CPU情報

インテル 第13世代CPU「Raptor Lake」と「Z790プラットフォーム」を9月27日に発表、10月20日に発売開始

投稿日:

AMDがついにRyzen 7000 CPUとAM5プラットフォームを発表したので、そろそろIntelの第13世代Raptor Lake CPUとZ790プラットフォームへとギアを入れ替えましょう。

Intel第13世代Raptor Lake CPUは10月20日に発売、Z790マザーボードやUnlocked SKUも登場へ

最新情報は、@wxnod氏が中国でのプレゼンテーションからIntel第13世代Raptor Lakeの全スケジュールを入手することに成功したことからリークされたものです。

プレゼンテーションによると、Intelは9月27日(台湾では28日)にRaptor Lakeチップを正式に発表し、約1ヶ月後の10月20日にローンチを行うようです。

一方、Intelはこのチップの予約注文を受け付ける予定です。

我々の持っている情報を基づきます:

インテルRaptor Lake-Sプロセッサー&インテルZ790チップセット。エンスージアスト・コンシューマー向けK & KF CPUのみ

  • 製品情報解禁日:2022年9月27日 @ 9:20 am PT (Intel Innovation '22)
  • 販売開始日:2022年10月20日午前06時00分(日本時間

インテル Raptor Lake-S プロセッサー 商用・エントリーワークステーション用

  • 製品情報エンバーゴ日:2023年2月19日~3月18日
  • 販売停止期間:2023年2月19日~3月18日

AMDのRyzen 7000 CPUとAM5プラットフォームは、Intelの発表と同じ日にリテール棚に並ぶことに注意してください。

予定では、Core i9-13900K(F)は9月27日、Core i7-13700K(F)とCore i5-13600K(F)は10月13日に予約受付を開始する予定だそうです。

現在のところ、エンバーゴの日付は不明だが、これはAMDのZen 4がデスクトップPCプラットフォームに上陸したほぼ1カ月後に、ブルーチームが次世代パーツを発売することを意味している。

Intelの第13世代Raptor Lake CPUは、パフォーマンス最適化「P」コアと効率最適化「E」コアをミックスしたハイブリッドコア設計を採用する。

この新しいチップでは、Intelは、Alder Lake CPUに搭載されたGolden Coveコアの代わりに、Raptor Coveと呼ばれる全く新しいP-Coreを使用する予定です。

E-Coreについては、Intelは既存のGracemontコア・アーキテクチャを維持しますが、若干の改良が加えられる予定です。

以下は、期待される主な変更点の一部です。

Intel 13th Gen Raptor Lake Desktop CPUs 期待される機能:

  • 最大24コア&32スレッド
  • 新開発Raptor Cove CPUコア(PコアのIPCを向上)
  • 10nm ESF「Intel 7」プロセス・ノードをベースとする
  • 最大6.0GHzのクロックスピード(予定)
  • Eコアを2倍にしたモデルもあります。
  • PコアとEコアの両方でキャッシュを増加
  • 既存のLGA 1700マザーボードに対応
  • 新しいZ790、H770、およびB760マザーボード
  • 最大28のPCIeレーン(PCH Gen 4 + Gen 3)
  • 最大28のPCIeレーン(CPU Gen 5 x16 + Gen 4 x12)
  • デュアルチャネルDDR5-5600メモリサポート
  • 20 PCIe Gen 5レーン
  • 強化されたオーバークロッキング機能
  • 125W PL1 TDP (フラッグシップSKU)
  • AI PCIe M.2テクノロジー
  • 2022年第4四半期発売(10月の可能性あり)

ラインナップは、Core i9が4モデル、Core i7が4モデル、Core i5が5モデル、Core i3が1モデルの合計14SKUとなります。

CPUのリビジョンは3種類あり、Core i3のみH-0で始まり、Core i5-13400、Core i5-13500、Core i5-13600はC-0で、その他はB-0のリビジョンとなっています。

H0とC0リビジョンは、既存のAlder Lakeパーツと同様のシリコンとダイ構造から、Raptor Lakeデザインからアップグレードされたキャッシュを除いたもので、B0シリコンはキャッシュが追加されている可能性があるという。

インテル Core i9-13900K 24コア Raptor Lake CPUのスペック

Intel Core i9-13900Kは、Raptor LakeのフラッグシップCPUで、24コア32スレッド、8P-Coreと16E-Coreの構成になっているのが特徴です。CPUの構成は、ベースクロック3.0GHz、シングルコアブーストクロック5.8GHz(1-2)コア、オールコアブーストクロック5.5GHz(P-Core8個全て)です。CPUは68MBの複合キャッシュを搭載し、PL1定格は125Wで、最大250Wまで対応する。また、数時間前にこちらで詳細を紹介した「エクストリームパフォーマンスモード」使用時には、最大350Wの電力を消費するCPUとなる。

  • Core i9-13900K 8+16 (24/32) - 3.0 / 5.8 GHz - 66 MB Cache, 125W (PL1) / 250W+ (PL2)?
  • Core i9-12900K 8+8 (16/24) - 3.2 / 5.2 GHz - 30 MBキャッシュ、125W (PL1) / 241W (PL2)

インテル Core i7-13700K 16コア Raptor Lake CPUのスペック

インテル Core i7-13700K CPUは、Raptor Lake CPUのラインアップの中で最速の第13世代Core i7チップとなります。

このチップは、合計16コア、24スレッドを搭載しています。Raptor Coveアーキテクチャに基づく8個のPコアと、Grace Montコアアーキテクチャに基づく8個のEコアにより、この構成を実現しています。

CPUには30MBのL3キャッシュと24MBのL2キャッシュが搭載され、合計で54MBのキャッシュが搭載されている。

動作クロックはベースが3.4GHz、ブーストクロックが5.40GHz。

オールコアのブーストクロックは、Pコアが5.3GHz、Eコアはベースクロック3.4GHz、ブーストクロック4.3GHzとされている。

  • Core i7-13700K 8+8(16/24) - 3.4 / 5.3 GHz - 54 MB Cache、125W(PL1)/ 244W(PL2)?
  • Core i7-12700K 8+4(12/20) - 3.6 / 5.0 GHz、25 MBキャッシュ、125W(PL1)/ 190W(PL2)

インテル Core i5-13600K 14コア Raptor Lake CPUのスペック

Intel Core i5-13600Kは、Raptor Coveをベースにした6つのP-Coreと、現行のGracemontコアをベースにした8つのE-Coreを含む合計14コアを搭載しているのが特徴です。

これはIntel Core i5-12600Kと同じP-Core数ですが、E-Core数は2倍になっています。

つまり、Alder LakeのCore i5-12600Kに対して、コア数は40%、スレッド数は25%アップしていることになる。

CPUには、24MBのL3キャッシュと20MBのL2キャッシュが搭載され、合わせて44MBのキャッシュを搭載する。

クロックはベース3.5GHz、ブースト5.2GHz、オールコアブースト5.1GHzで、Eコアはベース3.5GHz、ブースト3.9GHzで動作する。

  • Core i5-13600K 6+8 (14/20) - 3.5 / 5.1 GHz - 44 MB Cache, 125W (PL1) /180W (PL2)?
  • Core i5-12600K 6+4 (10/16) - 3.6 / 4.9 GHz - 20 MB Cache, 125W (PL1) / 150W (PL2)?

残りのSKUに移動し、我々は明らかに低いTDPに最適化された65W Non-KのSKUを持っています。Intel Core i5-13400は、Core i5-12400からのアップグレードで、6個のPコアに加えて4個のEコアを備えており、マルチスレッド性能を高めるのに役立つと思われます。

Core i5-13500は、P-Coreを搭載しないCore i5-12400、Core i5-12500とは異なり、P-Coreが6個、E-Coreが8個となり、さらにアップグレードされている。

Core i3のラインナップは、4コア8スレッド構成のCore i3-13100の1種類のみです。

Intel 13th Gen Raptor Lake-S Desktop CPU ファミリー:

CPU名リビジョン
/ QDF
Pコア数Eコア数合計コア数
/スレッド数
Pコアベース
/ ブースト(最大)
Pコアブースト
(全コア)
Eコアベース
/ ブースト(最大)
Eコアブースト
(全コア)
キャッシュ
( L2 + L3合計)
TDP希望小売
価格
Intel Core i9
-13900K
B0 / Q1E181624 / 323.0 / 5.8 GHz5.5 GHz
(全コア)
不明 /
4.7 GHz
4.3 GHz
(全コア)
68 MB125W (PL1)
250W (PL2)?
未確認
Intel Core i9
-13900KF
B0 / Q1EX81624 / 323.0 / 5.8 GHz5.5 GHz
(全コア)
不明 /
4.7 GHz
4.3 GHz
(全コア)
68 MB125W (PL1)
250W (PL2)?
未確認
Intel Core i9
-13900
B0 / Q1EJ81624 / 322.0 / 5.6 GHz不明不明不明68 MB65W (PL1)
~200W (PL2)
未確認
Intel Core i9
-13900F
B0 / Q1ES81624 / 322.0 / 5.6 GHz不明不明不明68 MB65W (PL1)
~200W (PL2)
未確認
Intel Core i7
-13700K
B0 / Q1EN8816 / 243.4 / 5.4 GHz5.3 GHz
(全コア)
3.4 / 4.3 GHz不明54 MB125W (PL1)
228W (PL2)?
未確認
Intel Core i7
-13700KF
B0 / Q1ET8816 / 243.4 / 5.4 GHz5.3 GHz
(全コア)
3.4 / 4.3 GHz不明54 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core i7
-13700
B0 / Q1EL8816 / 24不明不明不明不明54 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core i7
-13700F
B0 / Q1EU8816 / 24不明不明不明不明54 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core i5
-13600K
B0 / Q1EK6814 / 203.5 / 5.2 GHz5.1 GHz
(全コア)
3.5 / 3.9 GHz不明44 MB125W (PL1)
180W (PL2)?
未確認
Intel Core i5
-13600KF
B0 / Q1EV6814 / 203.5 / 5.2 GHz5.1 GHz
(全コア)
3.5 / 3.9 GHz不明44 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core i5
-13600
C0 / Q1DF6814 / 20不明不明不明不明44 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core i5
-13500
C0 / Q1DK6814 / 202.5 / 4.5 GHz不明不明不明32 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core i5
-13400
C0 / Q1DJ6410 / 162.5 / 4.1 GHz不明不明不明28 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認
Intel Core i3
-13100
H0 / Q1CV404 / 8不明不明不明不明12 MB65W (PL1)
TBD (PL2)
未確認

フラッグシップのCore i9-13900Kを含むIntel第13世代Raptor LakeデスクトップCPUは、Z790プラットフォームで10月に発売される予定です。

このCPUは、同じく2022年秋に発売されるAMDのCPUラインナップ「Ryzen 7000」に対抗することになる。

ソース:wccftech - Intel 13th Gen Raptor Lake CPUs & Z790 Platform To Be Announced on 27th September, Launch on 20th October

 

 

 

 

解説:

RaptorLakeの発売日が確定。

それによると9/27発表、10/20発売となるようです。

発表日がZen4と重なっているのがなかなか憎いですね。

プロセッサとしての性能はAMDファンとしては残念ながらRaptorの方が上です。

加えて、Intel600シリーズのマザーボードをお持ちの方でもBIOSの更新だけで対応できますので、導入コストは低いと思います。

しかし、Zen4は長く使えるプラットフォームであることも併せて、長期におけるコスト的なメリットは大きいと思います。

 

AMDの肩を持つのはこの辺にしておきます。

一応価格は全て未確認と言うことになっていますが、AlderLake 12900Kが$599でしたので、高くなっても$100の$699程度ではないかと思います。

逆に言えば、これ以上高くなるならば、IntelはAMDに対して勝ちを確信しているということなので、また長く続いた4コア8スレッド時代のように一強独裁になる可能性が高くなるということになります。

あの時代はCPUの性能がほとんど変わらない悪夢の時代だったと思います。

Intelの予定は17世代のLunarlakeまで出ています。

少なくとも予定に上がっている分はそれぞれ革新的な性能向上をすると思いますので、後3-4年は安心できるでしょう。

 

Intelの今後の課題は・・・

Intelの今後の課題はモバイルプロセッサにおける省電力技術になるでしょう。

AppleのM1にもこのあたりでかなり大きな水をあけられていると思います。

急増品だったAlderは省電力回りまで手が回ってないという話もありましたので、Raptorで改善されていることを祈るばかりです。

いずれにしてもそのあたりも含めて、今後は急ピッチで改善されていくのでしょうから、どうなるのかはとても注目しています。

私が興味があるのは、単体GPUを発売したIntelが内蔵GPUをどのように強化していくかと言うことです。

恐らくそう遠くない時期にAMDの内蔵GPUに追いつくと思います。

それが内蔵GPUでAAAの3Dゲームをプレイするのが当たり前になる時代の幕開けです。

もっと手軽にPCゲーミングが出来るようになって、今までPCでゲームをすることをあきらめていた人たちが、また、止めて(引退)してしまった人たちがPCゲーミングの世界に帰ってくるきっかけになればうれしいです。

 

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.