その他

BIOSTARのComputex2019ティーザーページにX570マザーボードとみられる製品が掲載される

更新日:

BIOSTAR、AMD Ryzen 3000、Zen 2 7nm CPU用の次世代X570 Racingシリーズマザーボードを採用 - アクティブPCHクーリング

BIOSTARは次世代AMD AMD Ryzen 3000シリーズプロセッサをサポートするX570チップセットを搭載の彼らの今後の主力AM4マザーボードのティーザーページを公開した。

X570ボードは、マザーボードメーカーがX570マザーボードをそれぞれのComputex 2019ブースに展示することを確認するPRの中で公開されていました。

 

BIOSTAR X570 RacingシリーズマザーボードはPCIe Gen 4.0対応の次世代AMD Ryzen 3000 CPU用に開発されています

描かれているマザーボードはBIOSTARからのラインX570レーシングシリーズ製品のトップであるようです。

レーシングシリーズのラインナップの一部であるシルバーのアクセントを持つフルブラックカラーのテーマが特徴のようです。

VRMは2つの金属製のフィンヒートシンクで冷却されており、4つのDDR4 DIMMスロットの横にAM4 CPUソケットがあります。

マザーボードのバッテリートレイは、I / Oカバーのすぐ隣にあり、複数の拡張カードを使用している場合は、バッテリーへのアクセスが面倒になる可能性があるため、アプローチが簡単になります。

 

BIOSTARは、低ノイズのためにオフまたはオンになった場合にユーザーが切り替える機能を提供する予定です。

I / Oでは、DisplayPort、HDMI、DVI、PS / 2、4つのUSB 3.1 Gen1、2つのUSB 3.1 Gen 2(Type-A + Type-C)、1つのGigabit Ethernet LANポート、 7.1チャンネルのHDオーディオジャック。

BIOSTARのX570 Racingマザーボードは非常に堅実な選択肢のようです。 PRを読んでわかることから、BIOSTARのブースには複数のX570マザーボードが展示されることになると思います。

 

第4世代のRACINGシリーズと次世代のゲーミングソリューション

高性能マザーボードのBIOSTAR RACINGシリーズは、性能と美学のための最新の技術を特徴としています。 BIOSTAR RACINGシリーズは、安定性と信頼性の高いパフォーマンスを求めるゲーマーやパワーユーザーを対象としています。 BIOSTARは、次世代のAMD Ryzenプロセッサを搭載した第4世代のRACINGシリーズのデモを行い、ゲーム、エンターテインメント、そしてプロフェッショナルな用途での機能を強調します。

BIOSTARより

 

AMD CPU Roadmap (2018-2020)

RyzenファミリーRyzen 1000 SeriesRyzen 2000 SeriesRyzen 3000 SeriesRyzen 4000 Series
アーキテクチャーZen (1)Zen (1) / Zen+Zen (2)Zen (3)
製造プロセス14nm14nm / 12nm7nm7nm+
ハイエンドサーバー(SP3)EPYC 'Naples'EPYC 'Naples'EPYC 'Rome'EPYC 'Milan'
最大サーバーCPUコア/スレッド数32/6432/6464/128不明
ハイエンドデスクトップ(TR4)Ryzen Threadripper 1000 SeriesRyzen Threadripper 2000 SeriesRyzen Threadripper 3000 Series (Castle Peak)Ryzen Threadripper 4000 Series
最大ハイエンドデスクトップCPUコア/スレッド数16/3232/6464/128?不明
メインストリームデスクトップ(AM4)Ryzen 1000 Series (Summit Ridge)Ryzen 2000 Series (Pinnacle Ridge)Ryzen 3000 Series (Matisse)Ryzen 4000 Series (Vermeer)
最大メインストリームデスクトップCPUコア/スレッド数8/168/1616/32不明
APU[GPU内蔵](AM4)無しRyzen 2000 Series (Raven Ridge)Ryzen 3000 Series (Picasso) Zen+?Ryzen 4000 Series (Renior)
発売年2017201820192020

Gigabyte / AORUSはまた、Computex 2019で、独自の次世代AMD X570マザーボードを展示する予定です。

来月には、5月26日に開始するComputexの取材にご期待ください。 AMD自身が5月27日にComputexのオープニングで基調講演を行い、Ryzen 3000シリーズとX570マザーボードの正式発表を迎えます。

ソース:wccftech - BIOSTAR Teases Next-Gen X570 Racing Series Motherboard For AMD Ryzen 3000, Zen 2 7nm CPUs – Features Active PCH Cooling

 

 

解説:

各社のComputex Taipei 2019のティーザーページにRyzen3000シリーズ、X570に関する情報がちらほらと出てき始めているようです。

Gigabyteあたりになると写真までは公開していないようですが、いつもガバガバでintelやAMDからゴルァされまくっているのではないかと心配しているBIOSTARは今回もかなり攻めていて、X570搭載製品とみられるマザーボードの写真をティーザーページにそのまんま載せており、「守秘義務?何それウマイの?」的なテイストが感じられます。

「これ、またAMDに怒られるんちゃう?」と他人事ならが心配してしまうほどギリギリまで攻めており、「ああ、いつものBIOSTARなんだな」と安心できる状況になっています。

まあ、私は買いませんけど(笑

実際、今年はintelがパッとしないこともあり、ASUSやGigabyte、MSIといったマザーボード御三家が初っ端からガンガン攻めてくることが予想されているので今のうちしかBIOSTARみたいなマイナーメーカーには出番がないのかもしれません。

私も、発売日即ゲットしたいので、今から予約させてくれるところないかなと思っています。(笑

まあ、製品の型番もわからない状態では無理っぽいですが、X470の時のことを考えるとASUSはMini-ITXで突っ込んでくると思いますので何とか発売日に手に入れたいです。

Core i9-9900Kの時のような失敗は避けたいです。

下はBIOSTARの例の画像です。

おそらく真ん中に移っているマザーがX570搭載マザーボードだと思います。

※クリックで別Window・タブで拡大します。

 

参考:

Comuptex Taipei 2019公式ページ(会期:2019年5月28日-6月1日)

BIOSTARのComputex Taipei 2019ティーザーページ

Reditに公開されたGigabyte AUROSのPromo素材

 

Ryzen 3000シリーズ発売!

Ryzen9

Ryzen 7

Ryzen 5

 

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.