その他

Intel Architecture Day 2018:Raja Koduriのコメントとインテルのビジョン

更新日:

インテルのコア・ビジュアル・コンピューティング担当シニアバイス・プレジデントであるRaja Koduriは、Intelの最近の建築日に、同社の設計およびエンジニアリングモデルの戦略的転換を概説しました。

この移行は、世界クラスの技術ポートフォリオを活用する一連の基本的な構成要素を組み合わせ、企業内の知的財産権(IP)を保護します。

このアプローチは、インテルが革新とリーダーシップのスピードを加速させるように設計されており、6つの戦略的柱の中に定着しています。

1.プロセス - リーダーシップ・プロセス技術へのアクセスは、リーダーシップ製品を構築する上で不可欠です。 アドバンスト・パッケージング・ソリューションにより、インテルはトランジスタ密度を第3次元まで拡張することにより、コンピューティング密度の指数関数的スケーリングを継続することができます。

2.アーキテクチャ - スケーラブルなソフトウェアスタックによって実現される、CPU、GPU、アクセラレータ、FPGAソケットに展開されたスカラー、ベクタ、行列、空間アーキテクチャの多様な組み合わせが、高度なパッケージング技術によってシステムに統合されます。

3.メモリ - 次世代のコンピューティングワークロードには、大容量で高速なストレージが不可欠です。 インテルは、インパッケージ・メモリとインテル・オプタン技術を組み合わせてメモリ階層のギャップを埋め、シリコン・ダイに近い帯域幅を提供するという独自の立場にあります。

4.相互接続 - 通信は、5Gインフラストラクチャのワイヤレス接続からシリコンレベルのパッケージおよびダイ相互接続にまで拡張されます。 あらゆる種類の主要な相互接続製品を提供することによってのみ、規模の異なる異種コンピューティング環境を実現します。

5.セキュリティー - 新しい脅威が出現したため、インテルは「より良い共存」のセキュリティ戦略を構築するためのすべてのコンポーネントを備えています。 インテルは、エンドツーエンドのセキュリティを向上させ、セキュリティの進化を主要な差別化要因とするためのセキュリティ技術を提供する独自の立場にあります。

6.ソフトウェア - 新しいハードウェアアーキテクチャの潜在的な性能潜在的可能性の度合いごとに、ソフトウェアによって可能にされる2桁の性能があります。 指数関数的スケーリングのためには、開発者のためにインテルのシリコンを扱うことができる共通のツール群が不可欠です。

 

 

Raja Koduriとの質疑応答セッション

1)なぜこのインテル®コンピューティングの新時代に、この6つの柱の周りに製品とテクノロジー戦略を定着させるべきだと考えていますか?

コンピューティングのための景観は過去10年間で劇的に進化しました。

私たちは、データを分析、理解、保護する能力よりも速い速度でデータを生成する世界で事業を展開しています。

急速に進化し、指数関数的に拡張するコンピューティング・アーキテクチャに対する膨大な需要があります。

私たちは、今後5年間で、世界中のすべての人に10ミリ秒以内に10ペタフロップの計算量と10ペタバイトのデータを提供するという大胆なエンジニアリングビジョンを持っています。 私たちは、これらの6つの技術柱が、これを達成するために必要な製品イノベーションを推進するための鍵となるものであると考えています。

 

2)6つの柱のIPとリソースは、インテルが競合他社と差別化された製品を勝ち取る最良のポジションになるにはどうすればよいでしょうか?

私がインテルに加わったとき、私たちが利用できるIPの量と幅が非常に驚いていました。

業界では30年近くもの間、私はそれのようなものは見たことがありません。

これらのリソースの規模は、クライアント、エッジ、クラウドコンピューティング環境のイノベーションの波を追い風として、これらの柱のそれぞれに異なるテクノロジーを提供しています。

私たちは、他の誰も提供できない革新を持続させるための基盤となるこれらの柱の6つすべてでリーダーシップを発揮できるユニークな立場にあると確信しています。

 

3)なぜイノベーションモデルを変えなければならなかったのか?

世界は変わり、ビジネスも変わりました。 私たちは$ 300B *の北米市場をターゲットにしました。

※ $300B=$300 Billionのことだと思われる。日本円に直すと30兆円市場ということです。

増加するコンピューティングの需要により、これまでにない方法でインテルを変革し、成型し、拡張する機会がもたらされます。

私たちは、自分自身だけでなく、ビジネス、重要なデータ、コンピューティングのニーズを信頼しているお客様にも、今後10年以上の技術開発のための製品と戦略を再構築する責任があります。

 

4)インテルは現在、どのようにモデルを適用していますか?

私たちは今日、革新的な新製品および技術イニシアチブを来年および将来にわたって世界にもたらすように、エンジニアリング組織全体にモデルを適用しています。

「Foveros」ロジックスタッキングによる高度なパッケージイノベーションであろうと、ソフトウェア開発者への「One API」アプローチであろうと、我々は革新の持続可能な新しい波を推進するための措置を講じる。

 

5)コンピューティング・ワークロードの変化は、インテルが次世代製品を構築する方法にどのような影響を与えますか?

このコンピューティング環境に関連する作業負荷は変化しています。

もはや消費者や企業の顧客は、単純なスカラアーキテクチャだけで対処できる単純なアプリケーションを持っていません。

その代わりに、グラフィックス・プロセッサーから人工知能アクセラレーター、イメージ・プロセッサー、さらには新しいメモリー技術を搭載したFPGAのような適応可能なデザインまで、追加のアーキテクチャーを統合することで、問題をより迅速に解決するプログラムを見ています。

開発者のためのAPIを簡素化し、インテルのコンピューティング・アーキテクチャーにより性能と効率を向上させるソフトウェア開発のための新しいモデルと、高速相互接続によるコンピューティングとアーキテクチャーの革新を組み合わせます。

 

6)インテルの6つの柱への投資は、ムーアの法則のようにユーザエクスペリエンスを飛躍させるにはどうすればよいでしょうか?

これまでの世代では、トランジスタ密度とムーアの法則がコンピューティング問題を解決する主導的役割を果たしていくという答えがありました。

しかし、プロセスノードの移行は過去数十年のペースから遅れているため、最新のコンピューティングの要求を満たす新しいテクノロジーと機能を提供し続けているムーアの法則の本質です。

ムーアの法則のメッセージは、トランジスタだけではなく、トランジスタ、アーキテクチャ研究、接続性向上、高速メモリシステム、ソフトウェアの共同開発により、トランジスタだけではありません。

ソース: wccftech - Intel Architecture Day 2018: Raja Koduri’s Commentary and Vision For Intel

 

解説:

インテル・アーキテクチャー・ディのRaja Koduri氏のプレス対応の完全版です。

Raja Koduri氏というのはAMDでRadeonシリーズの開発責任者だった方です。

Naviまではこの方(の率いる設計チーム)が設計したといわれています。

その後intelに移籍しました。

intelのNUC用のCPUにRadeon Vegaが搭載されたのはたぶんこの一つながりじゃないのかなと思います。

AMD時代ではゲーム機用、ミドル、ローエンド用のPolarisとPC用ハイエンドのVegaという二正面作戦を強いられた挙句、nVidiaにボロ負けしました。

そうしたこともAMDを離れるきっかけになったのかなあと思ったり思わなかったりしています。

Raja Koduri氏はAMD時代はあまり表に出てこなかった方なのですが、intelでは対照的にバンバン表に出てきていますね。

こうした方の発言は頭に入れておいて、出てくる製品のどこに反映されているのかチェックしておくと理解が深まると思います。

例えば3.メモリに関しては、intelはAMDと比較すると帯域が足りないところには必ずある程度のキャッシュを埋めてきます。

Core i7-5775CなどはGPUコアが増量されていますが、128MBのeDRAMを搭載しています。

AMDがRyzenのGシリーズで12CUにしないで11CUにしたのとは対照的です。

昔のAMDは帯域が足りなくても演算ユニットをぶち込んできたりして性能が生かせてないことがあったのでそれに比べるとかなりマシになりましたが・・・(笑

intelのこの6つの方針というのは今まですでにやってきたことも含まれていますので、AMDから三顧の礼で迎えたRaja Koduri氏の出番を作ってあげたというような感じなのかなと思います。

インテル・アーキテクチャーデイで発表された内容に関しては今後も紹介する予定です。

-その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.