CPU情報

インテル144コアCPUベンチマーク「Sierra Forest」、強力な性能を示すもAMD「Bergamo」には及ばず

投稿日:

しかし、他のプレリリース・ベンチマークと同様、大目に見てほしい。

インテルの次期サーバーチップ「Sierra Forest」のマルチコア性能がGeekbench 6にリークされた(via BenchLeaks)。

Sierra Forestは最大144効率コアを搭載し、2024年前半に登場する予定だ。

このサーバーCPUは、AMDのZen 4c BergamoサーバーCPUや、Ampere製のようなARMベースのサーバーチップと直接競合すると予想されている。

Geekbench 6でテストされたSierra Forestサーバーは、144コアのSierra Forest CPUを2基搭載したデュアルソケット構成を使用している。

288コアバージョンのSierra Forestも登場する予定だが、Geekbenchは2つのCPUが使用されたことを明確にしている。

Sierra Forest 144コア
(Gracemont) x2
Intel Xeon Platinum 8480+
(GoldenCove56C112T) x2
AMD Epyc 9754
(Zen4c 128C256T)
シングルコア
スコア
8551,8971,597
マルチコア
スコア
7,7707,46716,455

マルチコアのスコアは7,770で、このデュアルチップのSierra Forestマシンはかなり速い。

インテルのトップエンドXeon Platinum 8480+を搭載したほとんどのデュアルソケットシステムは、Geekbench 6データベースで大体6,500から7,500の間のスコアであり、我々は大体中間の結果を選んだ。

もちろん、Sierra Forestのシングルコア性能はもっと悪く、8480+の半分もない。

しかし、これはすべて設計によるものだ。

サファイア・ラピッドベースの8480+は、Sierra Forestの144個のグレンEコアに対し、56個のゴールデンコーブ・パフォーマンス・コアを搭載しており、Eコアが低速であるのに対し、Pコアは個別に高速である。

しかし、一般的にEコアの方が面積と消費電力の面で効率的であり、Sierra Forestはマルチコア性能がすべてであるサーバーで重宝されると期待されている。

もちろん、触れるのを避けたいのはAMDのBergamoサーバーCPUであり、これはSierra Forestが行っていることとかなり似たアプローチを取っている。

BergamoはZen 4cコアを使用しており、アーキテクチャ的にはZen 4と同じだが、面積と消費電力が大幅に削減されている。

このGeekbench 6の結果もほぼ中間で、マルチコア性能ではSierra ForestとSapphire Rapidsの両方を圧倒している。

ただし、このSierra Forestの結果がプレリリース・システムによるものであることは明らかだ。

我々の知る限り、マルチコアスコア、そしてシングルコアスコアも大幅に下回っている可能性がある。

また、Sierra ForestがGeekbenchでは説明できない独自の命令やその他の機能を搭載している可能性もある。

Sapphire RapidsがAIアクセラレーション命令を搭載しているように、AMDのMI300X GPUを使用したMicrosoft AzureインスタンスでIntelが採用されたのもそのためだ。

さらに、ベンチマークはSierra Forestのキャッシュ構成も詳細に示しているが、これらの仕様が正確かどうかは不明だ。Sierra Forestはクアッドコアクラスターがそれぞれ4MBのL2キャッシュを搭載しており、144コアのチップに36のクラスターが搭載されていることになると予想していたが、Geekbenchによれば18クラスターしかないという。

しかし、108MBのL3キャッシュがあると報告されており、各クラスタには3MBのL3キャッシュが搭載されているはずなので、36クラスタということになる。

おそらく、Geekbench 6がL2クラスタの数を間違えただけで、CPUあたりのL2キャッシュは合計144MBということになるだろう。

つまり、Sierra ForestのL3キャッシュとL2キャッシュを合計すると252MBとなり、BergamoのL3キャッシュ単体(256MB)よりはまだ小さいが、かなり大きい。

ソース:Tom's Hardware - Intel 144-core Sierra Forest CPU benchmark shows strong performance, but still falls behind AMD's Bergamo

 

 

 

 

解説:

さて、面白い話題があったので取り上げてみました。

IntelはデスクトップではEコアとPコアを組み合わせてAMDを圧倒していますが、サーバーではどうなのかと言うとAMDのCCXをチップレットにしてコア数を増やしていくアーキテクチャーに圧倒されています。

上の表はそれを端的に表しているので面白いと思います。

巨大なGlodenCoveコアにシングルスレッド性能では敵わないが、Gracemontは圧倒しているという感じですね。

AMDがサーバーで躍進しているのがよくわかるのではないかと思います。

もっとも上の表はSierra Forestの性能が低すぎるようですので、きちんと性能が出せるようになったら、マルチスレッド性能ではEPYCを圧倒するようになるかもしれません。

Sapphire RapidsがAIアクセラレーション命令を搭載しているようですので、Geekbench6だけではすべてを測れるわけではありません。

Sierra Forestに関しては新しい拡張命令の対応は無いはずですので、Intel製品としてはなかなか使いどころが難しいのではないかと思います。

上の記事は端的にPEYCがどんな立ち位置にあるのかと言うのがはっきりわかるのと同時に、ハイブリッドアーキテクチャーがサーバーには向いてないことがよくわかるのではないかと思います。

サーバーはこれだけコア数があっても仮想化などで性能を分割して料金に応じて顧客に配分します。

その配分の過程で異なる性能を持つコアが2種類あると非常にわかりにくいですし、フェアユースされているのかどうかが可視化しにくいです。

そのため、ハイブリッドはサーバーには使われていません。

まさにデスクトップに特化したような仕組みです。

このあたりがデスクトップでの性能で負けてもAMDが慌てていない理由の一つだと思います。

近年AMDはデスクトップよりモバイルAPUに力を入れていますが、昔のようにもう少し自作やゲーミング市場に力を入れてほしいかなあと思います。

 

 

 

Ryzen 7000X3Dシリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

 

 

-CPU情報
-, , ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2024 All Rights Reserved.