CPU情報

AMD Ryzen 7 5700G & Ryzen 5600G DIYデスクトップAPUが販売サイトに登場、予価にプレミアムが付く

更新日:

AMDのRyzen 7 5700GおよびRyzen 5600GデスクトップAPUは、小売店に出回り始めていますが、希望小売価格よりもかなり割高になっています。

Tom's hardwareは、いくつかの北米およびヨーロッパの小売店から価格を入手することができました。これらの価格は、予備的なリストから予想される若干高い価格を示しています。

AMD Ryzen 7 5700GおよびRyzen 5600GデスクトップAPUが小売店に掲載され、予備価格はわずかなプレミアムを示す

AMD Ryzen 5000G CezanneデスクトップAPUファミリーは、すでにRyzenメインストリーム、Ryzenモビリティ、およびEPYCサーバープラットフォームでデビューしている真新しいZen 3コアを搭載しています。

本製品は、Ryzen 7 5700G、Ryzen 5 5600G、Ryzen 3 5300Gの3つのプロセッサーで構成されています。

Tom's hardwareの調べによると、いくつかの小売店がこのチップを希望小売価格よりも若干割高な価格で販売していることがわかりました。

例えば、カナダの小売業者であるPC Canadaは、AMD Ryzen 7 5700Gを希望小売価格より12%高い403ドルで販売しています。

また、DirectDial社では、Ryzen 5600Gが303USドルで販売されており、希望小売価格よりも17%高い価格となっています。

ヨーロッパの小売店でも同様ですが、プレミアムは10%以下です。このように速報値では価格が高騰していますが、まだ数週間先の発売時には調整されることが予想されます。

AMD Ryzen 5000 APUPC Canada (Canada)DirectDial (Canada)PC Componentes (Spain)PC21.FR (France)
Ryzen 7 5700G$403$422$369$391
Ryzen 5 5600G$292$303$272$285

今回のローンチで対処すべき主な問題は、AMD Ryzen 5000GデスクトップAPUの一般的な入手方法になりそうです。

OEMは、Ryzen 7 5700GとRyzen 55600Gの両方を手に入れるのに苦労しています。

AMDが世界中の販売代理店に供給した台数は把握していませんが、需要を満たすには十分ではないかもしれません。

AMD Ryzen 7 5700G 8 Core Cezanne Zen 3 Desktop APU:

AMD Ryzen 7 5700Gは、ラインナップの中でもフラッグシップとなる製品です。

8コア、16スレッドを搭載します。クロックスピードは、ベースが3.8GHz、ブーストが4.6GHzとされています。

L3キャッシュ16MB、L2キャッシュ4MBを搭載し、TDPは65Wとなっています。また、このAPUには、8つのCUまたは512のストリームプロセッサーを搭載したVega統合GPUが搭載され、約2.0GHzのクロックスピードで動作します。

35WのRyzen 7 5700GEは、同じスペックを備えていますが、コアクロックはベース3.2GHz、ブースト4.6GHzに抑えられています。このAPUの販売価格は359米ドルです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

AMD Ryzen 5 5600G 6 Core Cezanne Zen 3 Desktop APU:

AMD Ryzen 5 5600Gは、6コア・12スレッドのラインナップとなります。ベースクロックは3.9GHz、ブーストクロックは4.4GHzです。

また、16MBのL3キャッシュと3MBのL2キャッシュを搭載しています。TDPは65Wで、1900MHzのVega 7 iGPU(448 Stream Processors)を搭載します。

35WのRyzen 5 5600GEは、同じスペックを備えていますが、コアクロックはベース3.4GHz、ブースト4.4GHzに抑えられています。販売価格は259ドルです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

一方、AMD Ryzen 7 5700Gは、Core i7-11700よりもはるかに高速で、コンテンツ制作が63%、生産性が28%、演算が60%、グラフィックス性能が2.45倍に向上しています。

また、AMDは、強化されたVega GPUコアのグラフィック性能を紹介しました。これは、Intel Rocket LakeデスクトップCPUに搭載されているXeグラフィックスよりも最大2.45倍高速です。

繰り返しになりますが、これらの素晴らしいAPUをDIYセグメントに提供することは正しいことであり、より多くの人がこれらを中心に格安のゲーミングPCを組み立て始めることができるようになります。

AMD Ryzen 5000G Cezanne Zen 3 デスクトップAPU

CPU名AMD Ryzen 3
5300GE
AMD Ryzen 3
PRO 5350G
AMD Ryzen 3
5300G
AMD Ryzen 5
5600GE
AMD Ryzen 5
PRO 5650G
AMD Ryzen 5
5600G
AMD Ryzen 7
5700GE
AMD Ryzen 7
PRO 5750G
AMD Ryzen 7
5700G
CPU
アーキテクチャー
Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3Zen 3
コア数/
スレッド数
4/84/84/86/126/126/128/168/168/16
ベース
クロック
3.60 GHz4.00 GHz4.00 GHz3.40 GHz3.90 GHz3.90 GHz3.20 GHz3.80 GHz3.80 GHz
ブースト
クロック
4.20 GHz4.20 GHz4.20 GHz4.40 GHz4.40 GHz4.40 GHz4.60 GHz4.60 GHz4.60 GHz
L3 Cache8 MB8 MB8 MB16 MB16 MB16 MB16 MB16 MB16 MB
L2 Cache2 MB2 MB2 MB3 MB3 MB3 MB4 MB4 MB4 MB
内蔵GPUVega 6Vega 6Vega 6Vega 7Vega 7Vega 7Vega 8Vega 8Vega 8
内蔵GPU
クロック
1.7 GHz1.7 GHz1.7 GHz1.9 GHz1.9 GHz1.9 GHz2.0 GHz2.0 GHz2.0 GHz
TDP35W65W65W35W65W65W35W65W65W
価格$159 US?$159 US?$159 US?$259 US$259 US$259 US$359 US$359 US$359 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 7 5700G & Ryzen 5 5600G DIY Desktop APUs Show Up On Retail Sites, Premium Attached To Preliminary Prices

 

 

 

解説:

8月5日に発売予定のRyzen 7 5700G,Ryzen 5 5600Gが早くも海外の小売店で予約販売を始めたようです。

10-50ドル前後の若干プレミアムが付いているようです。

今回は6コア12スレッドまでで4コア8スレッドのRyzen 3 5300GはOEMのみになるようですね。

Cezanneはデスクトップ版のZen3系列とは違ってMCMではなく、モノリシック設計で、キャッシュが半分になっています。

その分GPUを内蔵して付加価値を高めているわけですが、AMDは4コア8スレッドの低価格帯CPUまでラインナップする余裕が現在ないようです。

下位のラインナップはZen2コアで賄えばよいと思うのですが、生産ラインがバッティングしているのか自作向けのリテールの話は聞こえてきません。

先日も

AMD、Zen 2アーキテクチャを採用したエントリーレベルのRyzen 5 4500、Ryzen 3 4100、Athlon Gold 4100GEの各CPUを発表

このような話が出ましたが、こちらもOEM専用と言うことで、自作向けのリテールももう少し頑張って欲しいところです。

付加価値の高いミドルレンジ以上のモデルを優先するのは分かるのですが、AMDの自作のエントリー向け市場は目立った新製品が無く、ちょっと寂しいですね。

元記事ではCore i7-11700無印とRyzen 7 5700Gを比較していますが、価格帯として同レベルになるということなのでしょう。

amazonを見るとCore i7-11700無印は45,000から47,000台で売られており、恐らくほぼ同じような価格で売られるものと思います。

来年になるとDDR5化してZen4と言う話になるわけですが、メモリの価格が上がってシステム全体の価格を押し上げることになると思いますので、既に末期でこなれ切った価格のDDR4のうちに組んでおくのも一つの手だと思います。

ミドルレンジ以下は価格もかなり重要な要素ですので、価格を中心に考えるなら、現状一番良い判断だと思います。

2-3年をCezanneでやり過ごし、次に組み替えるときはDDR5と言うのがコスト的にもスマートだと思います。

 

 

Ryzen 5000シリーズ

 

Ryzen 5000GシリーズAPU(GPU内蔵)

 

Ryzen PRO 4000Gシリーズ(GPU付きZen2コアAPU・並行輸入品)

 

旧シリーズの安価なモデル

Ryzen 5

 

Ryzen3

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2021 All Rights Reserved.