GPU情報

Intel Xe GPUはハードウェアによるレイトレーシングをサポート

更新日:

Intelは、ドイツのFMXでかなり大きなものを発表しました。

彼らのXe GPUアーキテクチャは、レイトレースのハードウェアアクセラレーションをサポートするということです。

DXRに関してはこのアーキテクチャがTuringと同等であり、ソフトウェアやGPGPUアクセラレーションに依存するソリューション(Pascalシリーズのような)よりもはるかに優れているため、これはかなり大きな問題です。

レイトレーシングは現在最先端のテクノロジであり、消費者市場向けにはまだ初期段階にありますが、現時点ではデータセンター分野には非常に大きな影響があります。

 

Intel Xeはレイトレーシングをサポートします

レイトレーシングは、データセンター市場で大きな影響を及ぼします。

ピクサー映画のような予算の大きい映画の光線追跡は、100%正確なので伝統的にCPU上で行われます。

しかし残念ながら、それらはまた桁違いに遅いです。

GPUレベルの速度で高レベルの精度(できれば100%)を提供できるGPUソリューションが存在する場合、これはすぐに革命を起こすでしょう。

FMXで行われた発表の概要は以下のとおりです。

 

FMXでは、Intel Graphics関連のニュースがIntelに公開されます。


データセンターに最適化されたレンダリングのXeアーキテクチャロードマップには、インテル レンダリングフレームワークのAPIファミリとライブラリのレイトレーシングハードウェアアクセラレーションサポートが含まれます。

XeLLENCEのインテル グラフィックス・ビジュアライゼーション研究所(インテル GVI)を設立し、3つの設立機関(ユタ大学、テキサス大学、オースティン、およびシュトゥットガルト大学)を選択しました。 インテルレンダリングフレームワーク、大規模グラフィックスと視覚化。
インテル Open Volume Kernel Library(2019年第3四半期にリリース予定)の導入によるインテルレンダリングフレームワークの構築 - ボリュームレンダリングのサポートを強化 - 科学的なビジュアライゼーションとハイエンドデジタルコンテンツの作成に欠かせない機能。

 

IntelはFMXでCPUのレンダリングパフォーマンスについても話しましたが、これは単なる反復的な改善であり、レイトレーシング用のハードウェアアクセラレーションを備えたXeデータセンターGPUほど革命的なものではありません。

さて、会社がPIXARやそれに類するものについて話していたことを考えると、私がはイトレーシングを実装することが非常に高く、100%近い正確さを特徴としていると思います。

それが100%だと想像することはできません。もしそうであれば、CPUレンダリング業界は、最初のXe GPUが登場するとすぐに完全かつ取消不能なほどに混乱するでしょう。

100%に近いレイトレーシング精度は、低予算の映画製作を可能にし、映画産業における高品質アニメーションのための敷居を著しく低くするであろう。

実際、平均的な素人はおそらくCPUとGPUレイトレーシング画像の違いを見分けることは不可能だと思うでしょう。

言うまでもありませんが、これは非常にエキサイティングなことであり、私たちはこのテクノロジがGPUの消費者向けラインナップの一部であることを確実に期待できます。

 

完全なプレスリリースは以下の通りです。

インテル Xeアーキテクチャーのコンピュートおよびグラフィックス・プロセッサーで「指数関数」を考える

インテル アーキテクチャー・プロセッサーは、ビジュアルエフェクトやアニメ映画のためのエンドツーエンドのクリエイティブプロセスを推進する、柔軟で大容量のメモリ対応のパフォーマンスエンジンです。

現在利用可能なGPUには、メモリサイズの制限や、それほど洗練されていない「厄介なほどに並列な」ラスタライズされたグラフィックス使用モデルのための長年の磨き上げによるパフォーマンスなどのアーキテクチャ上の課題があります。

スタジオは、布、液体、髪の毛などの複雑な物理処理、さらに光線追跡による光の物理的モデリングによって、最大限のリアリズムを実現し続けています。

これらのアルゴリズムは、並列およびスカラー混合コンピューティングの恩恵を受けながら、ますます増大するメモリー占有スペースを必要とします。

最善の解決策は、計算タスクが最も適切な処理リソースに分配される全体的なプラットフォーム設計を含みます。

 

David Blytheの最近のブログでは、現在開発中の私たちのエキサイティングな新しいインテル Xeアーキテクチャーについての最初の洞察を提供しました。

インテル Xe アーキテクチャーは、インテル Xeon プロセッサーの継続的なロードマップをまとめるものとして設計されています。

デービッド氏が彼のブログを締めくくったときに、「今後数カ月間にインテル Xeアーキテクチャーの詳細を共有することを楽しみにしています。」と発表しました。

インテル レンダリング・フレームワーク・ファミリーのAPIおよびライブラリーに対するハードウェア・アクセラレーション・サポートのトレース。

 

インテル レンダリング・フレームワークのオープンソース製品をベースにしたグラフィックスおよびレンダリング・ソリューションへの既存の投資は、これらの柔軟で高速化されたプラットフォームの指数関数的なパフォーマンス上の利点にシームレスに対応します。

さらに、レンダリングを超えた様々なシミュレーション計算のための一般的な計算技術としての光線追跡が急速に成長している。

自分の言葉で簡潔に言えば、包括的なソフトウェアとコンピューティング環境を作成してワークフローを最大化し、指数関数的な利益を得ることで「トランジスタを後に残さない」ことです。

 

パートナーシップとコミュニティ:XeLLENCEのインテルグラフィックスおよびビジュアライゼーションインスティテュートを発表

高度なグラフィックスおよびビジュアライゼーション機能が、プロフェッショナルなレンダリング、科学的ビジュアライゼーション、および仮想デザインコミュニティに広く利用可能であることを保証するために、インテル XeLLENCE(インテル GVI)の設立をサポートしています。 3つの世界クラスの創立機関が選ばれました:

 

- ユタ大学のScientific Computing and Imaging Institute(SCI)。クリス・ジョンソン博士の支援を受けています。

- オースティンのテキサス大学にあるKitware、IncのTexas Advanced Computing Center(TACC)。Paul Navratil博士とBerk Geveci博士の支援を受けています

- シュトゥットガルト大学ビジュアライゼーション研究所(VISUS)。Ing. E. h. Thomas Ertl博士とrer. nat. Guido Reina博士の支援を受けています。

 

これらの機関は、インテルレンダリングフレームワーク、大規模グラフィックスおよびビジュアライゼーションに関連してすでに重要なオープンリサーチおよびオープンソースの貢献をしており、すべてのクリエイティブおよび科学コミュニティがインテル Xeをより有効に活用できるように力を尽くします。

アーキテクチャ対応プラットフォーム 私はあなたがこれらの機関の成果を追跡し、彼らが持っている革新的なアイデアや解決策を追求することを強くお勧めします。

 

「ビジュアライゼーション、イメージング、科学計算の世界的リーダーであるScientific Computing and Imaging(SCI)研究所は、Intelグラフィックスとビジュアライゼーションインスティテュートオブセレンスの創立グループの一員として選ばれたことに興奮しています。 将来のインテルXeアーキテクチャー製品がビジュアル・コンピューティングをさらに強化するために展開されるにつれて、インテルおよびインテルGVIセンターと共同で進行中の研究とオープンソースの貢献を楽しみにしています。

- ユタ大学サイエンティフィック・コンピューティング&イメージング研究所創設ディレクター、クリス・ジョンソン博士

 

「シュトゥットガルト大学のVISUSでは、増え続けるデータのインタラクティブな視覚化を可能にするために、現代のハードウェアを利用する新しい方法を常に模索しています。ソフトウェア定義の視覚化を利用したインテルレンダリングフレームワークでは、OSPRayレイトレーシングによって視覚的な忠実度を劇的に向上させながら、HPCシステムにアプローチを取り入れ、インタラクティブなパフォーマンスを維持することができました。インテルグラフィックスアンドビジュアライゼーションインスティテュートオブエクセレンスとしての地位、およびさまざまなコンピューティングプラットフォームに対応したインテルXeアーキテクチャの利用能力により、私たちは最も包括的な目標を反映したさらに包括的なアプローチを可能にします。それぞれの長所を最大限に引き出すリソース。明日の急速に拡大するデータセットサイズのためのシームレスな双方向性と視覚的品質を通して発見とユーザーエンゲージメントを可能にします。私たちは、グラフィックスとビジュアライゼーションへのインパクトのある研究の貢献を提供する態勢を整えている、選ばれた数少ない基本的なインテル GVI機関の1つになることを非常に楽しみにしています。

- シュトゥットガルト大学ビジュアライゼーション研究センター長(VISUS)、研究および上級大学院教育担当副学長、Thomas Ertl。

 

TACCは、KitwareおよびIntelとのパートナーシップを継続し、科学者が高性能で忠実度の高い視覚分析ツールを提供して、結果をよりよく理解し、よりよく伝達できるようにすることを光栄に思います。 インテルがXellence InstitutesのIntel Graphics and Visualization Institutesを通じた画期的なビジュアル分析作業をサポートすることで、発見ワークフローの早い段階でより強力な分析が可能になります。 インテルレンダリングフレームワークと将来のインテルXeアーキテクチャー製品を使用することで、インテルGVIセンターは強力なインタラクティブ分析が基礎となるレンダリングアーキテクチャーと無関係に達成できることを実証します。

- テキサスアドバンストコンピューティングセンターのビジュアライゼーションディレクター、Paul Navratil博士。

 

「Kitwareは、インテルグラフィックスアンドビジュアライゼーションインスティテュートオブセレンスのパートナーになることを楽しみにしています。 インテルIGVIとの共同作業を通じて、将来のインテルXeアーキテクチャー製品の機能を含めることで、ParaViewやVisualization Toolkit(VTK)などのアプリケーションでパートナーおよびユーザーのエクスペリエンスを向上させることを楽しみにしています。」

- Berk Geveci、Scientific Computingシニアディレクター

 

インテル レンダリング・フレームワーク、インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー、そして将来的にはインテル Xeアーキテクチャーを活用するインテル グラフィックス・ビジュアライゼーション・インスティテュートオブゼクスおよびその業界パートナーとのコラボレーション。 インテルは、高忠実度スタジオ資産作成のためのリーダーシップソリューションの提供を継続していきます。

詳しくは、次のURLをご覧ください。

インテル レンダリング・フレームワーク:http://software.intel.com/IntelRF
インテル Xeon スケーラブルプロセッサー:http://www.intel.com/xeonscalable

ソース:wccftech - Intel Xe GPU Supports Ray Tracing Through Hardware

 

解説:

intleの単体GPUであるXeがレイトレーシングをサポートするという話です。

翻訳で力尽きたので簡単にいきます。

intelの単体GPUはもともとサーバー向けだったのですが、これを見るとものすごくアカデミックな印象を受けます。

これがどんなふうに我々のところまで下りてくるのかということを考えると今のところのこの内容を見るだけではあまり想像はできません。

一応、intelの提供するシステムによって映画製作における実写と見分けのつかないレベルのレイトレーシングを使ったCGの製作費がかなり安くなること、今までCPUで処理していた演算をGPUで処理することによって飛躍的に高速化することなどが読み取れます。

システムとしてはRTXと性質がほぼ同じものだということのようですね。

このシステムはゲーム用のGPUとして我々のところにも降りてくるものと思いますが、これでnVidia、Intelともにハードウェアのレイトレーシングアクセラレーションを実装することになります。

残りはAMDということですが、AMDはPS5やXbox、STADIAという特殊な販路を持っているので、レイトレーシングの実装にどこまで前向きなのかはちょっとよくわからないです。

少なくとも今までのAMDのCEO、リサおばさんの発言を見ていると、あまり積極的なようには思えませんでした。

まあ、わたくしの予想ではNaviにはレイトレーシングは実装されていないというものですが、実は実装されていてソニーとの契約で対外的には発表できないだけなのかもしれません。

この辺は自社製品にもNaviを入れる予定のマイクロソフトも妙に触れてこない部分なので少し気になりますね。

 

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.