GPU情報

NVIDIA、さらに2つのAD104「Ada」GPUの量産を準備、RTX 4070 & RTX 4060 Tiの可能性あり

投稿日:

NVIDIAは、Geforce RTX 4070 & RTX 4060 Ti用と思われる2つの全く新しいAD104 GPUの量産を開始する準備を進めているようです。

NVIDIA GeForce RTX 4070 & RTX 4060 Ti GPUの量産が来月から始まる可能性、カットダウンされたAD104「Ada」GPUを利用する

情報筋から得た情報によると、NVIDIAは次期GeForce RTX 4000 Desktopのラインナップとして、2つの全く新しいGPU SKUを生産するようだ。

これらのSKUは、最近発表されたGeForce RTX 4070 Tiを動かすのに使用されているのと同じダイであるAD104ダイをベースにしており、そのダイは完全に有効なチップを使用していますが、これらの新しいダイはかなり大幅に削減されることになります。

まずチップですが、NVIDIA AD104-250とAD104-251があります。

RTX 4070 Tiに使われているダイはAD104-400-A1なので、どれだけ削られたチップになるかは想像がつくと思います。

興味深いのは、チップの名称が251/250であることから、どちらも非常に似た構成になりそうなことだが、それはまだわからないことだ。

NVIDIA AD104 GPUブロックダイアグラム:

ボードについては、AD104-250 GPUはPG14 SKU 343 PCBを利用し、AD104-251 GPUはPG141 SKU 345 PCBを利用する。

NVIDIA Geforce RTX 4070 TiもPG141(SKU 331)のPCBを利用しているので、AIBパートナーは新しいチップに多くのエンジニアリングの労力を費やす必要はないだろう。

さらに、両GPUは200WのTGPを搭載すると言われているが、それは間違いなく変更されるだろう。

生産計画については、AD104-250 GPU SKUが2月後半に最初の生産を開始し、AD104-251 SKUが3月後半に量産を開始する予定です。

現在のところ、各カードのシェルフデートは言及されていないが、2023年の後半、Computex 2023のあたりになる可能性が高い。

これまでのリークでは、NVIDIA GeForce RTX 4070が5888個のCUDAコア、クロック21Gbpsの12GB GDDR6X VRAM、36MBのL2キャッシュ、250W TGPを揺さぶり、RTX 4060 TiがAD106 GPUを搭載すると示唆されたが実現するかどうかわからないような仕様になっているようである。

私たちが受け取った情報は非常に最近のものなので、古いスペックも本当だった可能性がありますが、RTX 4080 12GBが発売されず、4070 Tiと名前を変えるなど、その後多くのことが起こりました。

読者の皆さんには、この情報を今のところ噂として扱うことをお勧めしますが、新しいAD104 GPUの生産が始まれば、今後数週間でより多くの情報が得られるよう、最善を尽くしたいと思います。

NVIDIA GeForce RTX 4000シリーズ グラフィックカードラインアップ(噂):

グラフィック
カード
GPUPCBモデルSMユニット
数 / コア数
メモリ容量
/バス幅
メモリクロック
/帯域幅
TBP補助電源
端子
発売時期
NVIDIA Titan A
/ GeForce RTX 40?
AD102-450?不明144 / 18432?48 GB /
384-bit
24 Gbps /
1.15 TB/s
~800W16-pinx2不明
NVIDIA GeForce
RTX 4090 Ti
AD102-350?不明144 / 18432?24 GB /
384-bit
24 Gbps /
1.15 TB/s
~600W16-pinx1不明
NVIDIA GeForce
RTX 4090
AD102-300PG136128 / 1638424 GB /
384-bit
21 Gbps /
1.00 TB/s
450W16-pinx12022Q4
NVIDIA GeForce
RTX 4080
AD103-300PG139 SKU 36076 / 972816 GB /
256-bit
23 Gbps /
716.8 GB/s
320W16-pinx12022Q4
NVIDIA GeForce
RTX 4070 Ti
AD104-400PG141 SKU 33160 / 768012 GB /
192-bit
21 Gbps /
504.0 GB/s
285W16-pinx12023Q1
NVIDIA GeForce
RTX 4070
AD104-251PG141-SKU 34546 / 588812 GB /
192-bit
21 Gbps /
504.0 GB/s
~200W16-pinx12023Q2?
NVIDIA GeForce
RTX 4060 Ti
AD104-250PG141-SKU 34334 / 4352不明不明~200W16-pinx12023Q2?
NVIDIA GeForce
RTX 4060
AD106-300不明不明不明不明~150W16-pinx12023Q2?

ソース:wccftech - NVIDIA Preps Mass Production of Two More AD104 ‘Ada’ GPUs, Possibly The RTX 4070 & RTX 4060 Ti

 

 

 

 

解説:

AD104はRTX4070Ti、RTX4070、RTX4060Tiに採用され、RTX4060無印はAD106になる。

こちらはRTX3000シリーズと同じになります。

Ampere

GA104(カッコ内は上位モデルとのCUDAコア数の差)

  • RTX3070Ti・・・6144CUDA
  • RTX3070・・・5888CUDA(256CUDA)
  • RTX3060Ti・・・4864CUDA(1024CUDA)

GA106(カッコ内は上位モデルとのCUDAコア数の差)

  • RTX3060・・・3584CUDA(1280CUDA)

 

Ada Lovelace

AD104(カッコ内は上位モデルとのCUDAコア数の差)

  • RTX4070Ti・・・7680CUDA
  • RTX4070・・・5888CUDA(1792CUDA)
  • RTX4060Ti・・・4864CUDA?(1024CUDA?)

AD106(カッコ内は上位モデルとのCUDAコア数の差)

  • RTX4060・・・3584CUDA?(1280CUDA?)

?マークが付いているのは現在リーク情報すらも出ていませんので、純然たる私の予想になります。

この数字は本音で書くと、全世代よりCUDAコア数が減って欲しくないという私の願望込みになります。

ツイートもしていますが、Ada Lovelace世代は大容量L2の採用によって見かけ上のメモリ帯域が上がっており、クロックや効率差も考えると多少CUDAコア数が減ってもAmperに抜かされることは無いと思います。

ただ、ユーザーの心理としては減って欲しくはないですよね。(苦笑

 

 

 

 

 

 

 

nVidia RTX4000シリーズ

※転売品が横行していますのでご注意ください。

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥115,000 (2023/02/04 05:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,780 (2023/02/04 06:07:10時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

 

 

-GPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.