GPU情報

Intelの次世代GPU「Arc Battlemage」は、Alchemistが現段階であった性能よりも「大幅に改善」されています。

投稿日:

Intel Arc Alchemist GPUは現在、公式に展開され、来週には発売に向かっていますが、AXGの大部分はすでに次世代Battlemage GPUの開発に励んでいます。

Intel、AXGチームの大部分をBattlemage開発にシフト、RajaはAlchemistが現段階にいたところよりも "かなり良い "と評価

昨日、メインストリーム向けのArc Alchemist GPUを初めて試したが、ポテンシャルは高いものの、Intelにとって今の主なボトルネックはドライバスタックだ。

つまり、Arc Alchemist GPUは、来週には消費者にロールアウトされ、ゲームユーザーは、それをテストし、貴重なゲームパフォーマンスと安定性データをIntelに提供することによって、Arcソフトウェアエコシステムの開発を支援するものであるので、Intelの実際の仕事はこれから始まります。

しかし、Intelがドライバの改良を続ける一方で、IntelはすでにBattlemageと呼ばれる次世代GPUアーキテクチャの開発に着手している。

実際、Arcグラフィックスのラウンドテーブルでは、Arc GPU部門のリーダーであるRaja Koduri氏自身が、次世代Arcのラインアップに期待できることをポロリと漏らす場面もあった。

Raja氏によれば、シリコンチームの大部分はすでにBattlemageの開発とプラットフォームエンジニアリングに移行しており、同時に初期のソフトウェアリソースにも取り組んでいるという。

シリコンチームの大部分はBattlemageとプラットフォームエンジニアリングに取り組んでおり、ソフトウェアリソースもある程度は[...]しています。

インテルAXGの責任者兼エグゼクティブVPのラジャ・コドゥリ氏

Alchemist GPUとの比較について言えば、Intelはすでに第1世代のArc GPUを出しているので、比較する基準点がある。

Alchemistの時点とBattlemageの時点とを比較すると、次世代GPUは大幅に向上しており、2番目の「エンジンが大きくなる」という発言と合わせると、NVIDIAとAMDの次世代GPU(Ada & RDNA 3)に次ぐハイエンド領域にIntelが参入することが期待できるのは間違いないでしょう。

私たちは第2世代です。第一世代では、比較するための良い基準点がありませんでした。今は基準点があるため、比較することができます。

例えば、未解決のバグの数を追跡したり、プロジェクト開始時に性能目標を設定したり、シリコン前の検証を行ったりします。

そのため、これらすべてのベクトルを見ると、現時点ではAlchemistの頃よりもかなり良くなっています。

Intel AXGヘッド兼エグゼクティブVPのRaja Koduri氏

また、Raja Koduri氏は、エンジンが大きくなればなるほど、そのポテンシャルを最大限に引き出すためのドライバーのエコシステムが必要になるため、ドライバーとソフトウェアのスタックに本当に注力しなければならないと述べています。

先月、Raja Koduriは、Arcブランドがキャンセルされるというウェブ上で流れている噂をすべて打ち消しましたが、キャンセルではなく、Intelの設計チームがすでに次世代GPUのBattlemage DG3とCelestialに取り組んでいるという、まったく別の現実があるように思われます。

ディスクリート・ビジネスでは、どこにも行きません。ディスクリート事業は、データセンターと統合GPUの両方に入る基本的な技術開発なのです。世の中には多くのFUD(恐怖、不確実性、疑念)が存在するように感じる。はっきりさせておきたいのは、我々はどこにも行かないということだ」と彼は続ける。

パット、私、ロジャー、リサ、ライアン、全員が同じ考えを持っています。グラフィックスはクライアントにとって重要な技術であり、データセンターにとって重要な技術です。この3つは、Intelにとって非常に重要なことなのです。

ASICチームのほとんどは、Battlemageに参加しています。そのうちの一部は、将来のCelestialに取り組んでいます。そして現在、ごく一部がAlchemistを担当していますが、これらはそれぞれ異なる機能セットとなっています。Alchemistには、取締役会とチップチームが参加しています。ボードやBIOSの調整、最終的なチューニングなどを行っています。しかし、設計チームの大部分はBattlemageにいます。

計画では、まずここからスタートします。そして、その上にさらに追加していく。また、市場のボリュームセグメントからスタートし、時間をかけてよりハイパフォーマンスなセグメントへと成長させていくので、本当に難しい戦略ではありません。

インテルのトム・ピーターソン氏 PCGamerより

ソース:wccftech - Intel’s Next-Gen Arc Battlemage GPUs Are “Substantially Better” Than Where Alchemist Was In Its Current Stage

 

 

 

解説:

ついにIntel GPUの次世代Battle Mageの話が出てきました。

IntelのGPU部門責任者、ラジゃ氏がBattle Mageを第一世代のAlchemistと比較すると「かなり良い」と評しています。

Alchemistのコア数は4096ですが、Battlemageのフラッグシップのコア数は20480と一気に5倍になっています。

ダイを4Tile使うMCMチップとなっています。

同じクロックで動作するとしても少なくともA770の5倍の性能があると考えてよいと思います。

ラジャ氏はドライバが重要と言っていますが、Alchemistで経験を積んでいる最中ですから、恐らく、Battlemageを発売するころにはかなり馴れているのではないでしょうか。

ただし、コア数から言ってもBattlemageはAda Lovelace世代にぶつけることを想定して作られていると思いますので、遅くとも2023年中か、2024年のQ1くらいまでに発売できなければ、今度はRTX5000が出てしまいます。

Alchemistもギリギリ間に合わなかったですから、今度はAlchemistで踏んだ数々の失敗を生かして、ぜひとも一線で戦える素晴らしい製品を生み出してほしいと思います。

Meta社のCEO、マークザッカーバーグ氏の名言に「完璧を目指すより、まず終わらせろ」と言うものがありますが、まさに今Intel GPUはそう言う状態なのだと思います。

このbattlemageを持って、Intelは演算性能向上の中心になるのはCPUではなく、GPUであるとするような体制に移行していくと思います。

RTX4090のnvidiaの発表価格は298,000円、対して、それを組み込むシステムの価格は15万もあれば十分な性能のシステムが購入できるでしょう。

例えば、RTX4080 16GBと13900KS、Z790で組むより、RTX4090と13900無印とH770で組んだ方が圧倒的に快適でしょう。

最終的な使用における快適さを左右するのはGPUと言う時代になってしまったということです。

戦闘機で言えば、ミサイルが巨大になり、戦闘機がオマケになってしまっているような状態ですね。

Intelがかなりの無理をしてまで単体GPUに進出するのはこうした事情があってこそだと思います。

Alchemistはなかなか存在感を発揮できていませんが、ぜひともBattlemageで三大メーカーと言われるほどの存在感を示してほしいと思います。

AMDファンである私がそう言うほど、今のnVidiaはあまりに強くなりすぎてしまったということです。

かつてはnvidia:AMDで6:4くらいまで行ったことがあったのですが・・・・・。

今は性能だけでなく、周辺技術の勝負になってしまったので、性能だけで勝ってもなかなかシェアにまで反映されにくくなりました。

Intelは是非この市場に一石を投じてほしいなと思います。

 

 

 

 

 

 

-GPU情報
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.