CPU情報

AMD Ryzen 9 7950X フラッグシップ Zen 4 CPU は最大 5.85GHz のクロックを達成可能

投稿日:

AMDのZen 4のフラッグシップCPUであるRyzen 9 7950Xは、Zen 3 5950Xから1GHz近くアップした最大5.85GHzという非常識な高クロックを実現しようとしています。

AMD Ryzen 9 7950Xはクロックスピードで獣になる、Zen 4 "Persephone "コアは最大5.85GHzクロックを達成可能

AMDのフラッグシップCPU「Ryzen 9 7950X」の最新情報をWeiboの「Venom Warlock Marvin」氏が伝えています(via HXL)。

このユーザーは、リテールサンプルを入手したようで、彼によれば、トップモデルでもないのに、このチップはかなり驚異的な最大ブーストクロック速度5.85GHzを達成できると述べています。

Angstronomicsは、しばらく前に、これを「F-Max」クロックとして最初に指摘し、我々はここでそれをカバーしました。

PBOとXFRを有効にすれば、さらに高速なクロックを達成することができる。

※ 画像をクリックすると別Window・タブで拡大します。

 

それに加えて、AMD Ryzen 7000 CPUのCCDとコアのコードネームをリーク元が報告している。Raphael「Ryzen 7000」CPUは、最大で2つの「Durango」CCDを搭載し、各CCDには合計8つの「Persephone」Zen 4コアが搭載されるとのことだ。

ブロック図を見ると、各CCDは32MBのキャッシュ(L3)プールを備え、各CCDのGMI3インターフェイスは、6nmプロセスノードを採用するIOD(IO Die)と接続されていることがわかる。

AMD Ryzen 7000 "Zen 4" Raphael CPUブロック図(ソース:HXL):

AMD Ryzen 9 7950X 16コア "Zen 4 "デスクトップCPU

AMD Ryzen 9 7950Xは、前2世代に引き続き16コア32スレッドで構成されるフラッグシップモデルです。ベース周波数は4.5GHz、ブーストクロックは最大5.7GHzで、シングルコアでブースト周波数5.5GHzのインテルのAlder Lake Core i9-12900KSより200MHz高速になるはずで、このCPUは印象的です。

AMDはRyzen 9チップのTDP 170W (PPT 230W)の中で、可能な限りのヘルツを引き出しているようだ。

キャッシュは、L3が64MB(CCDあたり32MB)、L2が16MB(コアあたり1MB)で、合計80MB搭載されています。

AMD Ryzen 7 7700X "Zen 4" CPUは、来月、他のラインナップと一緒に発売される予定です。

また、AMDは明日、完全なお披露目を行う予定です。

AMD Ryzen 7000「Raphael」デスクトップCPUのスペック:

CPU名アーキテクチャー製造プロセスコア数/
スレッド数
ベース
クロック
ブースト
クロック
(SC最大)
キャッシュTDP価格(不明)
AMD Ryzen
9 7950X
Zen 45nm16/324.5 GHz5.7 GHz80 MB (64+16)170W>$799 US
AMD Ryzen
9 7900X
Zen 45nm12/244.7 GHz5.6 GHz76 MB (64+12)170W>$599 US
AMD Ryzen
7 7800X
Zen 45nm8/16不明不明不明不明>$449 US
AMD Ryzen
7 7700X
Zen 45nm8/164.5 GHz5.4 GHz40 MB (32+8)105W~$299 US
AMD Ryzen
5 7600X
Zen 45nm6/124.7 GHz5.3 GHz38 MB (32+6)105W>$229 US

ソース:wccftech - AMD Ryzen 9 7950X Flagship Zen 4 CPU Can Hit Up To 5.85 GHz Clocks

 

 

 

 

解説:

Ryzen 9 7950Xは5.85GHzまで達成可能?

これが定格になるのかOCになるのかははっきりしません。

Zen4はOC不可(正確には電圧を盛るのが不可)ってことなので詳細は不明です。

PBOをかけたときに一時的に達成可能なクロックなのかもしれません。

一応13900Kが5.8GHzらしいので、それ以上にしたかったのでしょうね。

涙ぐましい努力です。

昔からIntelはシングルスレッド偏重でしたが、シングルスレッド性能に関してはIntelに一日の長があるようです。

残念ながら、総合的に見てZen4はRaptorLakeに敵わないと思います。

しかし、一線級の性能があることは事実ですし、今後かかってくるトータルコストを考えるとAM5とZen4は全然ありだと思います。

世の中は戦争やコロナ禍の影響で物価高が進み、趣味に使えるお金も減っていることでしょう。

そのため、最新のプラットフォームでありながら支出を抑えられるAM5はかなり魅力的に映るのではないかと思います。

個人的に今後一番インパクトがあるのはPhoenixPointだと思いますが、まずはRaphaelからですね。

 

 

 

nVidia RTX3000シリーズGPU

RTX3090Ti

 

RTX3090

 

RTX3080Ti

 

RTX3080 10GB LHR

 

RTX3070Ti

 

Geforce RTX3070 8GB GDDR6 LHR

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥86,689 (2022/10/05 04:39:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥89,980 (2022/10/05 04:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060Ti 8GB GDDR6

created by Rinker
ZOTAC(ゾタック)
¥96,800 (2022/10/05 05:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

RTX3060 12GB GDDR6

 

RTX3050

 

RTX2000シリーズ

RTX2060 12GB

RTX2060が12GBメモリを搭載して復刻

 

nVidia Geforce RTX1600シリーズ

GTX1650SUPER

 

GTX1650 GDDR6

 

 

 

-CPU情報
-,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.