GPU情報

NVIDIAは伝えられるところによれば彼らの次期GeForce GTX 1660 Tiグラフィックスカードの3 GBモデルを準備しています - 最初のTuring TU116ダイ写真がリーク

更新日:

 

ダイの写真はVideocardz.comにあります。

 

NVIDIAは、GeForce GTX 1660 Tiグラフィックスカードで予想されるよりも多くのモデルを準備しているようです。

来週発売予定のグラフィックスカードはおよそUS $279の値段を目指していると思われますが、もしこの噂が真実であれば、我々はさらに安い変種を期待することができますが、わずかな犠牲を払う必要もありません。

NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti 3 GBモデルがもうすぐ発売される可能性 - チューリングTU116 GPUダイの初見

そのため、この記事で取り上げるべき興味深いことが2つあります。まず、3 GBモデルです。

NVIDIA、あるいは少なくとも彼らのAIBが、3 GBのVRAMを搭載したGeForce GTX 1660 Tiグラフィックスカードを提供するようです。

私達が今知っている参照モデルは6 GB GDDR6 VRAMを特徴としていますがEECウェブサイトに記載されているように3 GB GDDR6 VRAMの変形もあるかもしれません。

3 GBのVRAMを搭載するモデルには、Videocardzによってコンパイルされた以下のものが含まれます。

  • ASUS DUAL-GTX1660Ti-3G
  • ASUS DUAL-GTX1660Ti-A3G
  • ASUS DUAL-GTX1660Ti-O3G
  • ASUS EX-GTX1660Ti-O3G
  • ASUS PH-GTX1660Ti-3G
  • ASUS PH-GTX1660Ti-O3G
  • ASUS TUF-GTX1660Ti-3G-GAMING
  • ASUS TUF-GTX1660Ti-O3G-GAMING
  • ASUS TURBO-GTX1660Ti-3G

 

これらのモデルはすべてASUS製で、同じモデルも6 GBの種類があります。

ASUSからの6 GBラインナップはさらにASUSが提供しなければならない最高のカスタムモデルであるROG STRIX AdvancedとROG STRIX OCエディショングラフィックスカードを特徴とします。

GeForce GTX 1660 TIの価格は2月22日に到着するとUS $ 279になる見込みです。

※ クリックで拡大します。また、EECの該当ページはこちら

 

AIBが3 GBモデルの価格を229ドルの米国市場に近づけることができれば、それは確かに興味深い選択肢になるでしょうが、6 GBモデルと比較すると、VRAMが主な犠牲になっていることがわかります。

これは、高解像度や高解像度のテクスチャを多用するゲームタイトルでどもる※可能性があります。

※ VRAMが足りなくなってゲームの画像データが溢れて、ゲームが遅くなることを暗喩しているものと思われる

このモデルがAIBに限定されるのか、それともNVIDIAからも販売されるのかも分からない。

現時点では、モデルはAIBのみであり、一部の市場で利用可能になる予定です。

GeForce GTX 1660も3月下旬に発売される予定で、価格は199米ドル近くです。 正直なところ、NVIDIAがこれらのカード、GeForce GTX 2050 TiとGeForce GTX 2050に名前を付けるだけの方が良かったでしょうが、20シリーズのラインナップがRTXブランドの一部であることを考えると、名前の変更が必要でした。

GeForce RTX 2060 FEGeForce GTX 1660 Ti 6GBGeForce GTX 1660 6GBGeForce GTX 1660 3GB * (今回確認済)
GPUネームTU106TU116-400TU116-300TU-116-300
CUDAコア数19201536 *1280 *1280 *
Tensorコア数240無し無し無し
RTコア数30無し無し無し
テクスチャユニット数12096 *80 *80 *
ベースクロック1365 MHz1500 MHz1530 MHz1530 MHz
ブーストクロック1680 MHz1770 MHz1785 MHz1785 MHz
メモリ容量・種類6GB GDDR66GB GDDR66GB GDDR53GB GDDR5
メモリバス幅192-bit192-bit192-bit192-bit
メモリクロック7000 MHz6000 MHz4000 MHz4000 MHz
ROPs48不明不明不明
L2キャッシュ容量3 MB不明不明不明
PCBナンバーPG160PG161PG165PG165
TDP160 W不明不明不明
トランジスタ数108憶トランジスタ不明不明不明
ダイサイズ445 mm²不明不明不明
SLI無し無し無し無し

=確認済み

最後に、GeForce GTX 1660 TIのGPUまたはTuring TU116-400-A1を初めて見ました。

これは、Videocardzによって投稿されたGPUを初めて見たものです。

このチップは、GeForce RTX 2060およびRTX 2070に搭載されているTU106ダイよりもはるかに小型です。

これは、新しいダイがRTXカードに搭載されているTensorおよびRTコアを実際に削除することを意味します。

GeForce GTXカードの主なテクノロジおよびアーキテクチャ機能となるシェーディングパフォーマンスについて特に話してみると、Pascalと比較してコアあたり平均50%改善されたシェーディングパフォーマンスを見ているようです。

これは全体的なパフォーマンスの向上ではなく、Turingが前のシェーダーパフォーマンスを向上させる割合です。

以前のリークでは、GTX 1060よりも20〜30%パフォーマンスが向上していましたが、最終的なパフォーマンス結果を確認するには、さらに情報が必要になります。

このチップの性能、サーマル、クロック、そしてこの特定のGPUの効率が、AMDのミッドレンジ製品である競合製品(RX 580 / RX 590)と対比してどうなるかを見るのは非常に興味深いでしょう。

ソース:wccftech - NVIDIA Reportedly Preparing 3 GB Models of Their Upcoming GeForce GTX 1660 Ti Graphics Card – First Turing TU116 Die Shot Leaks Out

解説:

GTX1660Tiに3GBが存在するという話です。

正直、3GBだとゲームによってはFullHDでもVRAMが足りなくなるので3GBはあまりイケてないというイメージが強く、あまり食指が伸びなかったニュースなのですが、そうでない人もいると思いますので、一応翻訳しました。

199USドルということなので日本円だとおおよそ31,840円程度ということになり、安いのがいいという人にとっては良い選択なのかなとも思います。

これより下のGTX1650はCUDAコア数896ともいわれており、やはりかなりの性能差が存在することになると思いますので予算の厳しい方は、GTX1650を買うくらいならこっちを買った方がよいとは思いますが・・・・。

Tensorコアに関しては搭載してるかも?という情報を以前記事中で触れましたが、ロシアの小売店からの情報なので間違っていた可能性が大です。

あとは何気に今まで2月15日と報じられていたGTX1660Tiの発売日が2月22日(あくまで予定)とさらっと書いてあります。

まあ、2月22日に発売ならばRTX2060までの例に倣うなら、一週間前に当たる今日あたり、nVidiaから何らかの情報があってもよいと思いますけどねえ・・・。

こういうのはリーク情報を扱う身としては脱力します。

 

 

nVidia RTX2000/GTX1600シリーズGPU

 

新製品RTX2000SUPERシリーズ

GTX1600SUPER

 

ハイエンド(性能重視)

 

ミドルレンジ(性能と価格のバランス重視)

 

エントリー(価格重視)

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.