CPU情報

AMD Ryzenが主要なアジア太平洋地域の市場でIntel Core CPUの市場シェアを上回る、5年で最高のCPUシェア

投稿日:

AMDが成功しているのはドイツだけではなく、アジアの大手小売企業からの報告によると、Ryzenプロセッサについても同様の傾向が見られ、IntelのCoreプロセッサよりも人気が高まっているようです。

AMD Ryzenの市場占有率は今主要なアジアの市場のIntelの中心CPUより高い

韓国で最大の小売業者の1つであるDanwaが運営するDanawa Researchによると、新しいRyzen 3000チップが店頭で入手可能になってからわずか数日後に、AMD Ryzen CPUの販売量がIntel Coreプロセッサの販売量を超えました。

月曜日(7月8日)から始まって、市場が開かれるとすぐに、AMD CPU売上高は48.72パーセントの急上昇を目撃しました。

この傾向は続いており、AMDのCPUの販売量はわずか2日後のIntelの46.64%に対し、53.36%とIntelを上回りました。

それだけでなく、調査会社は、各プロセッサブランドの小売店でのクリック数を示す統計データも共有しました。

これと同じ結果が、AMDのプロセッサラインナップを探して調べているユーザーの増加とともに報告されました。

これと比較して、AMDのCPUは最大76.95%のユーザーの注目を集め、23.05%のユーザーだけがIntelのラインナップに興味を持っていました。

 

韓国danwa ResearchのCPUマーケットシェア

7月1日-7月11日までのintel、AMD CPUの販売割合推移:単位%

 

7月1日から7月11日のネット小売り店でのintel、AMD CPUのクリック数割合:単位%

 

7月6日から7月11日のPC CPUの売り上げランキングトップ10

 

発売以来、AMD Ryzen 7 3700Xの売上高は10.34%、Ryzen 5 3600の売上高は8.23%、Ryzen 5 2600の売上高は7.5%、Ryzen 9 3900Xの売上は4.92%、Ryzen 3 2200Gの売上は3.25%でした。

対照的に、IntelのCore i5-9400の販売シェアは14.55%で、9.08%のシェアを持つCore i7-9700KはRyzen 7 3700Xに追い越されました。

IntelのCore i9-9900Kは、総売上高のわずか3.85%を占めています。これは、より多くのコアとはるかに優れたパフォーマンスを提供する500米ドルのRyzen 9 3900Xよりもさらに低い値です。

もう一つの最新ニュースは、日本の主要な店舗からのデータを切り上げたBCNランキングからのもので、AMD RyzenのCPUはIntelのシェアを追い越し、今やIntelの49.5%に対して50.5%であると報告しています。

2018年10月のインテルの市場シェアは72.1%と減少傾向を示しており、現在は大幅な減少を見せています。

 

BCNランキングにおけるCPU販売台数シェア(Ryzen3000シリーズ販売開始前)

それでも十分ではない場合、データベース内の何千ものパフォーマンステスト結果からデータを切り上げたPassMarkは、AMDおよびIntel CPUの最新の市場シェアを更新しました。

このQ1(2019)市場でのAMDの5年間でのCPUシェアの最高値は、赤のチームにとって大きな飛躍を示しています。この傾向は、多くの人が考えているように地域固有のものではないことを示しています。

AMDのRyzenプロセッサの破壊的な性質が、ハイエンド愛好家の信頼を得るだけではありません。

しかし、ユーザーが実際にゲームに戻ってきていることもRyzenのユーザーの主流であり、今後の世代とともに市場でより良い成長を続け、より多くの競争を提供するでしょう。

 

Passmarkベンチマーク自動送信機能における、Intel、AMDのマーケットシェア

 

PassMarkの市場シェアレポートによると、IntelのCPUシェアは76.90%から70.70%に低下し、AMDのCPUは2018年第1四半期から2019年にかけて23.10%から29.30%に成長しました。


AMDは、将来のZenコアと強力なロードマップ(2020年以降)を持ち、主流の製品群では14nmから移行できない弱体のIntelに対して、デスクトップ、ノートブック、サーバー、およびHEDTプラットフォーム向けの適切なラインナップを用意しており、AMDが青いチームのシェアを奪いつづけているようだ。

ソース:wccftech - AMD Ryzen Overtakes Intel Core CPUs Market Share In Major Asian Pacific Markets, Highest CPU Share in 5 Years

 

解説:

当サイトをずっと読んでいる方なら周知の事実と思いますが、AMDが販売台数においてintelのシェアを超えたという話です。

今回はアジア地域が対象です。

Ryzen3000シリーズが大人気でわたくしも発注しているのですが、手に入りません(笑

おそらくAMDの事前予測を超えていたのではないかと思います。

私も散々煽った一人なので、なんとも複雑な気分です。

日本のBCNランキングの表は皆さん見たことがあると思いますが、こちらはもはやRyzen3000シリーズ発売前からシェアが逆転してしまったという話です。

今回きれいにこれだけ差がついてしまったのは、Ryzen3000シリーズが優秀だったということもありますが、そもそもintelのCPUが今までのように手に入らず、嫌気がさしていた人が多かったのではないかと思います。

私は基本的に弱いほうに味方するように心がけていますが(笑、この点は全く情状酌量の余地なくintelの責任だと思います。

特にCore i9-9900Kは発売日からしばらく品薄だったのが記憶に新しい人もいるのではないかと思います。

あそこでかなりPCファンのイメージを落としてしまったのではないかと思います。

注意してほしいのは、やはりこれは自作市場だけの話ということです。

販売台数の多いノートPCは第10世代のモバイル用CPUを発売して、がっちり抑えています。

この状況を逆転するには2020-2021年を待たなければならず、さらに、最悪、2020年の6月まで現行のCore i9-9900Kで戦っていかなければならないということです。

素人目に見てもおそらく競争力が全くないように見えると思いますが、それに加えての品薄です。

自作市場でのintel CPUのシェアは壊滅的になるといっても過言ではないでしょう。

今年はAMDの年になるとずっと言ってきましたが、いくつものカードが揃っていて、満を持してRyzen3000シリーズを販売したAMDには当面敵わないと思います。

ここからさらに9月に16コア32スレッドのRyzen 9 3950Xが控えています。

今のこの差がついた状態でさらにもう一枚出せるカードがあるというのは、本当に凄いなと思います。

 

大人気!Ryzen 3000シリーズ

Ryzen 9

Ryzen 7

Ryzen 5

海外向けRyzen5 3500Xの並行輸入品

Ryzen 3000シリーズAPU(GPU内臓、CPU部分のコアはRryzen2000シリーズと同じZen+ですのでご注意ください。)

 

 

 

Ryzen2000シリーズ

Ryzen7

 

Ryzen5

 

Ryzen APU(GPU内臓)

 

 

-CPU情報

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2019 All Rights Reserved.