その他

韓国のゲーム大手ネクソンが売り出される

投稿日:

Nexon(TYO:3659)は、すべての点で、ゲーム業界における巨大な存在です。

2017年12月31日までの2017会計年度に、同社は2,349億円の収益、約22億ドルを生み出しました。

当期純利益は568億円となり、約5億5000万ドルとなりました。

売上高では、Nexonは世界のトップ10のゲーム会社のほんの一部に過ぎません。

したがって、当然のことながら、親会社NXC Corpの創設者であり所有者であるKim Jung-juが、彼が会社で保有しているすべての株を売却することを明らかにしたことはショックです。

 

ロイターが報じたように、Nexon GT Co Ltd(KOSDAQ:041140)やNat Games Co.(KOSDAQ:225570)などのNexon子会社の株式は、この発表の後、株価が上昇した。

NXC社が所有する47%のNexonは急上昇した後も安定して推移し、その後市場が開放されると下落した。

Kim Jung-ju氏、妻のYoo Jung Hyun 氏および関連当事者はNXC社の98.64%を売却すると報じられています。

これは約10兆ウォン、約89億ドルと評価されています。

この売却の莫大な規模の結果として、それらを完全に買う余裕がある買い手は非常に限られるでしょう。

Electronic Arts、Netmarble、Tencentが潜在的な買い手として報告されています。

 

まだ何も確認されていないが、Dexsche BankとMorgan Stanleyが売却の引き受けをしており、Nexonの従業員はInvenGlobalに「NexonとNXCにはまだ正式な声明はない」と語った。

Nexonによって開発、管理、運営されているゲームは、特にアジアで人気が高まっており、あらゆる企業にとって強力な投資となっています。

株式が実際に売りに出されるまで、私たちができることは誰が実際に会社を買うことができるかに関して推測することです。

ソース:wccftech - South Korea’s Gaming Giant Nexon to be Put Up For Sale

 

解説:

ネットゲーム大手の韓国Nexonが売却をするという話です。

Nexonは日本でも有名なメイプルストーリーやマビノギシリーズ、FPSのサドンアタックなどのオンラインゲームを開発・運営している会社です。

スマホゲームなどの運営も手掛けており、新作の「DarkAvenger X」や、コーエイテクモのゲームのスマホ版「真・三国無双 斬」などの開発・運営も行っています。

原因はあまり報じられていませんが、近年、韓国のゲーム規制が強くなり、オーナーのKim Jung-ju氏が友人や関係者に「疲れた」などと漏らしていたそうです。

業績的には全く問題のない会社ですので、やはり経営者の心情の変化によって売りに出されるというのが最大の要因だと思います。

買い手にはElectronic Arts、Netmarble、Tencentなどの名前が挙がっています。

突然の話らしく、従業員も何も聞いてないということのようです。

韓国的には同じ韓国企業のNetmarbleが買収するのが一番いいんですかね。

ただ、近年、韓国政府はゲーム市場に関する規制を厳しくしているようですので、1ゲーム会社の買収に口をはさむことはないんじゃないかと思います。

いずれにしても最近の経済的にぱっとしない韓国を象徴するような話です。

買収されてもNexonのブランドが消滅するとは思えず、ゲーマーにとってはすぐに大きな影響が出ることはないと思います。

 

 

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.