GPU情報

AMD Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6700 XTの価格が希望小売価格レベルに戻り、今すぐ購入する大きな理由となります。

投稿日:

AMDのRDNA 2グラフィックスカード、Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6700 XTがようやく再入荷し、希望小売価格での購入が可能になりました!つまり、ゲーミングPCのグラフィックスアップグレードを計画していた方は今がチャンスです

AMD Radeon RX 6900 XT、RX 6800 XT、RX 6700 XTが希望小売価格で購入可能に、レッドチームが購入の理由をリストアップ!

AMDは間もなくRadeon RX 6X50 XTラインでRDNA 2ラインナップを一新し、RDNA 3が今年後半に小売店頭に並ぶ予定ですが、現在のラインナップは依然として非常に高性能で、古いグラフィックカードからまだアップグレードしていない人には、今すぐアップグレードすべき理由がたくさんあります。

そこで、カードそのものについてだが、Radeon RX 6000「RDNA 2」のラインナップの中から、絶対にお得なものを紹介しよう。

Radeon RX 6900 XT(米国希望小売価格999ドル 参考価格)

  • PowerColor Red Devil Radeon RX 6900 XT:アマゾンで1049.99ドル
  • ASRock Radeon RX 6900 XT PHANTOM GAMING $1059.99@Newegg
  • MSI Gaming Radeon RX 6900 XT:Neweggで1069.99ドル
  • Sapphire NITRO+ RADEON RX 6900 XT SE:Neweggで1079.00ドル

Radeon RX 6800シリーズ(579ドル~649ドル 米国希望小売価格参考価格)

  • ASRock Radeon RX 6800 Phantom Gaming $799.99(Neweggにて
  • Sapphire 11304-03-20G Pulse Radeon RX 6800 XT:859.00 ドル(Amazonにて
  • XFX Speedster SWFT 319 Radeon RX 6800 XT CORE。アマゾンで899.99ドル

Radeon RX 6700 XT(米国希望小売価格479ドル 参考価格)

  • ASRock Radeon RX 6700 XT Challenger:528.99(Newegg にて)
  • XFX SPEEDSTER SWFT309 Radeon RX 6700 XT:Neweggで569.99ドル)
  • PowerColor Fighter Radeon RX 6700 XT:Amazonで569.99ドル)
  • GIGABYTE Radeon RX 6700 XT EAGLE:Neweggで569.99ドル)

AMDは、古いGPUからアップグレードする正当な理由、特にAdrenalin Driverスイートで新たに導入された機能をいくつか挙げています。

AMD Radeon RX 6000シリーズ・グラフィックス・カードは、レイトレーシング、コンピュート、ラスタライズド・エフェクトの強力なブレンドにより、ビジュアルを新しいレベルの忠実度に引き上げ、次世代の高性能ゲームを後押ししています。

Radeon 6000シリーズ・グラフィックス・カードは、AMDを搭載したゲーム・システムを強化するために、以下のような最新のテクノロジーと機能拡張をサポートしています。

  • AMDソフトウェア:Adrenalin Edition - AMDソフトウェア・スイートの最新アップデートにより、Radeon Super Resolutionテクノロジー、アップデートされたAMD Linkアプリケーション、Radeon Image Sharpeningなど、AMD搭載システムでのゲーム体験の可能性を最大限に引き出す高度で革新的な機能を提供します。
  • Radeon Super Resolution (RSR) - AMD FidelityFX Super Resolutionテクノロジーと同じアルゴリズムで構築されたドライバー内空間アップスケーリング機能で、AMD RDNAアーキテクチャベースのディスクリートグラフィックスにネイティブに近い解像度と高いパフォーマンスを提供します。
  • AMD Smart Access Memory Technology (SAM) - AMD Radeon RX 6000シリーズグラフィックスカードと一部のAMD RyzenデスクトッププロセッサーおよびAMD 500シリーズマザーボードを組み合わせたときに、AMD Ryzenプロセッサーが高速GDDR6グラフィックスメモリ全体にアクセスできるようにして、高いパフォーマンスの実現を可能にするものです。
  • AMD FidelityFX Super Resolution (FSR) 2.0 - 2022年第2四半期に発売予定のFSR 2.0は、AMDの人気で広く採用されているオープンソース、クロスプラットフォームのオリジナルアップスケーリング技術の次の進化版で、すでに80以上のゲームでサポートされているか、近々発売される予定です。時間データと最適化されたアンチエイリアシングを使用して、専用の機械学習ハードウェアを必要とせずに、ネイティブ解像度と同等またはそれ以上の画質を実現しながら、対応ゲームのフレームレートを向上させることができます。

現在、希望小売価格レベルに戻っているのは、AMD Radeonグラフィックスカードだけでなく、NVIDIA GeForceカードも同じであることは指摘しておく価値があります。

NVIDIAは最近、「Restocked and Reloaded」マーケティング・キャンペーンを開始しましたが、これについては、こちらで詳しく説明しています。

結局のところ、これは、ゲーミング・グラフィックスカードを手に入れるために長い間待っていたゲーマーにとって、特に希望小売価格での購入という点で、素晴らしいニュースです。

ソース:wccftech - AMD Radeon RX 6900 XT, RX 6800 XT, RX 6700 XT Prices Come Back To MSRP-Level & Here’s Some Great Reasons To Buy Them Now

 

 

 

解説:

アメリカでRDNA2の各モデルが希望小売価格に近い価格まで下がっているようです。

しかし、この時期と言うのはいかにも痛いです。

日本ではあまり下がっている感じはないです。

元々日本ではRadeonはあんまり人気がありませんから、そんなに高値で売っているという印象はありません。

RDNA2 RefleshはRDNA2の現行モデルを置き換えるという話ですから、旧モデルになる前に投げ売りが始まっていると考えるのかな妥当です。

日本でこれ以上価格が下がるのかどうか迄ははっきりわかりませんが、下がったら買ってみるのも面白いかもしれませんよ。

元々、RX6900XT辺りは日本では全く人気がありませんでしたから、RX6800/XTとほとんど変わらない価格であるか時には安い値段で売られていました。

今までマイニング需要で高値が付けられていたGPUの価格が下がることは良いことだと思いますので、値下がりするならば歓迎ですが、あと半年もすると次世代モデルが出ますので、購入を検討されるならばよく考えた方が良いです。

 

 

 

AMDのGPU Radeonシリーズ

Radeon RX 6X50シリーズ

Radeon RX 6000シリーズ

 

※ SAPPHIREはAMD Radeon専業のメーカーであり、Radeonのリファレンス的なメーカーです。

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.