CPU情報 その他

AMD Ryzen 7 5800H 8コア&16スレッドのセザンヌ「Zen 3」高性能CPUが登場、3.2GHzのクロックの初期のESチップ

投稿日:

ハイエンドモバイルZen 3プロセッサ「Cezanne-H」ファミリーに加わることになるAMDのCPU「Ryzen 7 5800H」が、TUM_APISAK氏によってGeekbench内で発見されています。

これは、既存のRenoirのラインナップ(Ryzen 4000H)に代わるAMDの次世代高性能モビリティCPUの姿を初めて目にすることになります。

AMD Ryzen 7 5800H8コアおよび16スレッドCezanne-H'Zen 3'CPU、高性能モバイルノートブックの発見

AMD Ryzen 7 5800HはZen 3コア・アーキテクチャをベースにしており、Zen 2コア・アーキテクチャを採用したRenoir-H Ryzen 4000H CPUを直接置き換えるCezanne-Hラインアップの一部となる。

AMD Ryzen 7 5800Hは、2021年前半に発売されるIntelのハイエンドプロセッサ「Tiger Lake-H」ファミリと直接競合することになる。

スペックを見てみると、AMD Ryzen 7 5800Hは8コアと16スレッドを搭載している。

チップは3.2GHzベース/ブーストの予備的なクロックスピードを実行していた。CPUは16MBのL3キャッシュと4MBのL2キャッシュを搭載しています。

L3キャッシュは、Ryzen 4000UとRyzen 4000Hの「Zen 2」プロセッサよりも大幅にアップグレードされ、コア間レイテンシ速度と帯域幅を向上させている。

CPUには、7nmプロセスノードをベースにしたAMDの強化されたVegaグラフィックスコアが搭載されます。

※ クリックすると別Window・タブで拡大します

 

Ryzen 7 4800HとRyzen 7 4800Uが同じCU数だったことを考えると、Ryzen 7 5800Hは8CUまたは512コアを搭載するRyzen 7 5800Uと同じCU数を保持していると予想できる。

Ryzen 7 5800HのGPUクロックは約2.0GHzと予想されています。TDPに関しては、5800Hは45WのTDPを搭載し、35Wまで設定可能です。

AMD Ryzen 5000 APUのラインナップ(スペック速報版):

APU名APUファミリアーキ
テクチャー
製造プロセスコア数 /
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
L3キャッシュグラフィックGPUクロックTDP
AMD Ryzen
7 5800H
Cezanne HZen 37nm8 / 163.20 GHz不明16 MB8 CUs
(512 SP)
~2000 MHz35-45W
AMD Ryzen
7 5800U
Cezanne UZen 37nm8 / 162.00 GHz4.40 GHz16 MB8 CUs
(512 SP)
2000 MHz10-25W
AMD Ryzen
7 5700U
Lucienne UZen 27nm8 / 161.80 GHz4.30 GHz8 MB8 CUs
(512 SP)
1900 MHz10-25W
AMD Ryzen
5 5600U
Cezanne UZen 37nm6 / 122.30 GHz4.20 GHz12 MB7 CUs
(448 SP)
1800 MHz10-25W
AMD Ryzen
5 5500U
Lucienne UZen 27nm6 / 122.10 GHz4.00 GHz8 MB7 CUs
(448 SP)
1800 MHz10-25W
AMD Ryzen
3 5400U
Cezanne UZen 37nm4 / 82.60 GHz4.00 GHz8 MB6 CUs
(384 SP)
1600 MHz10-25W
AMD Ryzen
3 5300U
Lucienne UZen 27nm4 / 82.60 GHz3.85 GHz4 MB6 CU
(384 SP)
1500 MHz10-25W

このチップは、初期のエンジニアリングサンプルであり、わずか500MHzのクロックで動作していたことが原因で、ベンチマークの中では低いスコアを記録しました。

ブーストクロックも3.2GHzと記載されていますが、これは最終的なものではありません。

興味深いのは、CPUのベースクロックがRyzen 7 4800Hよりも300MHz高く、GPUのクロックは約400~500MHz高いはずだということです。

Zen 3 コア アーキテクチャと一緒に、その Ryzen 4800U の前身と比較して、Ryzen 7 5800U とそのパフォーマンスで見られるようにはるかに高いパフォーマンスを提供するでしょう。

CES 2021年頃に開催されるAMDの次世代Cezanneファミリーに関する情報に期待したい。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5800H 8 Core & 16 Thread Cezanne ‘Zen 3’ High-Performance CPU Shows Up, Early ES Chip With 3.2 GHz Clocks

 

 

解説:

ベンチマークの結果は出ているが・・・

まだまだESのようで、全くクロックが上がっていないようです。

参考までにRyzen7 4800Hのスコア

シングル 1192

マルチ 8006

となります。

5000HのESのスコアがショボ過ぎて、書くにとどめます。

スコアが1/10程度なので、恐らく、初期のESの結果か、ベンチマークがうまく動作していないかどちらかでしょう。

一応キャッシュの構成は判明していますが、L3が16MBとRenoir比で倍になっているので、Zen3コアになったことも含めて、それなりに性能に影響を与えそうです。

Zen2と比較するとダイのサイズは大きくなりそうですが、相変わらずコスト重視の設計になりそうな感じです。

iGPUがVegaであることもちょっと残念ですね。

未だラインナップの大半はZen2コアのLucienneですから、モバイルの世界の次の性能ジャンプは2022年になりそうな気配です。

Cezanne搭載ノートPCは合計15万円以上くらいからの高級モデルのみになりそうな感じです。

Cezanneが下に降りてくるのはしばらく時間がかかりそうです。

逆に言えば、Renoir RefleshともいえるLucienneでも十分な商品力があるということです。

自作PCと違って、Ryzen一色にならないところにOEMノートの難しさが出ています。

 

 

 

新発売!Ryzen 5000シリーズ

高額な転売品にご注意ください。

メーカーの希望小売価格は以下の通り(税込)

Ryzen 9 5950Xが10万6480円

Ryzen 9 5900Xが7万1478円

Ryzen 7 5800X5万8828円

Ryzen 5 5600Xが3万9380円

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

 

Ryzen3

-CPU情報, その他

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.