GPU情報

AMD Radeon RX 6950 XT、RX 6850 XT、RX 6750 XT「RDNA 2 Refresh」グラフィックスカードが2022年第2四半期に登場と噂:18Gbpsメモリを搭載したNavi 21 & 22 GPUを搭載。

投稿日:

昨日の噂に続き、AMDが本当にRDNA 2「Radeon RX 6000」シリーズのグラフィックスカードのリフレッシュに取り組んでおり、2022年第2四半期に発売されることが、別のリーカーによって明らかになったようだ。

AMD Radeon RX 6000 'RDNA 2 Refresh' GPUs RX 6950 XT, RX 6850 XT & RX 6750 XT向けのNavi 21 & Navi 22 GPUが2022年第2四半期に発売されると噂されています。

Chiphellの「wjm47196」から来る最新の噂によると、AMDのRDNA 2 refreshは2022年第2四半期に登場し、新しいモバイルの外見と同様に、全く新しいブランディングを特徴とすることが報告されています。

現在言及されている、アップデートされるGPUは2つで、これにはAMD Navi 21とNavi 22が含まれる。

現在、これらのGPUがどの程度アップデートされるのか正確にはわかりませんが、マイナーなものである可能性もあります。

AMD Navi 21 GPUは現在、Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6800を搭載し、Navi 22 GPUはデスクトップ・プラットフォームのRX 6700 XTを搭載しています。

もし、AMDがモバイル向けラインナップと同様のGPU命名規則を採用するならば、2022年第2四半期に登場する後継製品は、Radeon RX 6950 XT、RX 6850 XT、RX 6750 XTと呼ばれることになる。

以前の噂では、これらのカードは18 Gbps GDDR6メモリ・ダイを搭載することが分かっていた。

現在、次期RX 6500 XTとフラッグシップのRX 6900 XT LCを除くすべてのカードは、16Gbpsのメモリ・ダイを搭載しています。

18Gbpsへの引き上げは、より高い帯域幅を提供し、パフォーマンスを2~5%向上させるかもしれないが、それはリフレッシュされたシリーズとの大きな違いを示してはいない。

AMDは、Navi 23 GPUをアップグレードの対象とは考えていないようで、1年以上前に発売されたハイエンド製品に比べ、よりメインストリーム向けの製品であり、最近発売された製品だからだ。

AMDが既存のデスクトップ用GPUに6nm処理を施し、より高い性能効率を引き出すことに成功したのなら、それはそれで価値があったのだが、しかし、そうしたラインアップが今年後半に発売されるという噂はいくつか出ている。

このソフトリフレッシュは、非常に静かなリリースになりそうで、特にAIBカード経由でのみ登場することになりそうです。

また、価格差も小さく、TGPの数値は、より高速なメモリチップの追加により若干上がると予想されます。

これらのGPUは、数カ月後に発売されるIntelのハイエンドGPU「ARC Alchemist」と競合することになりそうだ。以下の表は、AMDが現在提供しているすべてのRDNA 2グラフィックスカードを示している。

AMD Radeon RX 6000シリーズ「RDNA 2」グラフィックスカードラインナップ:

グラフィック
カード
AMD Radeon
RX6400
AMD Radeon
RX6500XT
AMD Radeon
RX 6600
AMD Radeon
RX 6600 XT
AMD Radeon
RX 6700 XT
AMD Radeon
RX 6800
AMD Radeon
RX 6800 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
AMD Radeon
RX 6900 XT
Liquid Cooled
AMD Radeon
RX 6900 XTX
GPUNavi 24 (XL)?Navi 24 (XT)?Navi 23 (XL)Navi 23 (XT)Navi 22 (XT?)Navi 21 XLNavi 21 XTNavi 21 XTXNavi 21 XTXHNavi 21 XTXH
製造プロセス6nm6nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm7nm
ダイサイズ107mm2107mm2237mm2237mm2336mm2520mm2520mm2520mm2520mm2520mm2
トランジスタ数不明不明110.6億110.6億172億268億268億268億268億268億
演算ユニット数12162832406072808080
SP数768102417922048256038404608512051205120
TMU数/ROP数48/3264/32112/64128/64160/64240 / 96288 / 128320 / 128320 / 128320 / 128
ゲームクロック2039 MHz2160 MHz2044 MHz2359 MHz2424 MHz1815 MHz2015 MHz2015 MHz2250 MHz未確認
ブーストクロック2321 MHz2815 MHz2491 MHz2424 MHz2581 MHz2105 MHz2250 MHz2250 MHz2345 MHz2435 MHz
FP32演算性能3.5 TFLOPs5.7 TFLOPs9.0 TFLOPs10.6 TLOPs13.21 TFLOPs16.17 TFLOPs20.74 TFLOPs23.04 TFLOPs24.01 TFLOPs24.93 TFLOPs
メモリ容量・種類
インフィニティ
キャッシュ
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
4 GB GDDR6
+ 16 MB
Infinity Cache
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
8 GB GDDR6
+ 32 MB
Infinity Cache?
12 GB GDDR6
+ 96 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
16 GB GDDR6
+128 MB
Infinity Cache
メモリバス幅64-bit?64-bit?128-bit?192-bit192-bit256-bit256-bit256-bit256-bit256-bit
メモリクロック14Gbps18Gbps16 Gbps?16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps16 Gbps18 Gbps18 Gbps
メモリ帯域幅112GB/s144GB/s256 GB/s?256 GB/s384 GB/s512 GB/s512 GB/s512 GB/s576 GB/s576 GB/s
TDP53W107W132W160W230W250W300W300W330W350W
価格$143 US?$199 US$329$379$479 US$579 US$649 US$999 US~$1199 US~$1199 US

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6950 XT, RX 6850 XT, RX 6750 XT ‘RDNA 2 Refresh’ Graphics Cards Rumored For Q2 2022: Navi 21 & 22 GPUs With 18 Gbps Memory

 

 

 

解説:

RX6950、RX6850が発売される?

先日お伝えしたRDNA2のrefreshの続報が出ました。

RX6900XTをRX6950で、RX6800XTをRX6850で置き換える計画のようですね。

大正のダイはNavi21とNavi22を使っているもので末尾にXTが付くのかどうかはわからないようです。

速度は上がっても2-5%と予想されています。

半導体産業を取り巻く状況はRDNA2やAmpere発売当初から大きく悪化していますので、やはり、性能を上げるというよりは価格を改定するという意味合いが強いのではないかと思います。

Ampereと比較すると生産数が少なく、利益率も低いと思われますので仕方ないのかなと思います。

いずれにしても両メーカーのGPUとも希望小売価格は有名無実化されている状態です。

最近だと特に、RTX3080 12GBの価格はびっくり仰天ですね。(苦笑

この辺はRadeonでも起きており、RX6900XTよりも品薄のRX6800/XTの方が高くなったりしています。

今のところ価格の具体的なリークは出ていませんが、RX6900XTやRX6800/XTを現行の価格で購入されたい方は続報を待ってから素早く買ったほうが良いかもしれません。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.