CPU情報

Intelの35W Core i7-13700T Raptor Lake CPUは、105W Ryzen 7 5800X & 125W Core i5-12600Kよりも速いことがリークされたベンチマークで明らかになりました。

投稿日:

35W Raptor Lake CPUであるIntel Core i7-13700Tの新しいベンチマークがリークされ、印象的な性能値を示しています。

Intelの35W Raptor Lake CPU「Core i7-13700T」、ベンチマークリークで105W 5800X&125W 12600Kを破る

Intel Raptor Lake第13世代CPUは、Kシリーズ、Non-Kシリーズ、Tシリーズの3種類が用意される。

Kシリーズはアンロック設計で、TDPは125W(PL1)から最大253W(PL2)まで。次に、Non-Kシリーズは、TDPが65W(PL1)~200W(PL2)。

最後に、低消費電力デバイスに最適化されたTシリーズSKUがあり、ベースTDPが35W(PL1)、最大TDPが約100W(PL2)である。今回リークされたサンプルも、Intel Core i7-13700Tと呼ばれるTシリーズの製品です。

BenchleaksがGeekbench 5の各種リストで発見したIntel Core i7-13700TというCPUは、他の2つのCore i7-13700 SKUと同じコア構成であることが判明した。違いはクロックスピードの中にある。

CPUは16コア(Pコア8個+Eコア8個)、24スレッドを搭載している。L3キャッシュは30MBで、ベースクロックは1.40GHz、ブーストクロックは最大4.90GHzとなる。

性能面では、Geekbench 5内のシングルコアテストで1939点、マルチコアテストで11,564点を記録したCPUだ。

これは、シングルコアの負荷では、すでにCPUが純正のCore i9-12900Kと同等であることを意味する。

マルチコア負荷では、CPUはRyzen 7 5800Xより11%高速&Core i5-12600Kと同程度に終わる。

さらに、このCPUはDDR4プラットフォームで動作しており、DDR5マザーボードのコストが高く、消費電力も大きいことを考えると、低消費電力の消費者にとって大きな利点となりそうです。以下はその結果です。

 

 

 

これは35Wのパーツとしては非常に素晴らしい見せ場であり、仮にこのチップが最大PL2のTDP 106W(12900Tと同じ)に終わったとしても、最大パッケージ電力142WのRyzen 7 5800Xや、PL2定格150Wの12600Kを上回るCPUとなる。

フラッグシップのCore i9-13900Kを含むIntel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、Z790プラットフォームで10月に発売される予定です。

このCPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのCPUラインナップ「Ryzen 7000」と対決することになる。

Raptor Lakeの初期SKUにはKシリーズチップのみが含まれ、K以外のCPUはその直後にメインストリームマザーボードとともに発売される予定です。

Intel 13th Gen Raptor Lake-S Desktop CPU ファミリー:

CPU名リビジョン
/ QDF
Pコア数Eコア数全コア /
スレッド数
Pコアベース /
ブースト (最大)
Pコアブースト
(全コア)
E-Pコアブースト
(最大)
キャッシュ
(L2 + L3合計)
TDP小売価格
Intel Core
i9-13900K
B0 / Q1E181624 / 323.0 / 5.8 GHz5.5 GHz
(全コア)
4.3 GHz68 MB125W (PL1)
250W (PL2)?
未確認
Intel Core
i9-13900KF
B0 / Q1EX81624 / 323.0 / 5.8 GHz5.5 GHz
(全コア)
4.3 GHz68 MB125W (PL1)
250W (PL2)?
未確認
Intel Core
i9-13900
B0 / Q1EJ81624 / 322.0 / 5.6 GHz5.3 GHz
(全コア)
4.2 GHz68 MB65W (PL1)
~200W (PL2)
未確認
Intel Core
i9-13900F
B0 / Q1ES81624 / 322.0 / 5.6 GHz5.3 GHz
(全コア)
4.2 GHz68 MB65W (PL1)
~200W (PL2)
未確認
Intel Core
i9-13900T
B0 / ?81624 / 321.1 / 5.3 GHz4.3 GHz
(全コア)
3.9 GHz68 MB35W (PL1)
100W (PL2)
未確認
Intel Core
i7-13700K
B0 / Q1EN8816 / 243.4 / 5.4 GHz5.3 GHz
(全コア)
4.2 GHz54 MB125W (PL1)
228W (PL2)?
未確認
Intel Core
i7-13700KF
B0 / Q1ET8816 / 243.4 / 5.4 GHz5.3 GHz
(全コア)
4.2 GHz54 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core
i7-13700
B0 / Q1EL8816 / 242.1 / 5.2 GHz5.1 GHz
(全コア)
4.1 GHz54 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core
i7-13700F
B0 / Q1EU8816 / 242.1 / 5.2 GHz5.1 GHz
(全コア)
4.1 GHz54 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core
i7-13700T
B0 / ?8816 / 241.4 / 4.9 GHz4.2 GHz
(全コア)
3.6 GHz54 MB35W (PL1)
100W (PL2)
未確認
Intel Core
i5-13600K
B0 / Q1EK6814 / 203.5 / 5.2 GHz5.1 GHz
(全コア)
不明44 MB125W (PL1)
180W (PL2)?
未確認
Intel Core
i5-13600KF
B0 / Q1EV6814 / 203.5 / 5.2 GHz5.1 GHz
(全コア)
不明44 MB65W (PL1)
不明 (PL2)
未確認
Intel Core
i5-13600
C0 / Q1DF6814 / 20不明不明不明44 MB65W (PL1)
不明 (PL2)
未確認
Intel Core
i5-13500
C0 / Q1DK6814 / 202.5 / 4.5 GHz不明不明32 MB65W (PL1)
不明 (PL2)
未確認
Intel Core
i5-13400
C0 / Q1DJ6410 / 162.5 / 4.6 GHz4.1 GHz
(全コア)
3.3 GHz28 MB65W (PL1)
不明 (PL2)
未確認
Intel Core i3-13100
H0 / Q1CV404 / 8不明不明不明12 MB65W (PL1)
不明 (PL2)
未確認

ソース:wccftech - Intel’s 35W Core i7-13700T Raptor Lake CPU Is Faster Than The 105W Ryzen 7 5800X & 125W Core i5-12600K In Leaked Benchmark

 

 

 

解説:

Core i7-13700Tの素晴らしい電力性能

「もうこれでよくね?」と言う言葉が聞こえてきそうなほどの13700Tの素晴らしい性能です。

ただ、正確な消費電力や効率を割り出すには個別の使い方に応じて、消費電力を割り出す必要がありますので、必ずしも35Wの13700Tモデルが最良と言うわけではないと思います。

普通の使い方だとPCはほとんどの場合、アイドル状態ですので、実際にはアイドル時の消費電力も大きくかかわってくるからです。

ただ、マーケティング的な印象だと35WのTモデルはかなり魅力的に映りますね。

最近は性能競争が激しくなって、工場出荷時で回せるギリギリのところまでクロックを上げ、PL2やPPTがとんでもない値になっているモデルが多いためです。

このため、最近のIntel CPUは爆熱と言うイメージが付いてしまいました。

フルロード時は確かにそうでしょうが、普通に使う分には恐らくそれほどでもないのではないかと思います。

まあ、最近、世界的に電気料金や光熱費が上がっていますので、上位のKやKF、KSを買ったら無印やTモデルの動作設定を適用できるようにしてくれると意外と喜ばれるのではないかと思います。

 

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.