GPU情報

RTX2060のラインナップが判明か?

更新日:

次期NVIDIA RTX 2060グラフィックスカードに関するもう1つのリークはTwitterverse(KOMACHI経由、VideoCardz経由)から発生しており、RTX 2060の6つのバージョンの存在を明らかにしています。

これは、NVIDIAの中期的な戦略が過去2、3年の間にどれほど変わったかを示しているので非常に興味深いものです。

 

ギガバイトがEEC申請にリストしたNVIDIAのRTX 2060の亜種

EECファイリングは、6つの主要クラスにわたって40種類以上のRTX 2060 GPUをリストアップしたGigabyteによって作成されました。 これには、Aorus、Gigabyte、OC、およびOC以外のバージョンと、標準的なクーラーの差別化要素が含まれます。 以下の6つの主要な亜種が発見されました。

 

  • NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 4GB GDDR6
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 4GB GDDR5
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 3GB GDDR6
  • NVIDIA GeForce RTX 2060 3GB GDDR5

今興味深いことに、サイズの観点から3つの異なるメモリ構成と世代の観点から2つの異なるメモリ構成があるようです。

AIBがこれを選択する理由は単純です。

彼らはGDDR5メモリの在庫をたくさん持っているはずで、GDDR6の歩留まりは今のところ素晴らしいものにはならないでしょう - 一方、12nm FFは成熟したノードであり、大きな歩留まりを持つでしょう。

これが、最適な構成(この場合は6GB GDDR6)の下で価格設定されているTuring GPUをより低メモリな構成と組み合わせる理由です。

通常それらのための市場が常にあります。

とは言っても、これらの多くが、中国と台湾でのみ発売される地域固有の亜種に属している可能性は非常に高いです。

これは以前KeplerとMaxwellシリーズで起こったが、大部分はローエンド価格帯の変種でのみ起こった。

RTX 2060はTuringシリーズの主流の変形であると思われて、そして比較的手頃な価格であるべきです。

AIBはすでにいくつかの(より低いグレードに区分された)変種ではNVIDIAから示された小売り価格を尊重し始めています、そしてPascalがEOL(End of Life=終売)に達すると同時にRTX 2060は彼らのラインナップの基本的な要求を満たすように設定されています。

RTX 2060については確認された仕様という点ではあまり知られていませんが、このカードが来年早々にリリースされる予定です。

通常、リークは発売前に頻繁に発生し始め、EEC上のカードの外観はその事実に信憑性を与えます。

慣れている人ならば(スペックから読み取ると)1920 CUDAコアというコア数から、メモリ仕様を確認することができるでしょう。

NVIDIAはまた、しばらく前に明らかにしたように、CESでモバイルRTXシリーズを開始する予定です。

ソース:wccftech - NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB, 4GB and 3GB Entries Submitted To EEC

 

解説:RTX2060、GTX1160が来年早々発売されるというのはほぼ確定でしょう。

今度はさらに詳しいバリエーションの情報がリークしました。

今回は6種類のバリエーションがあるようです。

バス幅が192bitなので、やはり1/2の3GB版はあるようですね(笑

今回もおそらく、高スペック版と低スペック版の2種類程度が国内に入ってくると思います。

中国と台湾ではかなり細かくグレード分けされて販売されているようですが、日本ではおおむねハイスペックのものしか売れないためです。

テスト用機材としては当サイトも最高スペックのRTX2060を購入して、これより下のものはテストしない予定です。

まあ、これより低いグレードのものは気軽に買えるのであえてテストする必要はないと思います。

また、RTX2060とGTX1160はRTXある/なしの違いだけで性能としてはそれほど変わらないでしょう。

同じTuringのCUDAコアを使っている以上、性質はほぼ同じはずです。

初物価格でどのくらいになりますかね。

なるべく安いとうれしいですが、Radeonと価格競争をするグレードとしてはGTX1160があるので、そんなに安くはならないかもしれません。(5-7万円くらい?)

この売り方を見ると、nVidiaはレイトレーシングを安売りするつもりは全くないようですね。

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.