GPU情報

新しいNVIDIA GeForce RTX 2080 Tiカスタムモデルの登場 - MSI Lightning Z、ZOTACのArcticStorm、およびColorfullのiGame RNG

更新日:

NVIDIAのAIBパートナーは、GeForce RTX 2080 Tiグラフィックスカード用の一連の新しいカスタムモデルで新年を始めることを計画しています。

ボードパートナーは最高性能のカードを最後までラインナップし、RTX 2080 Tiは長い間発売されており、CES 2019が急速に近づいているので、製造業者にとって彼らの主力製品を発表する絶好の機会のとなっています。

 

MSI、ZOTAC、Colorfullから近日発売のハイエンドNVIDIA GeForce RTX 2080 Tiカスタムモデル


このリストには、NVIDIAのトップクラスのAIBパートナー、つまりMSI、ZOTAC、およびColorfulが含まれています。

3つの製造業者すべてが2019年発売の製品を用意していて、Colorfulから紹介しましょう。

彼らは正式に彼らの新しいGeForce RTX 20 RGNシリーズグラフィックスカードを明らかにしました。

正式には、残りのカードはそれぞれの製造元からリークされているか、すでに情報が引き出されているということです。

 

CorlorfullのGeForce RTX 2080 Ti RNG - グラフィックスカード用のフルカラーLCD

Videocardzによって投稿された、CorlorfullのGeForce RTX 20 RNGシリーズはRTX 2080 TiとRTX 2080グラフィックスカードの両方を含みます。

仕様は既存のFounders Editionと似ていますが、唯一の違いはクロックです。 Colorful iGame GeForce RTX 2080 Ti RNGは、箱から出して1740 MHzで動作します。

2.5スロット設計をサポートし、カバーがPCBを超えて延びるトリプルファンクーラーを備えています。

グラフィックスカードは、ヒートパイプを介して接続された2つの別々のブロックのように見える大きなアルミニウムフィンヒートシンクアレイを使用します。

 

カードは3つの8ピンコネクタによって動かされて、前部の覆いとカードの前面と後部のチームの署名でRNGクランのまわりで市販されている派手なバックプレートを二重のシェードカラーを使います。

ディスプレイ出力には、トリプルDisplayPort、シングルHDMI、およびシングルUSB Type-Cポートがあります。

背面にはOC BIOSを有効にするためのダイヤルもあります。

このカードの際立った特徴は、明らかにiGame Zone IIアプリケーションと互換性があって、あなたが望むなら、それはあなたのためにGIFをループできるという、カードのいくつかの気の利いた詳細を特徴とする2インチのフルカラーLCDを持ちます、

 

MSIのGeForce RTX 2080 TI Lightning Z - グラフィックスカードの雷神!

私たちみんなが見てみたいMSIのカードが1枚あれば、それがLightningです。 MSIのLightningグラフィックスカードは、製造元からの主力製品であり、オーバークロックシーンで最高のものです。

GeForce RTX 2080 Ti用のLightning ZモデルのPCBがHWBOT(Via Videocardz)のオーバークロッカーによってリークされているため、MSIはTuringでハイエンドのLightningバリエーションを提供するという伝統を継続するようです。

 

その外観から、MSI GeForce RTX 2080 TiライトニングZはLN2オーバークロックのために全力を挙げて設計されたカスタムPCBです。

19フェーズのVRM設計を採用し、起動に3つの8ピンコネクタを利用します。

さらに微調整するためにカードの裏側に3つの追加のコネクタがありますが、これは通常のユーザにとってはほとんど役に立ちません。

また、MSI GeForce RTX 2080 Ti Lightningには、GTX 1080 Ti Lightning Zで使用されていたVRMヒートシンクの新しいリビジョン、今回はフルカバーデザインが搭載されているようです。

ヒートパイプは前回と同じ寸法のようです。

 

クロック速度とそれ以外のクーラーは描かれていませんが、最高2450 MHzのクロック速度で動作していることが判明しました。

クーラーは、トリプルファンレイアウトのGaming X Trioに似ているかもしれません。

Gaming X Trioはそれ自体が非常に印象的でクールなデザインですが、MSIは現時点でLightning Zを最善のソリューションでさえも際立たせることを知っています。

 

ZOTACのGeForce RTX 2080 Ti ArcticStorm - フルオンカスタムループ、水冷ソリューション

私はこの世代、私達はAIBによってグラフィックカードの上にいくつかの本当にユニークで美しいフルカバー、完全にカスタムのウォーターブロックの実装を見たことがあると思います。

それらのうちの1人であるAORUSはとんでもなく格好良いAORUS Xtreme Waterforceデザインです。

ZOTACは、GeForce RTX 2080 Ti ArcticStormを使用して、独自のフルカバーウォーターブロックソリューションを提供することを計画しています。

 

グラフィックスカードは、RGBのタッチで照らされたシュラウドと露出面を備えた本当に素晴らしいデザインスキームを持っています。

現時点で利用可能な仕様はありませんが、Videocardzはカードが来週始まるCES 2019で発売されるであろうと述べています。

ソース:wccftech - New NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti Custom Models On The Horizon – MSI Lightning Z, ZOTAC’s ArcticStorm and Colorful’s iGame RNG

 

 

解説:

RTX2080TiのカスタムモデルがnVidiaのパートナー主要三社から発売されるということです。

Colorfullは怪しげなSSDを発売して日本で評価が地に落ちていますが、ほかの二社はnVidia GPUカードのそれなりの地位を占めています。

翻訳していて「あれっ」と思ったのはColorfullのGPUには2インチのLCDがついているという説明がありますが、元記事の画像を見るとわかりにくいですが、確かに2インチの液晶がついています。

何か激しく無駄のような気がします。光物が好きな方にはよいのかもしれません。

Zotacの水冷に関しては日本ではGPUの水冷があまり一般的でないこともあってあまり出回らないと思いますが、MSIのLightning Zはある程度で回ると思います。

ただし、Lightning Zはあっという間になくなるのでほしい方は早めにゲットしておいた方がよいでしょう。

RTX2000シリーズと言えば気になるのは突然死ですが、nVidiaの中ではすでに解決済みということなんですかねえ。

新しい製品を発売するのもよいですが、ユーザー本位の姿勢を崩すとアメリカの場合、政府機関や弁護士など業界の外から突っ込まれることはよくあるので、そうした手痛い反撃を食らって莫大な補償を要求されたりなどされないようにしてほしいところです。

最近まで突然死の報告は続いていたので、原因と問題が終わったなら終わったとはっきり発表してほしいところです。

 

 

-GPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.