CPU情報

AMD Ryzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600 CPUは、MSI X670およびB650ボードで最大170W PBOプロファイルを達成可能、性能デモも実施。

投稿日:

MSIは、X670およびB650マザーボードがAMD Ryzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600 CPUの最大170W PBOプロファイルに対応することを明らかにしました。

MSI、X670およびB650マザーボードで最大170WのPBOプロファイルを使用してAMD Ryzen 9 7900、Ryzen 7 7700、Ryzen 5 7600 CPUでより高いパフォーマンスを提供します。

AMDは数日前、TDP65WのRyzen 7000 Non-X CPUを発表しました。これらのCPUは、メインストリームのデスクトップPCに最適で、「X」兄弟よりも低コストであることが特徴です。

Intelとは異なり、Non-X CPUはアンロック設計を維持しているため、PCビルダーはさまざまなチューニングオプションを楽しむことができます。

MSIは、X670およびB650マザーボードでこれらのチューニングオプションのいくつかを実演しており、間違いなく性能向上に役立っています。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

昨日取り上げた最新のMSI AGESA 1.0.0.4 BIOS Firmwareでは、X670 & B650マザーボードにConfig TDP(cTDP)オプションが導入された。

デフォルトでは、AMD Ryzen 7000 Non-XラインのCPU TDPは65W、PPTは88W、TDCは75A、EDCは150Aとなっている。

Config TDP(cTDP)オプションにより、PBOプロファイルを45Wまで下げ、170Wまで変更することができる。

全モードリストには、45W/65W/95W/105W/125W/170Wが含まれています。この設定により、ユーザーはNon-X CPUでより高いブーストクロックと、より良いパフォーマンスを享受することができます。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

MSIでは、Ryzen CPUのオーバークロックはPBOを調整するのが最も簡単な方法だとしている。

MSIのマザーボードでは、上記のように合計6つのcTDPプロファイルが用意されており、冷却ソリューションに応じてこれらのプロファイルを選択することができる。

AMD Ryzen 9 7900の場合、95W cTDPで9%、170W cTDPで13%高いパフォーマンスを得ることができる。

これにより、基本的にはRyzen 9 7900Xよりも若干優れた性能を、より低い価格帯で手に入れることができる。

また、軽いワークロードしかしないのであれば、PBOプロファイルを45Wにトーンダウンして、そこそこの性能(純正Ryzen 9 7900の84%)を保ったまま節電することもできる。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Ryzen 7 7700は、TDP 95Wで2%、TDP 170Wで3%の性能向上が見られる。

これは、CPUがすでに純正の142WのPPTで最大になっているためだ。Ryzen 5 7600の場合も同様で、95Wで1%の性能向上が見られ、TDP170Wではサーマルスロットリングにより実際には後退している。

つまり、エントリーレベルのSKUよりも、上位のRyzen 9 Non-X CPUの方が、この恩恵を受けているように見えるのだ。

さて、PBOもサポートしているが、手動オーバークロックはまだ有効になっていないAMDのRyzen 7000 X3Dのラインナップにも、同じオプションが有効になっているかどうかが気になるところである。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Ryzen 7000 Non-XのCPUラインアップは1月10日に、Ryzen 7000 X3Dパーツは2月に発売されます。

MSIは、安定したパフォーマンスと最新チップへの対応を保証するために、今後数週間のうちにさらにBIOSアップデートを配信する予定です。

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 7900, Ryzen 7 7700, Ryzen 5 7600 CPUs Can Hit Up To 170W PBO Profiles On MSI X670 & B650 Boards, Performance Demoed

 

 

 

 

解説:

Ryzen7000無印モデルのPBO設定が公開される

MSIマザーボードでのRyzen7000シリーズPBO設定が公開されたようです。

TDP170Wまで達成可能であり、TDPで言えばXモデルにそん色がないレベルまでOC出来るということになります。

無印モデルはかなりお得感が高いものになりそうです。

今年のクリスマス商戦は世界的に物価が高騰し、高性能PCはあまり売れなくなってきていると言われています。

そのため、Ryzen7000シリーズも販売に苦戦しているようで、早々に無印モデル(Non-Xモデル)の発売が決定され、準備されています。

DDR5は今年中にはDDR4並に安くなると言われていますので、A620の発売と併せて、普及価格帯への進出が進むと思います。

そのため、非常に残念ですが、販売の苦戦は当面続くと思います。

良い製品だと思うんですけどね・・・。

 

 

 

Ryzen 7000シリーズ(Socket AM5)

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵・Socket AM4)

 

Ryzen 5000/4000シリーズ低価格CPU

created by Rinker
AMD
¥12,800 (2023/02/03 13:46:59時点 Amazon調べ-詳細)

(Ryzen 5644BOX SilverはRyzen 5 4500です)

created by Rinker
AMD
¥9,367 (2023/02/03 13:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

(AMD Ryzen 0510BOX SilverはRyzen 3 4100です)

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2023 All Rights Reserved.