GPU情報

高性能ゲーミングPC向けディスクリートグラフィックスカード「Intel Arc Alchemist」を発表、限定モデルを2022年夏より販売開始

投稿日:

インテルは、2022年夏に発売されるArc Alchemist Aシリーズのラインアップの中で、初のデスクトップ用ディスクリートグラフィックスカードを正式に発表しました。

Intel初のディスクリートゲーミンググラフィックスカード「Arc Alchemist A-Series」は2022年夏に発売予定

インテルARC Alchemistグラフィックスカードは、YouTuberのMoore's Law Is Deadによって初めて視覚的にデモンストレーションされました。

Intelの新しいカードは、もともとエンジニアリングサンプルとして最初に見たときは、細長い緑色のプリント回路基板を持つ黒いカバーが展示されていました。

その後、モダンなシルバーの美学で紹介されましたが、最新のショットでは再びブラックカラーのシュラウドが表示されています。

最終的なカードは、以前見たプロトタイプと非常によく似ていますが、「Limited Edition」ブランディングのため、よりプレミアムな外観を採用しています。

この新しいIntel Arc Alchemistディスクリートグラフィックスカードは、ブラックカラーのデュアルファン冷却技術が供給されており、以前のリーク写真と同じレイアウトにマッチしています。

これらの新しい写真では、3つのDisplayPortコネクタと1つのHDMI接続を使用するI/Oブラケットのより顕著なビューがあります。

Intelは、新しいARC Alchemistが最新のDisplayPort 1.4a & HDMI 2.0bインターフェイスをサポートするグラフィックスカードアーキテクチャを開始することを確認した。

 

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

プリント基板には、8枚ものメモリモジュールが表示されています。

このことから、このカードはおそらく16GBモデル(Intelの新ラインのフラッグシップモデルとされる)なので、32個のXeコアを持つArc ACM-G10 GPUをフル活用するフラッグシップグラフィックスカードArc 7 A780のプレミアムバリエーションである可能性が高いと思われる。

※ 画像をクリックすると、別Window・タブで拡大します。

 

エンジニアリングサンプルには、デュアル8ピンコネクタが搭載されており、カード全体の仕上げも素晴らしいものとなっているのがわかります。

また、側面にはLEDで照らされた「Intel Arc」ロゴが施されています。

このディスクリートグラフィックスカードのラインナップは、2022年夏に発売される予定であり、私たちが以前聞いた5月から6月の噂と一致しています。

ソース:wccftech - Intel Arc Alchemist Discrete Graphics Card For High-Performance Gaming PCs Unveiled, Limited Edition Variant Launches Summer 2022

 

 

 

解説:

デスクトップ向けARC Alchemistは8月発売

3/30のロンチはノートPC向けオンリーなので、ガン無視していたのですが、デスクトップ向けは8月発売になるようです。

9月にはRTX4000シリーズが発売されることになっていますので、残念ながら、競争力はほぼ0と言ってもよい状態になってしまいます。

外観は確かにかなり格好が良いと思います。

しかし、問題は中身だと思います。

同じ6nmのRembrandtやRX6500XTは1月に早々にロンチしていますので、スケジュール的には1月でも十分にロンチできたと思いますが、残念ながらそうなりませんでした。

Intel初の高性能ゲーミングGPU製品ですから、その発売までの道のりにはかなりの紆余曲折があったのだろうと思いますし、携わった担当社員の方々は最大限の努力をされたと思いまし、その努力には敬意を払いたいところです。

しかし、タイミング的にはかなり厳しい微妙な製品になってしまったということになります。

完全にファン向けのアイテムと言うことになるのでしょう。

わざわざ低価格用のTSMC6nmを使っているということなので、ぜひとも価格は勉強していただきたいところです。

そうでないとさすがに販売は苦しいと思います。

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.