GPU情報 その他

NVIDIAのディスクリートGPU市場シェアは81.2%に増加、AMDは2018年第4四半期に18.8%に減少 - 10年以上のAIBにとって最悪の第4四半期

投稿日:

nVida:ねえねえ今どんな気持ち?

 

Jon Peddie Researchによる最新のディスクリートGPU市場シェアレポートが公開されており、NVIDIAがAMDと比較して2018年第4四半期に市場の大部分を獲得したようです。

先週、3社すべてからのGPU出荷台数が報告されたが、この報告書はデスクトップおよびノートブックセグメントで使用されているAIC(アドイン)ディスクリートグラフィックスカードをカバーしている。

 

NVIDIAのディスクリートGPU市場シェアは81.2%に上昇、AMDのシェアは2018年第4四半期に18.8%に急落

JPRによると、最新のレポートは2018年第4四半期の市場シェアをカバーしています。

前四半期中に、全体的なGPU出荷台数は2.65%(四半期ごとに)減少したと言われています。

同四半期中、GPUの出荷台数は3.3%(年/年)減少し、デスクトップグラフィックスは20%(年/年)減少し、ノートブックの出荷台数は8%(年/年)増加した。

これらの数字を考えると、この第4四半期(2018年)は市場を打つには最悪であり、10年平均の11.59%増を下回ると伝えられています。

GPUメーカー18'Q418'Q317'Q4
AMD18.825.733.7
nVidia81.274.366.3
合計100100100

Jon Peddie Researchの社長兼創設者であるJon Peddie博士は、次のように述べています。

その結果、チャンネルには在庫が多すぎて負担がかかりました。

これは第4四半期のディスクリートGPUの販売に影響を及ぼしており、第1四半期にも第2四半期にも明らかになるでしょう。19

Jon Peddie Researchの創立者で社長のJon Peddie博士は、次のように述べています。

「しかし、今四半期、AIBの出荷台数は前四半期から10.7%減少しました。これは10年平均の2.3%減少を下回るものです。これは主に暗号マイニングゴールドラッシュのハングオーバーによるものです。」

Jon Peddie Researchより

 

しかし、同四半期のPC出荷台数は1.61%の微増となりました。

これは、常に堅調なDIY市場と、これらの悲惨な時期にPCの購入を促すAAAタイトルの流入を示す良い兆候です。

 

  • ディスクリートGPUはPCの27.78%にあり、前四半期からは-3.83%減少しました。
  • PC市場全体は、前四半期比で1.61%増加し、前年同期比では-3.79%減少しました。
  • ディスクリートGPUを使用するデスクトップグラフィックアドインボード(AIB)は、前四半期から-10.75%減少しました。
  • 第4四半期のタブレットの出荷台数は前四半期から変わっていません。

NVIDIAが500ドルのUS +セグメントを目指した最初のTuringベースのGeForce RTX 20シリーズグラフィックスカードを発表したことで、前四半期にいくつかの開発が行われました。

AMD Radeon 590も、より主流のセグメントアプローチで前四半期に発売されました。

今四半期は、GeForce RTX 2060、GeForce GTX 1660 Ti、および近日発売予定のGTX 1660いずれも米国内市場の350ドル未満の市場を目指すもので、3つのメインストリームおよび価格重視の層で、NVIDIAと最終的に競合することになる可能性があります。

一方、AMDは、Radeon VIIグラフィックスカード、699USドルの絶対性能演算器を使用して、ハイエンド側を強化することに重点を置いていました。

しかし、NaviアーキテクチャをベースとしたRXの主流カードは、2019年第3四半期頃に発売される予定です。

NVIDIAが今後数カ月間リードを維持できるかどうかを見るのは面白いでしょう。

ソース:wccftech - NVIDIA Discrete GPU Market Share Grew To 81.2%, AMD Fell To 18.8% During Q4 2018 – Worst Fourth Quarter For AIBs in Over 10 Years

ノックダウンされるAMD

 

解説:

先日のマーケットシェア情報は内蔵GPUを含むGPU全体のシェアでしたが、今回はディスクリートGPUつまりは単体GPUだけのものです。

参考:JPR市場シェアレポート:ディスクリートGPU市場が2018年第4四半期に3.3%減少、AMDの出荷台数が6.8%減少、NVIDIAが7.6%減少

これによると、nVidaが81.2%、AMDが18.8%と過去最悪の数字になったということです。

よらば大樹の影志向は日本だけではないらしく、すでにAMDのGPUは一部のマニアかゲーム以外の用途しか需要がないことを端的に表していることと思います。

私は常々「ゲーム用としてはRadeonは勧められない」と言っていますが、数字ではっきりと表れていると言ってよいと思います。

nVidaはRTXシリーズの非常に高額な高性能版しか出さないいわゆる「なめプ」をしていましたが、結果を見れば一目瞭然、「なめプ」をしてもAMDを圧倒していたということです。

Pascalから乗り換える人たちが少なかっただけだったということのようです。

メルカリ・ヤフオクなどの個人売買市場を見ると、多数のマイニング落ちGPUが出品されており、マイニングバブル終了の余波もあったと思われます。

昨年同期のシェアと比較すると1/3から1/5以下にシェアを減らしているのですから、危機的な状況と言ってもよいと思います。

にもかかわらず、7nmの生産でNaviを後に回すという話が出るのですから、今のAMDにとって単体GPU市場はあまり重要ではないのかもと思わせるには十分な結果でしょう。

今のAMDにとってはNaviはゲーム機のGPU(APU)に採用され、すでに利益が出ることが確定していますので、PC向けの単体GPUは後に回しても別に構わないといった感じなのかもしれません。

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

-GPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.