CPU情報

AMD Ryzen 8000GデスクトップAM5 APU 3機種の価格がリーク、価格は190ドルから400ドル - AM4CPUも新登場

投稿日:

一部の小売店では、チップの掲載が少し早すぎた。

AMDのRyzen 8000Gプロセッサー3機種の価格が、小売店がAPUの販売を開始した時期が早すぎたためにリークされたことが、X(旧Twitter)上のハードウェアリーカー@momomo_usによって発見された。

このリーカーは、3つの小売店の価格情報を詳述しており、そのうちの2つを追跡して確認することができた。

しかし、早期にリストアップされたすべての製品と同様に、これらの価格は暫定的なものに過ぎない可能性がある。

Ryzen 8000Gシリーズは、ハイエンドのPhoenixダイと低消費電力のPhoenix 2チップという、Zen 4 APUと同じシリコンを使用する見込みだ。

技術的には、8000GデスクトップAPUは、Hawk Pointを搭載した8040ラップトップAPUに1世代遅れることになる。

しかし、Hawk PointがPhoenixより改善されたのは、60%高速化されたニューラル・プロセッシング・ユニットだけで、それ以外は周波数に至るまでPhoenixとHawk Pointは同じである。

Ryzen 8000G製品情報

ダイレクト
ダイアル
日本円ゾーンズ日本円添付クーラー
Ryzen 7 8700G$33847,996$40257,804Wraith Spire
Ryzen 7 7700$34348,706$39155,522Wraith Prism
Ryzen 5 8600G$23633,512$28133,902Wraith Stealth
Ryzen 5 7600$24634,932$27138,482Wraith Stealth
Ryzen 5 8500G$19026,980$21931,098Wraith Stealth
Ryzen 5 7500F$19327,406$21129,962Wraith Stealth
※ 日本円は記事執筆時のレート142円で計算しています。

発売前の価格設定は、しばしばあまりに高すぎて意味をなさないが、ここでの値札は実際には非常に妥当なものだ。

APUはしばしばXモデル以外のRyzen CPUとほぼ同じ価格であり、ダイレクトダイアルとゾーンズの両方がまさにそれを示している。

また、Ryzen 7 8700Gには、Ryzen 7 7700に付属するハイエンドのWraith Prismではなく、Wraith Spireが搭載されている。

各販売店の相対的な価格構成は一貫しているが、実際の価格は一貫しておらず、ゾーンズはダイレクトダイアルよりも全体的に約10%高い。

ゾーンズの7700と7600の価格は、AmazonやNeweggのような主流小売店よりもかなり高いことを考えると、直販価格の値札の方がより現実的かもしれない。

この2つの販売店は、噂されているRyzen 7 5700X3DやOEM専用のRyzen 7 5700など、今後発売されるAM4チップも掲載しており、現在AMDのウェブサイトに掲載されている。

Ryzen 5 5600GTと5500GTも登場しており、おそらくRyzen 5 5600GとRyzen 5 5500が使用しているのと同じCezanne APUを使用していると考えられる。統合グラフィックスが機能するかどうかは不明だ。

新Ryzen 5000プロセッサー製品情報

ダイレクト
ダイアル
日本円ゾーンズ日本円添付クーラー
Ryzen 7 5700X3D$25836,636$30743,599無し
Ryzen 7 5700$18226,412$21029,820Wraith Spire
Ryzen 5 5600GT$14921,158$17224,424Wraith Stealth
Ryzen 5 5500GT$13218,744$15221,584Wraith Stealth
※ 日本円は記事執筆時のレート142円で計算しています。

AMDはおそらく、販売したいZen 3 CPUとAPUがまだたくさん眠っており、そのためさらに多くのRyzen 5000プロセッサーを発売するのだろう。

しかし、繰り返しになるが、ゾーンズはダイレクトダイアルよりもかなり高い価格設定をしており、これらのRyzen 5000 SKUがより広い市場で競争力を持ちたいのであれば、ダイレクトダイアルで見られるような低価格タグを付ける必要があるだろう。

ソース:Tom's Hardware - Pricing leaks for three AMD Ryzen 8000G desktop AM5 APUs, ranging from $190 to $400 — new AM4 CPUs, too

 

 

 

 

解説:

AM5とAM4の2024年申請品の価格がリークしています。

AM5はAPUを中心としたもので、AM4は低価格帯を重視したものです。

APUはミドルからローエンド帯に跨るためようやくAM5も普及価格帯になってきました。

日本のamazonランキングでも最近AM4のCPUが10位中4つをしめており、1位は5700Xとなっています。

新製品のRaptorLake Refleshは10位以内に一つも入っていないので、やはり価格が決めてになっているというのはあると思います。

アメリカのamazonでも傾向は同じで10位中6つにAMD製品が入っており、1位は7800X3Dで、上位4位までをAMDが占め、RaptorLake Refleshは影も形もありません。

価格で選ぶなら、今はプラットフォーム移行中でライフサイクル終盤のAM4が最もコスパが高いということになります。

1年後はどうなっているのかわかりませんが、少なくとも、2023年の年末はAM4が猛威を振るっていると考えて差し支えないでしょう。

 

 

 

Ryzen 7000X3Dシリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

 

 

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.