GPU情報 その他

Intel XeSSをNVIDIAとAMDのGPUでテスト、ARCが最高のパフォーマンスシナリオを提供

投稿日:

Intel XeSS AI-Upscalerのレビューは、AMDとNVIDIAのグラフィックスカードを利用し、さまざまな結果を見ています。

Intel XeSSには2つの統合バイナリがあり、1つ目はIntel Arc GPUのXMXアクセラレーションをサポートし、2つ目は最新のグラフィックカードに見られるDP4a命令を使用する。

2番目のモードは、Intelの第11世代グラフィックス、AMD Vega 20、Navi 1X、NVIDIA Pascalなどのグラフィックスカードや、より最新のカードで機能するように予定されている。

現在、Arc A770とArc A750グラフィックカードを手にしたレビュアーは、来週までレビューを発表しないため、ほとんどの販売店は、この技術が既存のカードと競合GPUに提供するパフォーマンスに注目しているようです。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

PCGamerは、NVIDIAのGeForce RTX 2080 Tiグラフィックスカードによる標準、DLSS、XeSSレンダリングの比較結果を提供しています。

このGPUは、XeSSを「品質」設定にした場合、112fpsを実現しています。

比較すると、この結果は、NVIDIAのDLSSの引き受けよりも遅いです。

Tom's Hardwareは、Intel XeSSの性能をより詳細に調べ、多数のAMDとNVIDIAのグラフィックカード、および古いGPUの間で徹底的な比較を行いました。

Intel XeSSはどのグラフィックカードでもかなり完璧に動作しますが、毎回大幅な性能向上は望めません。

インテル XeSSはより遅く動作します。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

テストした一部のグラフィックスカードは、若干の性能向上を示しました。この性能の変化は、DP4a命令がすべてのグラフィックスカードでネイティブにサポートされる必要があるが、24ビット整数でシミュレートされた結果、AMDのRX VegaとNavi 10シリーズがIntelの新しいアップスケーラーでより遅い結果を出す理由を示している可能性がある。

問題は「6GB VRAMのボトルネック」であると考えられており、4年前に発売されたゲームとしては奇妙なことである。

上に示した結果は、XeSSの「Quality」モードと、NVIDIA DLSS Qualityおよびネイティブ1440pレンダリングを比較したものである。

また、この結果は、インテルの新技術で利用可能な2番目に優れた画像プロファイルです。

Intelは、今週初めにデモした紹介ビデオで示したように、XeSS DP4aとXeSS XMXの間で画質とパフォーマンスが異なることを立証している。

ほとんどの場合、Intel XeSS DP4aは、テストしたどのゲームのパフォーマンスにも付加的な利点を提供しませんでした。

XeSSテクノロジーはまだ初期段階にあるため、同社が作るには、問題を修正し、パフォーマンスを最適化する長い道のりがあります。

Intelは、特に間もなくリリースされるArc A7 GPUで、Arc XMXアルゴリズムを優先させることができます。

Intelにとって幸運なのは、APIとSDKが1つしかないため、開発がほぼ同時に進行することである。

ソース:wccftech - Intel XeSS Tested on NVIDIA & AMD GPUs, Arc Will Offer The Best Performance Scenario

 

 

 

解説:

XeSSはDLSSより重い(当たり前)

XeSSを使った場合、DLSSより結果が悪くなるという話が上がっています。

これは当たり前の話で、専用にシリコンを割いて、その回路を利用するDLSSが性能でPascalでも動作するXeSSに負けていたら話になりません。(苦笑

DLSSも既にバージョンが3になっていますから、それなりに成熟も進んでいるでしょう。

ARCが発売直前になってそのような形になっています。

  • DLSSはnVidiaの圧倒的なシェアで
  • FSRはオープンソースの力で
  • XeSSはDLSSに劣らない最新技術と旧世代のGPUでも動くという利便性と先進性で

それぞれ覇権を狙っています。

個人的にはオープンソースのFSRが勝ってほしいですが、どうなるのかわかりませんね。

そのほかにもTAAUと言うアップスケール方式があるようです。

参考:Unreal Engine - テンポラル アップサンプルによるスクリーン パーセンテージ

各社が押しているもの以外にもアップスケーラーがあるようで、百鬼夜行のような状態になっています。

このうちのどれかが覇権をとるのでしょう。

あと数年はこれらの規格が入り乱れるということになります。

Intel、nVidia、AMDがゲームスタジオに資金や技術を提供して普及を図るのでしょうが、対応するゲームスタジオ側もなかなかに大変そうです。

ユーザーから見てもDLSSとFSRとXeSS全部に対応するゲームがあったとして、コンフィグで設定を変えてもわけがわからないのではないでしょうか。

 

 

 

-GPU情報, その他
-

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.