CPU情報

Intel 第14世代Meteor Lakeは、tGPU用のTSMC 3nmノードを削除し、第15世代Arrow Lake CPUに採用される可能性があると噂されています。

投稿日:

Intelの第14世代Meteor Lake CPUとそのtGPUを搭載するTSMCの3nmプロセスノードの状況についていくつかの噂があり、Intelはそうした噂を全て否定していますが、Intelのリークに関して全く完璧な実績を持つリーカーのOneRaichu氏は、少なくとも2024年に登場する第15世代Arrow Lake CPUまで3nm GPUは使われないかもしれないと明言しているようです。

Intel、Meteor Lake CPUの3nm tGPUを廃止し、代わりに第15世代Arrow Lakeチップに搭載するとの噂

DigiTimesとTrendForceが、IntelのMeteor Lake CPUに何か大きな問題があり、遅延の可能性があると報じたことから、この噂が流れ始めた。

この報道では、TSMCの3nmプロセスノードを利用する予定のtGPUが、生産の苦境の主犯格であることが挙げられている。

https://twitter.com/OneRaichu/status/1555426912260202497?ref_src=twsrc%5Etfw

Intelは明らかにこれらの噂を否定し、CEOであるPat Gelsinger氏の言葉を引用して、「Intel 4」プロセスノードを利用するMeteor Lake CPUの生産は、自社と顧客のFabで順調な状態を示していると述べている。

さて、Meteor LakeのCPUは、完全にIntel自身の4プロセスノードをベースにしているわけではありません。

「Intel 4」と「TSMC 3nm」のIPをミックスして利用し、Compute TileはIntel自身が製造し、tGPUタイルはTSMCに製造を委託している。

IntelのtGPUはTiled-GPUの略で、Chipzillaによれば、現在のiGPUの2倍にあたる最大192個の実行ユニットを提供する見込みだが、そうならない可能性もある。

OneRaichi氏の最新のツイートにあるように、第14世代のMeteor Lake CPUにはTSMCのN3(3nm)チップが搭載されない可能性があるそうです。

もしそうであれば、3nmのtGPUとはおさらばできるわけで、@davidbepo氏が始めた別の噂では、Meteor LakeモバイルSOCは、TSMCの3nmプロセスノードの192EUから、TSMCの5nmプロセスノードの128EUだけになり、大幅に削減される可能性が明らかにされている。

この噂が本当であれば、大きな変化となる。

IntelとTSMCのN3の契約がどうなるかについては、パットがTSMCと再交渉し、Intelが第15世代Arrow Lakeや第16世代Lunar Lakeなどの次世代チップに同プロセスノードに基づくtGPUを活用する可能性もあると言われている。

16th Gen Arrow LakeのCPUラインナップが2024年に登場することを考えると、TSMCの3nmがIntel CPUに搭載されるのは1年以上待たないといけないかもしれない。

これは、新しいGPUアーキテクチャ、おそらくBattlemage(Xe2)かCelestial(Xe3)が、新しいチップの発売までに登場する可能性もあることを意味する。

しかし、これは今のところ単なる噂ですが、OneRaichuのIntelリークの歴史を考えると、これは非常に合法的なものである可能性があります。

インテルモバイルCPUのラインアップ:

CPUファミリArrow LakeMeteor LakeRaptor LakeAlder Lake
製造プロセスIntel 20A
'5nm EUV"
Intel 4
'7nm EUV'
Intel 7
'10nm ESF'
Intel 7
'10nm ESF'
CPU
アーキテクチャー
ハイブリッド
(フォーコア)
ハイブリッド
(トリプルコア)
ハイブリッド
(デュアルコア)
ハイブリッド
(デュアルコア)
P-Core
アーキテクチャー
Lion CoveRedwood CoveRaptor CoveGolden Cove
E-Core
アーキテクチャー
SkymontCrestmontGracemontGracemont
トップモデル
構成
不明6+8 (H-Series)6+8 (H-Series)6+8 (H-Series)
最大コア数/
スレッド数
不明14/2014/2014/20
計画された
ラインナップ
H/P/UシリーズH/P/UシリーズH/P/UシリーズH/P/Uシリーズ
GPU
アーキテクチャー
Xe2 Battlemage 'Xe-LPG'
or
Xe3 Celestial "Xe-LPG"
Xe2 Battlemage 'Xe-LPG'Iris Xe (Gen 12)Iris Xe (Gen 12)
GPU
実行ユニット数
192 EU
(1024 Cores)?
128 EU
(1024 Cores)
96 EU
(768 Cores)
96 EU
(768 Cores)
サポート
メモリ
不明DDR5-5600
LPDDR5-7400
LPDDR5X - 7400+
DDR5-5200
LPDDR5-5200
LPDDR5-6400
DDR5-4800
LPDDR5-5200
LPDDR5X-4267
メモリ容量
(最大)
不明96 GB64 GB64 GB
Thunderbolt 4
ポート
不明422
WiFi 構成不明WiFi 6EWiFi 6EWiFi 6E
TDP不明15-45W15-45W15-45W
発売時期2024H2?2023H22023H12022H1

ソース:wccftech - Intel 14th Gen Meteor Lake Rumored To Drop TSMC 3nm Node For tGPU, Might Be Used in 15th Gen Arrow Lake CPUs

 

 

 

解説:

Intelさん、TSMC3nmでのtGPUを2024年に搭載に延期か?

IntelがTSMC3nmで製造されるtGPUのダイの採用をArrowLakeまで延期するという情報が流れてきました。

Meteorlakeに関しては延期される・・など、発売が遅れるなどの噂が繰り返し出ています。

IntelとTSMCどちらの生産がうまくいってないのかはわかりませんが、TSMC3nmのtGPUの採用は2024年まで送れる可能性があるようです。

こちらは192EUで、規模としてはPhoenixPointのGPUに匹敵するのではないかと私は考えていました。

しかし、MeteorLakeではTSMC5nmで製造される128EUを採用するとのこと。

Intelの内蔵GPUで高性能の製品はモバイル向けにのみ採用され、AMDのAPUのようにデスクトップに降りてくることはあまりないため、自作ユーザーとしてはあまり関係のない話に聞こえるかもしれません。

 

他に目を引くのはモバイル向けのコアの構成ですが、デスクトップとは違い、最大14コア20スレッドを堅持しています。

ハイブリッドは低TDPの範囲内ではデスクトップのようなコア数を増やしていくというような展開は出来ず、限られたTDPの範囲内で性能を高めていくという方向に行くしかないのでしょうね。

こうしてみるとハイブリッドが猛威を振るえるのは非常に限られた分野でしかないというのがよくわかるのではないかと思います。

 

 

第12世代intelCore i5/7/9シリーズ

 

K無しロックモデル(OC不可)

※ 末尾にFがついているモデルはGPUがありませんのでご注意ください。

 

-CPU情報
-, ,

Copyright© 自作ユーザーが解説するゲーミングPCガイド , 2022 All Rights Reserved.