その他

マイクロソフトがWindows Mixed Realityを非推奨に - 将来のWindowsバージョンから削除される予定

投稿日:

マイクロソフトの最新の非推奨機能リストは、同社の複合現実プラットフォームの終わりを告げるものだ。

マイクロソフトの仮想現実への野望は縮小しつつある。Windowsの非推奨機能のリストに、ヘッドセット上でアプリやゲームを実行するためのプラットフォームであるWindows Mixed Realityの項目が追加された。

これは、Mixed Reality PortalアプリとWindows Mixed Reality for Steamも終了することを意味する。

Windows Mixed Realityは2017年に発売され、デル、HP、エイサー、レノボ、サムスンなど複数のPCメーカーからヘッドセットが発売された。

当時、Oculus QuestとHTC Viveがバーチャルリアリティの先頭を走っていた。

Windows Mixed Realityヘッドセットはそれほど多くなく、場合によっては手ごろな価格であったにもかかわらず、広く採用されることはなかったからだ。

HPはヘッドセットにこだわり、2020年にReverb G2を発売したが、ヘッドセットを製造する多くの企業から定期的なリリースはなかった。

これにより、マイクロソフトの主要な複合現実感プラットフォームはHoloLens 2となったが、これは主に企業向けで、価格は3500ドルからとなっている。

HoloLens 3はいつ登場するのか疑問視されており、HoloLensを率いるアレックス・キップマンは不祥事疑惑を受けて2022年に同社を去った。

Windows Mixed Realityは、Oculus(そして買収後はMeta)がヘッドセットで生み出すような興奮を生み出すことはなかったようだ。

ソニーは2つのヘッドセットでプレイステーション向けのVRに参入したが、マイクロソフトはXbox向けのVRヘッドセットを作らなかった。

そして現在、アップルが来年初めにVision Proヘッドセットを発売することになっており、マイクロソフトはこの分野から手を引こうとしている。

ここ数カ月、マイクロソフトはMetaと提携し、OfficeとXbox Cloud GamingをQuestに提供した。

これは、特定の製品をどのプラットフォームでも利用できるようにするという同社の哲学の延長のようだ。

私は Windows Mixed Reality が持つ可能性については、今後も少し気に入っていきます。

2017 年に遡ると、私は壁の周りにブラウザを配置するために「クリフ ハウス」を使用して、Acer のヘッドセットを勤務日中ずっと着用するという間違いを犯しました。

それは今でも私に傷を残す悪い考えでしたが、現代のスタンドアロン ヘッドセットと改良されたパススルー カメラを使用すると、おそらく VR での作業がはるかに簡単になります。

しかし、望ましいことでしょうか? それは全く別の質問です。

 

 

 

解説:

Windows Mixed Realityが終了へ

Windows Mixed Realityは非推奨機能リストに入るようです。

これは将来、機能を削除するための準備のようなもので、典型的にVRブームの終わりを告げるものだろう。

VRデバイスの覇者はMetaであり、他の追随を許さないレベルのものだ。

大ヒットしたQuest2は1000万台をかるくこえるほどのセールスを記録した。

今から他社がMetaに追いつくのは並大抵のことではないだろう。

マイクロソフトはVRゲームに関してはあまり積極的ではなく、XboxにはVRデバイスが存在しません。

Qeust3は価格が高くなり、これ以上の普及は望めないだろう。

ソニーもPSVR2を初代PSVRよりかなり高価に設定し、販売に苦戦している。

これはVRと言うイメージだけでユーザーが飛びつく時期は終わったことを示していると思います。

現在はAI/MLに投資のトレンドが移っていることもあり、今後VRゲームはニッチに追いやられる可能性もあると思います。

 

 

created by Rinker
META
¥74,800 (2024/06/20 01:47:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
META
¥96,800 (2024/06/20 01:47:20時点 Amazon調べ-詳細)

-その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.