GPU情報 その他

NVIDIA、GeForce 10およびGeForce 16シリーズ、GeForce GTX 1060以降でDXRリアルタイムレイトレーシングサポートを有効に - 4月に発表予定のドライバ

投稿日:

レイトレーシング対応の数少ないデモであるPortRoyal

 

NVIDIAは、PascalベースのGeForce 10シリーズグラフィックスカードでMicrosoft DXRリアルタイムレイトレーシングサポートを有効にすることを発表しました。

この発表は、Jensen Huang氏のGTC19基調講演の中で、より広いGPU市場で新しいAPIと、AAAタイトルでゲーマーにもたらされる素晴らしいレイトレーシング機能を利用できるようにしたいと述べているという基調講演で発表されました。

 

NVIDIA GeForce 10およびGeForce 16シリーズグラフィックスカードがMicrosoft DXRリアルタイムレイトレーシング機能をサポート、4月に発表予定

CES 2019で、NVIDIAは非G-SYNCパネル上のすべてのGeForceカードで利用可能なVESA Adaptive-Sync技術を有効にしました。

この発表は、現在多種多様なモニタから選択することができるゲームコミュニティから喜ばれて受け取られました、そしてFreeSyncパネルを動かしているそれらは、互換性のあるGeForceグラフィックスカードでスムーズで裂け目のないゲームを手に入れます。

 

Come GDC 2019、NVIDIAは現在、以前に新しくリリースされたTuring GPUベースのグラフィックカードにロックされていた別の機能を有効にしています。

これは、既存および今後のゲームタイトルでリアルタイムのレイトレーシング機能を可能にするMicrosoftのDXR APIのサポートです。

GeForce 10シリーズのカードから始めて、Pascalベースのラインナップはまだ大衆の間で広く普及しており、大きなユーザーベースを持っています。

ただし、これまでサポートが利用できなかったため、Pascalの所有者はDXR APIを使用できません。

 

NVIDIAは、4月にPascal GeForce 10シリーズおよびTuring GeForce 16シリーズグラフィックカードのDXRサポートを可能にする新しいGeForceドライバをリリースすると発表しました。

最新のドライバを通じてサポートされるカードは以下の通りです:

 

  • NVIDIA Titan V
  • NVIDIA Titan XP
  • Titan Titan X
  • NVIDIA GeForce GTX 1080 Ti
  • NVIDIA GeForce GTX 1080
  • NVIDIA GeForce GTX 1070 Ti
  • NVIDIA GeForce GTX 1070
  • NVIDIA GeForce GTX 1060 6 GB
  • NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti
  • NVIDIA GeForce GTX 1660

このドライバは、それぞれのGPUを搭載したNVIDIA GeForceおよびMax-Qベースのノートブックもサポートするため、Pascalグラフィックスカードに興奮するはずです。

NVIDIAによると、これらのRTX以外のカードはすべてリアルタイムレイトレーシングをサポートしますが、機能はアーキテクチャ上調整されたRTXグラフィックカードで可能なものより少ない光線数とともに基本RT効果に制限されます。

レイトレーシング反射などの機能は問題なく機能しますが、レイトレーシングベースのグローバルイルミネーションなどのより負荷のかかる効果には、多大な馬力とRTXが登場する場所が必要です。

 

4月に発表する次期ドライバーは前述のカードのためのDXRのサポートを可能にするでしょう、そしてDXRとの既存のゲームは最新のNVIDIA GeForceドライバーでちょうど問題なくカードをサポートするでしょう。

ただし、このドライバはハードウェアベースの機能であり、Tensorコアを使用することによってのみ可能となるため、RTX以外のカードでのDLSSサポートは有効になりません。

 

Microsoft DXRサポートを有効にすることに加えて、NVIDIAは今週Vulkanレイトレーシングサポートのための拡張機能をリリースすることを確認したので、Vulkan APIのリアルタイムレイトレーシング機能を利用する開発者および将来のタイトルはGeForceハードウェアでそうすることができるでしょう。

それ以外に、NVIDIAはまた、DXRサポートがUnreal Engine、Unity、そして最近リアルタイムレイトレーシングへのよりオープンなアプローチをデモしたCRYENGINEのような主要なゲームエンジンに着手したことを発表しました。

 

NVIDIAはまた、Turingがリアルタイムレイトレーシングでシーンをレンダリングする際に、さまざまなリソースをどのように割り当てるかについての興味深い洞察を共有しました。

例としてMetro Exodusを取り、PascalとTuringの両方を比較しました。 最速のPascalゲーミンググラフィックスカードであるGTX 1080 Tiは、 10TFLOP 以上の計算能力を誇る巨大な競合製品だが、1440pの解像度で18 FPSしか使用できません。

純粋な生のFP32性能に基づいて、光線追跡を有効にしてMetro Exodusで60 FPSを提供するスケールアップされたバージョンのPascalは、最終的にダイサイズ1324 mm 2の650 W、350億トランジスタチップとなり、合計44 TFLOPになります。 FP32の計算能力。 簡単に言えば、それは実用的なアプローチではありません。

そのため、TuringとインテリジェントRTとTensor Coresの組み合わせで、NVIDIAはモンスターGPUを作成する必要はありませんが、代わりに、優れたレイトレーシングパフォーマンスを実現しながら、より合理的なGPUにスケールダウンできます。 続いて、Metro ExodusのPascalおよびTuring GPUの単一フレームの内訳を見ることができます。

 

そのため、TuringとインテリジェントRTとTensor Coresの組み合わせで、NVIDIAはモンスターGPUを作成する必要はありませんが、代わりに、優れたレイトレーシングパフォーマンスを実現しながら、より合理的なGPUにスケールダウンできます。 続いて、Metro ExodusのPascalおよびTuring GPUの単一フレームの内訳を見ることができます。

 

最初のセクションでは、フレームをレンダリングするためにFP32コアにのみ依存するGTX 1080 Tiを使用しています。

そのためにはかなりの時間がかかります。 対照的に、RTコアはありませんがINT32コアがあるTuring RTX 2080では、フレームのレンダリングに必要な時間がほぼ半分になります。

すべてのコア(FP32、INT32、RT、Tensor)を使用したTuringに移行すると、Pascalがフレームをレンダリングするのに要した合計時間のほぼ1/4になります。

 

最後のセクションを詳しく見てみると、ピークのFP32とINT32が12のTFLOPのComputeに対してのみ責任を負い、RTコアが23TFLOPとおよそ9TFLOPのTensorコアをそれぞれのレンダリングパフォーマンスで可能にしていることがわかります。

合計すると、これらすべてのコアを組み合わせることで、Metro Exodusで1440pの解像度で60 FPSを実現するために必要な44TFLOPをTuringで実現できます。

これは、NVIDIAが現在共有している非常に興味深いデータであり、うまくいけば、ユーザーや開発者がレイトレーシングが将来のタイトルにどのように組み込まれるのかについてもっと学ぶのに役立ちます。

ソース:wccftech - NVIDIA Enables DXR Real-Time Ray Tracing Support on GeForce 10 and GeForce 16 Series, GeForce GTX 1060 and Above – Drivers Available in April

 

解説:

当サイトの参考記事

Crytek Demos Noir、AMD Radeon RX VegaでのCRYENGINEベースのリアルタイムレイトレーシングデモ - ほとんどの主流、現代のAMDおよびNVIDIA GPUで実行可能

Metro Exodus開発チーム:次世代ゲーム機でもレイトレーシングが可能、RTコアは唯一の方法ではない

GTC2019でRTX無しのレイトレーシングについて話が出たようです。

CRYENGINEのようなRadeonでもレイトレーシングが可能なゲームエンジンが出たことに対するこれがnVidiaの解答なのかなと思います。

4月のドライバでおおむねGTX1060 以上の性能を持つPascalとGTX1600シリーズについてはDXRへの対応を行うということのようですね。

これでRTコアが無くてもレイトレーシングに対応可能ということになります。

当サイトでは何度も何度もRTXとDXRは同一のものではないと繰り返してきましたが、ここを混同していると今回の話は訳が分からないでしょう。

この機会に

DXR=Windows10でレイトレーシングを実現する仕組み

RTX=nVidiaのレイトレーシングハードウェア支援機能でDXRを利用する

と理解しておきましょう。

当然ですが、ドライバが対応すればRadeonでも(性能はともかく)レイトレーシングを実行可能ということになります。

性能は上で説明してある通り、GTX1080TiをもってしてもWQHDで18FPS程度のようです。

 

2019年のキーワードはRTX無しのレイトレーシング対応になりそうな感じです。

RTX無しの場合、やはり表現が簡略化されるようです。

レイトレーシングベースのグローバルイルミネーションなどのより負荷のかかる効果には、多大な馬力とRTXが登場する場所が必要です。

と訳文中にある通り、RTX無しでもレイトレーシングの実行は可能ではあるが、処理に制限がかかり、現実的ではない性能しか出ないということのようです。

 

この話はすでに4gamerさんでも出ており、やはり、ゲームメディアだけあってこの手の話には敏感のようですね。技術的な詳細はそちらを見ていただいた方がわかりやすいと思います。

CRYENGINEがどの程度の表現に対応しているかわかりませんが、かなり注目を浴びていると思いますので、今後、徐々に明らかになっていくと思います。

4gamerさんの記事は私も読みましたが、やはり現時点ではどの程度のものになるかわからないということのようです。

こういったことを見るとnVidiaはやはり対応が速いなあと思います。

 

これだけでは芸がないので、nVidiaがなぜ慌ててこのような対応をしてきたか考えてみます。

RTX無しのレイトレーシング対応に関してはうちのサイトではMetro Exodusの開発者が触れた記事が一番最初だと思います。

その後、先日のCRYENGINEの話が出て、一気にPascalのDXR対応という話になったように感じます。

 

DXRを推進するマイクロソフトとしてはnVidiaがDXRを独占するのは好ましくないというのが基本的なスタンスであると思います。

正確に言えば、nVidiaがDXRをRTX2000シリーズを売るためのマーケティングツールに使うのを快く思っていないと思います。

また、同社のゲーム機であるXboxにはNaviが搭載されることが確定しておりますので、できるだけたくさんのGPUにDXRに対応させたいというのが本音でしょう。

そこにRadeonにも対応したレイトレーシング対応のCRYENGINEが出てきて、一気にPascal系列の一定の性能を持つGPUもDXRに対応させるという話になったのではと思います。

CRYENGINEがDXRを利用しているのかどうかよくわかりませんが、ソフト側でRTXを無視してレイトレーシングを実現させる仕組みが浸透してしまうとnVidiaとしては困りますので、慌てて過去のGPUも対応させ、レイトレーシングの世界での序列がRTXシリーズの方が上であると位置づけしたいように見えます。

CRYENGINEがレイトレーシングのデファクトスタンダードになってRadeonでもレイトレーシング実行が当たり前になるというのがnVidiaにとって悪夢のシナリオでしょう。

以前からずっと繰り返していますが、ソフトはマンパワーがカギなので、RTX無しのレイトレーシングにマンパワーが集中するとnVidiaとしては非常に都合が悪いのだと思います。

 

PCの世界は基本的にオープンですので、こんな風に市場を独占しようとする動きには必ずカウンターが入るのが面白いです。

これでレイトレーシングがRTX2000シリーズの独占という芽はなくなったとみることができます。

今回の情報ではレイトレーシング上での高度な表現に関してはRTXに一日の長があるということのようです。

今回の台風の目になったCRYENGINEが一大勢力になるのか、ほかのゲームエンジンがその機能を取り込んでしまうのかどうなるのかまでは現時点でははっきりしませんが、nVidiaがRTXを普及させるためにはこれまで以上にソフトウェアをサポートしていかないと難しくなったとだけは言えると思います。

今後の話の進み方によってはRadeonでも(特にNaviでは)レイトレーシングの実行に対応してくる可能性が高いと思います。

この辺でAMDが中心になって、RTX無しでレイトレーシングで60FPS出せるゲームエンジンなり、表現の規格なりを作れば少しはRadeonに流れが向くと思いますが、まあ、AMDだし難しいでしょうね。(笑

一見してnVidiaが暴利をむさぼっているように感じる方もいると思いますが、市場のトップを走る企業はそれなりのリーダーシップを取っているものです。

AMDファンには複雑ですが、やはりRadeonにはもう少し頑張ってほしいかなと思います。

今回は私が注目している話題でしたので速報形式とさせていただきました。

今回の話はゲームの世界にかかわっているならば新製品のリーク情報と同じくらい注目度の高い話だと思います。

 

 

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.