GPU情報

NVIDIA GeForce Game ReadyドライバがGTXカードでRTXをサポート - RTXタイトルのパフォーマンスベンチマーク発表、GTX 1660 TiがGTX 1080と同じ速さ

更新日:

NVIDIAはついにGeForce GTX GPU上でMicrosoftのDXR APIをサポートすることを可能にする最新のGeForce Game Ready WHQLドライバをリリースしました。

最新のドライバは先月NVIDIAによってGDC 2019で発表され、RTX以外のグラフィックカードでもリアルタイムの光線追跡効果をレンダリングすることができます。

現在入手可能なドライバにより、GeForce GTX GPUの所有者はいくつかのトップAAAタイトルでリアルタイムレイトレーシング機能を試すことができます。

 

NVIDIA、最新のGeForce Game Ready WHQLドライバを発表 - GeForce GTXクラスGPUのレイトレーシングを可能に、最初のベンチマークを発表

GeForce Game Ready 425.31 WHQLドライバを使用すると、この機能を動作させるのに必要なMicrosoft DXRリアルタイムレイトレーシングAPIをサポートします。

これを可能にするために、あなたのグラフィックスカードを動作させるドライバーを必要としていました。そして今、NVIDIA GeForce Game Ready WHQLは以下を含むGeForce GTXとより古いTitan GPUのサポートを提供します:

 

  • GeForce GTX 1660 Ti
  • GeForce GTX 1660
  • NVIDIA TITAN XP (2017)
  • NVIDIA TITAN X (2016)
  • GeForce GTX 1080 Ti
  • GeForce GTX 1080
  • GeForce GTX 1070 Ti
  • GeForce GTX 1070
  • GeForce GTX 1060 6GB
  • 同等のPascalおよびTuringアーキテクチャGPUを搭載したノートPC

 

GeForce GTXでDXRを有効にすると、開発者はRTXの機能拡張を搭載していないシステム用にゲームを最適化する柔軟性を得ることができます。

それはまた、これまでGeForce RTXカードに限定されていた機能のより広い採用を可能にするでしょう。

今指摘しておくべき1つのことは、機能の有効化とそれをうまく実行させることは別々のことです。

 

Battlefield Vはレイトレーシング反射を利用し、Metro ExodusはGlobal IlluminationとAmbient Occlusionを利用し、Shadow of The Tomb Raiderは影を使います。

これらすべての機能を一度に実行することによるパフォーマンスコストは、今のゲームタイトルでそれらを価値のある選択肢にするには大きすぎるため、レイトレーシングパフォーマンスが実現するまで1、2世代待つのが良いと思います。

 

もう1つは、ハイテクデモでのみ利用可能な高度な反射と影の別の層があり、そのうちのいくつかは現在利用可能になっているもので、下記のものが含まれます。

 

  • Atomic Heart RTX技術デモ - Atomic Heart技術デモはMundfishの美しく詳細な技術デモで、光線追跡反射と影、およびNVIDIA DLSSテクノロジを備えています。
  • Justice tech demo - Justice tech demoは中国出身で、光線追跡反射、影、およびNVIDIA DLSSテクノロジーを備えています。リアルタイムのレイトレーシングがコースティクスに使用されたのは今回が初めてです。
  • Reflections技術デモ - Reflections技術デモは、ILMxLABおよびNVIDIAと共同でEpic Gamesによって作成されました。反射は、光線追跡反射、光線追跡エリアライトシャドウ、光線追跡周囲オクルージョン、およびNVIDIA DLSSテクノロジを紹介する、見事で機知に富んだデモで、ゲームの映画の未来をのぞき見します。

高度な機能はすでに非常にGPU集約的なベンチマークである3DMark Port Royalで目撃されています。

NVIDIAによると、アンビエントオクルージョンとグローバルイルミネーションは多くの光線を必要とするので最も高価なテクニックです。

影と反射もパフォーマンスが重いですが、それらは主にサーフェスタイプとシーンに含まれるライトの数/タイプによって異なります。

これはゲーム開発者が最適化の目的で調整することができ、最近のアップデートでBattlefield Vでも実装されました。

 

わかりました、それでは、皆さん、数字を見て興奮するでしょうね。
それではどうぞ:

NVIDIA GeForce RTX / GeForce GTXパフォーマンスベンチマーク(ゲーム):

 

画像は元記事で確認してください。

 

パフォーマンスチャートに見られるように、GeForce RTXカードは広範囲のシナリオでかなり大規模なRTXアクセラレーションを提供します。

これがすべてRTX特有のGPUアーキテクチャの強化によるものです。

同時に、GeForce GTX 1660 Tiは、計算能力が低いにもかかわらずGTX 1080とほぼ同じ速さであることもわかります。

NVIDIAが述べる理由は、Turing GPUアーキテクチャを備えたGeForce 16シリーズカードは、RTコアやTensorコアを備えていないにもかかわらず整数演算には多くのことがあるので、浮動小数点コアと整数コアの両方をレイトレーシングレンダリングに利用できるからです。

そのようなGPU側のアップグレードのおかげで、彼らはまだより良いパフォーマンスを提供することができます。

 

また、シングルタイトルShadow of The Tomb Raiderで1440pで30 FPS以上を配信できた唯一のカードは、平均で34 FPSのGTX 1080 Tiでした。

これはDLSSなしのRTX 2060と一致しましたが、解像度と設定はRTX以外のカードでRTXタイトルを実行するときに考慮する必要があると思います。

私は1080pがスイートスポットになると信じていますが、違いを見てRTXカードを手に入れる価値があるかどうかを評価するためにこの機能を試してみたいという人にだけです。

このドライバを使えば、RTX以外のカードでRTXタイトルをテストできます。また、間もなく高解像度の設定を試してみることもできます。

 

解説:

非RTXのGTX16000系やPascalでもDXRをオンにできるドライバが公開されました。

これでGTX1660/TiでもRTXをオンにできます。

TuringはDXRの実行でも同グレードのPascalよりかなり有利なようでGTX1660Ti=GTX1080と同程度の性能があるようです。

RTコアが無いとレイトレーシングが実行できないというようなマーケテイング上の文法があったようですが、特になくても遅くなるだけで実行自体は可能という、RTXが普及しなかったからnVidiaはどうするんだ的な心配は全くの杞憂で、逆に最後までこの事実を伏せていたnVidiaにいっぱい食わされたという感じです。(笑

 

まあ、あればあったでよいとは思いますが、現時点では無理してまで買うようなものではないという感じでしょうか。

やはり、FullHDで快適なゲーム体験がしたいというだけならばGTX1660Tiくらいからがベストバイなのかなと思います。

RTXが無意味とは言いませんが、現状、早すぎる技術であることは確かなのでしょう。

同時に言えば、ドライバさえ対応すればRadeonVIIでもNaviでもレイトレーシングは可能ということになります。

 

ただし、4KゲーミングということであればやはりRTX2080TiクラスのGPUが必要なのかなと思います。

今年に入ってからGoogleがStadiaを発表し、RTXやDLSSに関する熱もかなり落ち着いてきた気がします。

今後どうなるのかは注目ですが、製品の派手なロンチが終わった後は、ひたすら地道な対応作業が続いていきます。

是非nVidiaには信用して高価なRTXシリーズを早期購入したユーザーを裏切らないようにしていただきたいです。

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.