちに需要と供給が一気に下がり、全般的に価格が下がると予想できることもここに隠された意味合いがあります。

Turingカードは実際には1か月以内にもう少し手頃な価格になるかもしれません。

言い換えれば、あなたがRTX 2060、2070または2080を購入することを計画しているならば。停止してください。

TU104-410とTU-106-410が市場に参入するのを待ってから選びましょう。

ソース:wccftech - NVIDIA Rolling Out More Powerful TU106-410 And TU104-410 Dies At The Same Price For 2070 And 2080 Graphics Cards

 

解説:

RTX2080、RTX2070、RTX2060にはそれぞれ、OCマージンの高い上位版と、標準で動作する下位版があります。

RTX2080はチップ型番TU104ですが、TU-104-400Aが上位版でTU-104-400か下位版となります。

RTX2070とRTX2060はチップ型番TU106となり、これも同様になります。

RTX2060はRTX2070のCUDAコア数を減らしたもの(カットダウンモデル)でRTX2070とRTX2060にもそれぞれ末尾A付きのOC版と末尾A無しの下位版があります。

これが、TU104-410、TU106-410に更新されて、実質、上位版、下位版がなくなるということのようです。

RTX2080Tiについては現行のまま行くということのようです。

更新されたTU104-410、TU106-410は価格が標準版と同じになります。

つまり、現在までに上位版を買った人にとっては実質的な値下げ、現在までに下位版を買った人にとっては同じ価格のオーバークロック可能な製品が出るということになります。

現在、RTX2000シリーズを検討されている人は、OC無しモデルは買わない方がよいです。

事実上の値下げですね。

マイニングブームが終わって、nVidiaが販売に苦戦している様が伺えます。

マイニングブーム以前はGPUは発売から時間の経過とともに値下がりするのが当たり前にだったので、ある意味正常な状況ということになります。

おそらく、これらを更新するきっかけになったのはTSMCがやらかしてダイを大量廃棄したことなんじゃないかと思います。

我々のようなPCニュースウォッチャーやうちのサイトに来るような上級者はこういうものには絶対に引っかからないので、何も知らない人に在庫に残っている下位版が売りつけられるのでしょうね。

まあ、チップの型番なんて普通の人はチェックしませんので、この世界のルールがわからない人にとって何のことだかさっぱりわからんでしょう。

パッケージすらも変わらない可能性がありますので、BTOでゲーミングPCを買って中身の知識はさっぱりないとか普通の人たちに対して意図的に詳細を説明しない作為の不作為で売りつけられるんでしょうねえ。

在庫が余るのはとても困りますので・・・気持ちはわかりますが、見ていてやはりあまり良い気分はしません。

その様が目に浮かびます。

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.