CPU情報

NVIDIA、GeForce RTX 4090 & RTX 4080用の16ピン「12VHPWR」ケーブルに2種類のバリエーションがあることを確認

投稿日:

日が経つにつれ、溶けたNVIDIA 16ピン「12VHPWR」ケーブルをめぐるさらなる謎が展開され、同社は問題を調査中であると言うだけでなく、この問題について最初の公式声明を出したようだ。

GeForce RTX 4090 & RTX 4080用のNVIDIA 16ピン「12VHPWR」ケーブルは2つのメーカーがあり、デザインも大きく異なる

Igor's LabのIgor Wallossekを含む様々な技術アウトレットや専門家によって、様々な解決策やもっともらしい説明がなされてきた。

最新の詳細情報は、この問題がどこから生じているのかに一歩近づき、これらのケーブルの供給元についてNVIDIA自身から確認を得ることができました。

"私たちは、報告を調査し続けていますが、まだ共有できるような情報はありません。NVIDIAと当社のパートナーは、お客様をサポートし、お客様のために迅速なRMAプロセスを確保することをお約束します "と述べています。

NVIDIAスポークス・パーソン KitGuruより

NVIDIAは、16Pinの「12VHPWR」ケーブルのラッチ機構を、大きく異なる2つのメーカーに頼っているようだ。

NVIDIAのエンジニアリングディレクターであるGabriele Gorla氏によると、この2つのメーカーはアストロンとNTKであることが明らかになった。

どちらも台湾にあり、PCI-SIG規格に準拠したケーブルを製造していますが、たった1つの小さな小さな違いがあり、ほとんどの消費者にはまず見えないかもしれませんが、これは前述した抵抗とケーブルプルの問題から、大きな問題になる可能性があります。

アストロンのNVIDIA 16ピン「12VHPWR」ケーブルにはデュアルスロットスプリングコンタクトが、NTKのケーブルにはシングルスロットスプリングコンタクトが付属しています。

さて、あなたは高いほど良いと思うでしょう?しかし、そうではありません。

シングルスロットのスプリングデザインは、より低い抵抗を可能にすることがわかります。

ZotacやGigabyteなどのAIBはNTKケーブルを使用しており、アストロンのはんだ付けの品質が若干悪く、抵抗が高いのに対して、取り外しが簡単で、より長いライフサイクルで信頼できると述べている。

一方、アストロンとNTKのケーブルはどちらも力を入れて押し込む必要があり、NTKはもう少し力を入れないと正しくラッチできません。

Igorの調査結果によると、16ピンの「12VHPWR」ケーブルは、2オーム以上の抵抗値を超えてはならないそうです。

以前にも、正しく動作しなかったという報告が複数あったため、これが主要な問題であると結論づけることはできません。

この問題は、さまざまな問題が混在している可能性があり、また、設計の修正も進行中です。

NVIDIAは、この問題について最終的な声明を出す前に、次のリビジョンが発行されるのを待っているようです。

さらにイゴールによると、NVIDIA GeForce RTX 4090とRTX 4080は2種類の16ピン「12VHPWR」ケーブルメーカーが存在し、RTX 4070 TiはNTKのケーブルのみを利用するとのことです。問題の全内訳は以下の通りです。

問題原因解決策
プラグのフィッティング
が悪い。
ストレートプラグ不可
射出成型時の残留物の突出軽い面取り
カッターナイフで軽く面取り
コンタクトグリースは
使用しないでください。
コネクタのフィッティングが悪い。
端にスナップインがない
射出成型時の残留物の突出
ロック機構不良
取付時の目視による調整
ホットコンタクト
コネクタの溶融(1)
チューリップの接点を
折り曲げることで 角度をつけて
挿入したり コネクタを移動
させた場合
ケーブルやアダプターを交換する
ホットコンタクト
コネクタの溶融(2)
アダプターや電源ケーブルを曲げる
電源ケーブルが曲がる
ケーブルやアダプターを交換する
ホットコンタクト
コネクタの溶融(3)
関連するすべての原因ATX3電源の使用
ネイティブ12VHPWRコネクタ付き
または予備のPSUケーブル
(各ケースで圧着)
グリップ面が不十分なため
奥まできちんと挿入出来ない
クーラーの設計無し
グリップ面が不十分なため
正しく緩めることができない
曲げずに接続する
クーラーの設計無し
ホットリード
アダプター間
とPSUの隙間
ハンダ接合部やケーブルが
断線したアダプタ
はんだ接合部やケーブルの断線
交換用アダプタ
ホットプラグ/ソケット
PSU側
PSUの設計が弱すぎる電源の交換

ソース:wccftech - NVIDIA Confirms 16-Pin ’12VHPWR’ Cable For GeForce RTX 4090 & RTX 4080 Comes In Two Variants

 

 

 

 

解説:

12VHPWR続報

Igor's LABのイゴールさんによると12VHPWRの溶解は様々な原因が複合的に絡まって起きているとのことです。

中にはATX3.0電源でないから起きているのではないかと指摘している項目もあって、なかなか厳しい問題に発展しそうな気配です。

全般的にみて、12VHPWRコネクタはかなり神経質な取り回しが必要で、配線空間に余裕のある大きめのケースで運用すべきものだということがわかる結果になっています。

12VHPWRは600WまでのGPUに対応するが、8Pコネクタと同等の使い勝手を保証しているわけではありません。

しかし、一般の消費者と言うものは現行の8Pの上位規格であるならば、同等以上の使い勝手を持っていると勝手に決めつけてしまうものです。

なぜならば、現代の一般消費者向け製品と言うのは大抵の場合、常にそう言ったことを突き詰めて作られているからです。

しかし、設計所から出てきたばかりの製品やバックエンドで使われている製品と言うのはそうではありません。

極めて限られたプロフェッショナルしか使わないものの中にはかなりナーバスな取り扱いを要するものもあります。

問題の一部にはそう言ったものも含まれているように私には見えます。

初物は様子を見た方が良いと私は常に言っていますが、それはこういうことも含まれています。

12VHPWRはこれから叩かれて叩かれて、一般消費者が問題なく使えるまで製品がブラッシュアップされていくのかもしれませんね。

nVidfiaやAIBがどのような結論を出すのか経過を良く見守った方が良いと思います。

0.1%の以下の事例で、日本では1件も起きていませんが、心配性の方は(苦笑、経過を見守りましょう。

私はこういったトラブルは一切許容できないタイプなので12VHPWR採用製品は様子見します。

情報だけは常に取り入れて、トラブルが許容できるなら自己責任で使えばよいし、トラブルが許容できないならば、様子見すればよいと思います。

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.